至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

高山植物クイズの答えです

Photo ちょっと難しかったですね。写真が見づらかったかな。白い花は「チングルマ」です。南アルプスの北岳付近に生息するキタダケソウと共に、ハクサンイチゲと間違われることもあります。ハクサンイチゲとの違いは、葉と花びらが目安です。ハクサンイチゲはキンポウゲの仲間で、葉が春菊のようで、花びらはチングルマよりも尖がっています。チングルマはダイコンソウの仲間で葉も花びらも丸いです。あと、10日ほどもすれば、チングルマは花びらを落として独特の赤茶色のカールしたヒゲ状になります。こうなれば、明らかにチングルマと区別がつきます。

Photo_2 正解された方が一人います。山のツウですね。これは、「イワカガミ」です。よく似たのにコイワカガミがありますが、それよりも、花びらの先のひげが顕著ですから、そのあたりで見分けがつきますが、山域によって変異があっていろいろと違いますので、見分けが難しいです。

 私の夏の山修行は、このような花々に見守られながら道中を歩いています。ところによれば、まさに、右は高山植物の花の楽園、左はスッパリ切れ落ちた断崖絶壁、まさに、極楽地獄を想像させるところもあります。では、またの機会をお楽しみに。

◎不思議と運命が変わるというご鑑定をどうぞ。http://genjoe.com/sodan.htm

2007年7月29日 (日)

高山植物クイズのヒントです

高山植物クイズを5択にします。中には2つは北アルプス以外の高山植物や全く関係ないのがあります。

白い花は、次のどれかです。

キタダケソウ、キタアルプスソウ、ハクサンイチゲ、チングルマ、チョウノスケソウ

赤白のひげの花は、次のどれかです。

イワヒゲ、イワウチワ、イワカガミ、イワオウギ、イワノボリ

北アルプスの高山植物クイズです。

北アルプスの小蓮華近くの標高2500m付近、白い花と、赤白のヒゲ状の可愛い花が咲き誇っている写真です。何の花かわかりますかな?わかった方は下の「コメント」という小さな字をクリックしてコメントしてください。正解は火曜日のブログに掲載します。

Photo_2 写真をクリックすると大きくなります。

 

 

■新道場移転、御神沿建立にあたり、御参賀ご協力お願い申し上げます。ここに、生成発展の新しい力を共に! http://genjoe.com/un60.htm

2007年7月28日 (土)

新道場の近くの北アルプス

今日は白馬大池の写真です。ときどき、新道場の近くの北アルプスの写真を掲載します。

Photo

■新道場移転、御神沿建立にあたり、御参賀ご協力お願い申し上げます。
 ここに、生成発展の新しい力を共に!→ http://genjoe.com/un60.htm

2007年7月26日 (木)

心のリフレッシュに夏の北アルプスからのたより。

今度移転します道場から見上げる北アルプスからのたよりです。登っているのは登山暦14年の娘でありますが、高山植物の写真が届きましたので掲載します。花のチングルマです。これは秋が近づくとヒゲになります。写真をクリックすると大きくなります。

Photo

2007年7月22日 (日)

「創造発展の力」を共に。建立護

合掌

 新道場移転御神沿建立にあたり、御参賀ご協力お願い申し上げます。

 無料メルマガ、心のメンテナンスメールおよびプレミアムメルマガにてお知らせしましたところ、さっそくのご参賀の意を表していただきました皆様には、ここに、あらためてお礼申し上げます。ひとまわり、また進歩する強いエネルギーが皆様にも宿ることと信じて祈念しています。

 御参賀の皆様には、「至心玄道建立護」の護神符をお送りすることにしています。この秘法九字は、まさに、「創造発展の力」であります。どんなことがあろうと、信の一念で進むエネルギー、現象に惑わされない強い心、これらは安定したる運命へと順序を運びます。運気が低下しそうな順序へと進もうとした時はその洞察力をして止められ、未来において、創造発展へと進むのです。

 めったにないこの機会に、新道場移転御神沿建立に御参賀いただき、行者が常にかねそなえている理力の「創造発展の力」を共にできればと、また、この積徳を皆様と分かち合うべく御参賀をお願いするものであります。

尊無上亜甲中玄     玄上

ご参賀ご案内はこちらをクリック→ http://genjoe.com/un60.htm

2007年7月17日 (火)

「玄上の運命を良くするお話」のお知らせ

合掌

 いつも、行者をご覧いただきありがとうございます。また、サポートしていただいている皆様には重ねて御礼申し上げます。その御徳が良き未来をもたらしますようにいつも願っていますぞ。

