フォト

至心玄道公式サイト

コンタクト

  • メールアドレス:
  • アドレス(URL): http://genjoe.o.oo7.jp/

1行紹介

雄大なるアルプスそのものが私の道場です。建物というちっぽけなものではない。尊無上亜甲中玄のご加護と共にありますように!

自己紹介文

■沿革

長野県北安曇郡白馬村に里道場を構えて在住。南北アルプスを中心とする山々そのものが道場です。

■行者経歴

昭和45年(1970年)亜甲中玄の顕現
 私の大師匠酒谷法系先生は若い頃から優れた霊力をもたれ、「今、まだこの世に無い、何かがある」との強い思いで、法華経の大荒行を幾たびも行してこられた方です。そうして、昭和45年8月13日に「亜甲中玄」を顕現されました。

昭和53年(1978年)大師匠のもとへ弟子入り、「玄上」の誕生
 大学で量子力学を学んでいた私は、東西思想の接点に触れたとき、ふとした事でこの道に入りました。昭和53年9月に、大師匠のもと静岡のお山に入り、弟子の修行をして、その後「玄上」という法名をいただきました。

昭和61年(1986年)大師匠文学部門にて国際アカデミー賞
 宗教哲学に優れておられた大師匠はこの年国際アカデミー賞を受賞されました。私にとりましても、たいへん、思い出深い年となりました。

平成5年(1993年)静岡に移住、そして大師匠の他界
 弟子の務めとして大阪から静岡まで、毎月通っていた私ですが、大師匠から「家族で、おれのところへ来なさい」とお声がかかり、妻子と共に師の元へ移住しました。しかし、大師匠はご自分の死期をさとられていたかのように、引越しの三日後大師匠は他界されたのです。まさか、大師匠の葬儀の主導師を務めることになろうとは思ってもみませんでした。

平成6年(1994年)「無」からの出発
 大師匠の亡き後、弟子としてご子息の手となり足となることが自分の務めだと思い、躍起になっていました。力のある方が亡くなるとよくあることですが、弟子たちから、躍動的な私に対するひがみや嫉妬の圧力を感じるようになりました。ゴタゴタも嫌ですし、そっと「お山」を去りました。その後、私のいないお山で「乗っ取りに来た」とか「お金を使い込んだ」など、いろいろうわさされた事を風の便りで聞きましたが、「お山」を去った後、ひとりで修行を始めていた私にとって、想像の世界で膨らんでいるうわさどころでなく、裸ひとつで厳しい荒行の真っ只中にいたのです。

平成14年(2002年)建物としての道場
 荒行中に、「日本海の見える鹿島」と、お告げをいただき、長野に引越しをしました。「鹿島」さて何処か?晩秋の凍てつく北アルプスで修行をしていたときのこと、なるほど鹿島槍ヶ岳の山頂からは黒部の町の向こうに日本海が見える。「ここだ」。何故かわからぬが「何故」は無し、神のお告げのままに静岡を離れたのでした。
 そして、それから三年余り経ちました。地元の方のお世話で森の中に道場を持つことができたのです。
 「玄上よ、お前には何が必要か。それ、人にあり。」と常日頃、姿形無き大師匠に励まされ、山小屋の道場にて、そして、その山々にて、新たなる修行始まりました。
 静岡の水見色のお山では、霊がどうのとか宇宙がどうのとかというだけの次元になりさがってしまったという事を風の便りに聞きましたが、大師匠亡き後の平成6年に去ってよかったと思います。今や、この北アルプスの地から、ネットを通じて、心に光あるお話を日々配信することで精進いたしております。

今日に至って
 大師匠が何も無い中から出発したように、私も弟子としてそれに習い、修行の暦月を重ね、荒行中生死の境に至る事も何度かありました。
 またSEの世界や商店、営業マンの仕事も渡り歩き、家庭を持っての子育てを通じての人生の修行は、悩める多くの皆様を導くのにも力となっています。
 そして、ここに今、この経を広めることが大師匠から残された私の務めなのです。大師匠の教えは私の魂の奥深く根付いているのです。

    尊無上大聖玄師亜甲中玄

    尊無上亜甲中玄  玄上

■主な、山暦

登山暦は昭和53年(1978年)~。山道作りも経験。

南アルプスは鳳凰三山と早川尾根を除くと、季節問わず、深南部、大井川源流、安部奥に至るまでの、ほぼ全山域。また、八ヶ岳方面のあらゆるルートを経験。

北アルプスは大町白馬界隈を重点とし、ただいま経験中。

得意技:スーパーワンディハイク(北岳、南八ヶ岳全山、鹿島槍ヶ岳、白馬三山、五竜岳、剣岳、槍ヶ岳、穂高岳・・等)