 さて、本日は「玄上の運命を良くするお話」の配信日です。毎週火曜日配信のこのプレミアムメルマガは熱のこもった法話や日頃お目にかかれない行者の裏話などをご覧になれます。無料メルマガではお目にかかれないお話など、今月は、「心理と運」です。

 心理と運は、それぞれ、心理学と哲学という「学」を超越した接点において、もっと身近な関係にあります。「~学」というと、何か絶対的なものであると思いがちでありますが、「学」するが故に発見できない次元の事象があります。心でとらえるという事・・そうです。心や運はものではないのです。

 では、本日配信の一部をこそっと紹介します。「心理と運、高次元の現象」からの一部抜粋です。

--------

         = 2、運命を良くするお話 =

          「心理と運、高次元の現象」
 「自分は次元が高い」と思っているとき、次元は低くなっていて、次元やプライドを意識せずに精進している時は、以外と次元が高くなっているものです。一見、ばかげたように見える相手でも、その裏には、思わぬ高次元が潜んでいたりもします。「あいつ、本当に次元が低い・・」と、思った時に、気がつけば、その「あいつ」よりも自分の方が次元が低くなってしまっている。気がつけばいいが、大抵は気がつかないまま、すごしてしまっている事の多いこと。それが、何らかの結果として現れても気がつかない。大抵の場合、その結果とは、僻みや妬みから至る自己の運気の低下となるものです。
 高次元の心であるというのは、物識りであったり、学業が優れているなどというところにはありません。優れているが故に、かえって視野が狭くなったり、一定の考え方に固執してしまったり、次元の移動における自由度を阻害し・・・
--------

 ご紹介できますのは以上でありますが、このプレミアムメルマガ「玄上の運命を良くするお話」の内容は、最近ひそかに、いろいろなところで取り上げられています。某有名人の方々も参考になさっていたりもします。でも、書物や番組などで流用するときは一言お声をかけてくださいな。

 末法、つまり、これからは新しい精神の時であります。そうそう、昨年の7~8月のバックナンバーも参考にしてください。「霊界」では、古い思考の霊界からこれからの次元の精神世界へのお話をしています。お話はそれてしまいましたが、このプレミアムメルマガがあなたの新しい積徳に向けての始まりとなり、心の友となりますよう魂を込めてお送りしています。

「玄上の運命を良くするお話」
まぐまぐプレミアムより525円/月。毎週火曜日配信。
初めてごらんの方は、 7月分は無料キャンペーン中です。
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/12/P0001260.html

 いざとなれば、御霊断鑑定や強力な秘法九字の御札などいつも心の支えがあ
る。この混乱の時代ではありますが、曲りなりに仕事運に恵まれ、平穏な社会
となりますように、そして、皆様におかれましては心の力となりますように、
いつも応援していますぞ。

尊無上亜甲中玄     玄上


※まぐまぐプレミアムでのお支払方法が合わない方や、まぐプレ会員になるの
に抵抗のある方は、https://regssl.combzmail.jp/web/?t=fk03&m=tcqn より、
ご登録ください。銀行振り込みまたは郵送先をお知らせします。

2007年7月16日 (月)

新潟長野の地震

合掌
 玄上です。本日、大きな地震がありましたが、皆様のところは大丈夫でしょうか?こちらは長野県北部に相当しますので、お見舞いのメールもいただいています。早々にありがとうございます。「これは、震度3ぐらいかな」と思っていると、その後に船に揺られているような大きな揺れがやってまいりましたが、大丈夫であります。誠に、ご心配をおかけしました。
 北信越・上越・中越方面の皆様におかれましては、ここに、お見舞い申し上げます。
尊無上亜甲中玄      玄上

2007年7月15日 (日)

台風の連休。大自然と共に!

合掌

 台風の連休となりましたが、まず、進路にあたられた方面の皆様にはお見舞い申し上げます。

 連休でにぎわうはずだった観光宿もキャンセルが続出で大変だったようですし、せっかく、計画していたレジャーがお流れになってしまった方々も、痛恨の思いの三連休になってしまったようです。

 しかし、こればかりは自然相手ですので、どうすることも出来ない。私たちが暮らしているには、こうして、常に自然の影響を受けているのです。大自然を楽しむということ。単に、海や山に出かけるというのが自然ではありません。もっと、身近な出来事そのものが自然であるのです。

 常に自然と共に歩むことの出来る、広くたくましい心。ここに、備わりますように、いつも応援していますぞ。

尊無上亜甲中玄      玄上

◎不思議と運命が変わるというご鑑定をどうぞ。http://genjoe.com/sodan.htm

2007年7月11日 (水)

心のふるさとのお話です

合掌

 玄上です。昨日の心のメンテナンスメールから、心のふるさとのお話です。

 本格的な梅雨の雨の今日であります。九州のほうでは、大変な雨降りが続いているともおうかがいしていますが、あなた様のところはいかがでしょう。明日以降も降り続くようですので、災害のみならず、気候の変化や体調を崩さぬようにご注意ください。

 先週お知らせしました道場移転御神沿の建立護でありますが、早々にご奉納金を給わりました方には重ねて御礼申し上げます。さっそく御神前にてご報告祈願し、ご芳賀は新しい道場に移転後、ご芳賀帳に記して、御神沿内部に納めさせていただきます。

 道場は、もっと便利な都会の方が、大勢の皆様がおこしになられるのに良くて、道場も栄えると思ったことがありますが、やはり、亡き師匠が申したときがありますように「尊無上亜甲中玄」は「心のふるさと」でもありますので、長野は北安曇野の田舎にいることにしています。

 これからご協力をご検討されています方も前記同様に祈願を行ってまいりますので、この積徳の機会に「心のふるさと」たる道場移転御神沿にご協力よろしくお願い申し上げます。

ご参賀ご案内はこちらをクリック→ http://genjoe.com/un60.htm

 さて、今日はプレミアムメルマガの配信日でありますが、その中において、常日頃皆様がお困りの「嫉妬妬み」についてお話しています。何も悪い事もしていないのに、気がつけば悪者に仕立て上げられていたり、それが故に、自分に欠点があるからいけないんだと思いこんでおられる方も少なくありません。

 なんの、どうして、上手くいっている人の足を引っ張ろうとする人の心のほうが欠点なのです。自分は悪くはない。人の幸福を喜び、そして、皆で差さえあう、強き心の時代となりますようにと、せつに願う行者であります。

 一度しかない大切な人生、妬み僻みという現象に惑わされずに頑張るのですぞ。いつも遠い空の下から応援しています。そう、「心のふるさと」から。

尊無上亜甲中玄       玄上

2007年7月 4日 (水)

早々の御参賀ありがとうございます。

合掌

 道場ならびに御神沿移転において、至心玄道建立護をお願いしましたところ、さっそく十名の方からご参賀のお申し込みをいただきました。早々に、ありがとうございます。こうして、皆様に支えられ、今度の移転は、まさにお導きによるものと感じています。とても心強く感じます。

 この、積徳の念。共に良き順序となりますようにと願っていますぞ。至心玄道建立護の受付は8月上旬まで行います。どうぞ、皆様の御参賀ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

尊無上亜甲中玄      玄上

ご参賀ご案内はこちらをクリック→ http://genjoe.com/un60.htm

2007年7月 2日 (月)

新道場移転、御参賀ご協力お願い申し上げます。

 新道場移転、御神沿建立にあたり、御参賀ご協力お願い申し上げます。
 今から5年前、「雄大な日本アルプスそのものが「むしろごやの行者」の行場であり道場でした。この度、ついに目に見える形での「至心玄道」建立へと一歩踏み出すことと相成りました。」と、お知らせいたしました。そして、またここに、さらなる一歩を歩み出します・・
 至心玄道の道場が、お山の建立に向けて、尊無上亜甲中玄のお導きにより、また新しい一歩を踏み出すことになりました。8月には新しい道場へと御神沿が移転します。(詳しくはメルマガ等でご案内申し上げます。)
 静岡から長野へ一歩を踏み出し、今から5年前、の森の道場へと第二歩目を踏み出してきました。その時にも「至心玄道建立護」をお願いしましたが、着実に、一歩づつ、理力のお導きにより進んでいます。違う方向へ動こうとすれば、何故か止められる。しかし、ひとえに道場の移転と申せども、気がつけば、その昔に、神よりお知らせのあった、まさに「日本海の見える鹿島」の麓へと近づきます。
 そこで、この積徳を皆様と分かち合うべくご参賀をお願いするものであります。つきましては、建立にのまた一歩の歩みに向けて皆様の御参賀におきまして、創造の力の御札をこの冬の寒行における秘法九字を入魂しお送り申し上げます。
ご参賀ご案内はこちらをクリック→ http://genjoe.com/un60.htm

« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »