至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

秋の始まりの針の木岳方面

[PR] 運命の転化の無料メルマガがあなたの人生を変える。

20070930 稜線に草紅葉が始まっている北アルプスです。写真は9月26日、標高約2400mにある種池付近より撮影したものです。正面が針の木岳、中央の大きな沢が、大沢で、雪渓には残雪が未だに残っています。

 山修行も、秋を迎え、すでに、新しい年へ向けて動き始めています。皆様の心が光に満ちますようにと願っていますぞ。(玄上)

2007年9月29日 (土)

アクセスマップができました

合掌

 山の高いところでは、草紅葉。北アルプスでの初氷や、北海道の旭岳では初雪のたよりも届くようになり、秋本番を迎えようとしています。里も栗の実が大きくなり、大自然も変化の秋であります。秋は体調の変化も大きいので、健康には十分注意してください。夏の延長で薄着でいると、風邪をひいてしまいます。

 さて、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょう。なかなかメールに返事を書けないでいますが、きちんと心は通じていますのでご安心ください。しばしご無沙汰をされていると、あの方はどうかな、この方はどうかな・・山行で皆様のご安泰を念じたりもしています。道場にご参拝にこられた方は、ご芳名だけでなく、私の脳裏に焼きついたお顔、「顔、顔、顔」をお一人づつ思い浮かべながらお祈りしています。

 新しい道場のある白馬は、北アルプスがとても美しいところです。冬にはスキー客でにぎわう所でもありますが、心澄み渡る秋の白馬へこの秋に来られてはいかがでしょう。心リフレッシュ観光のついでに、道場に来られて力をつけられるのも良いかもしれません(要予約)。http://genjoe.com/taimen.htm にご案内をしています。やがて、紅葉と雪の山々の競演も近い秋の北アルプスも見どころになっていきます。

 そういえば、7年前によく申していましたが「このアルプスが私の道場」なのです。建物ではありません。でも、新道場になって、またひとまわり大きくなりました。以前の森の道場に比べると落ちついてお参りできます。それでも、建物が修行をするわけでもありませんし、そのような小さな器にとらわれず、もっとダイナミックに日々精進したいものですね。

 人生、恐れることはないですぞ。未来を怖がることもないですぞ。そう、この大いなる日本アルプスの行場よりお祈り申し上げています。
 白馬へ心癒しにそして、力をつけにおこしください。10月は平日と7~8日、20日、27~28日があいています。これからは、時々、あき日をブログにて掲載しますので、今後参考にしてください。アクセスマップは次のバナーをクリックし、「道場道順ご案内」をごらんください。

尊無上亜甲中玄      玄上

2007年9月18日 (火)

白馬はここにあります・・2

Map1 秋のドライブ。自家用車で道場を訪れるにはこの地図を参考にしてください。先日、公共機関でのルートの地図を掲載しましたが、ホームページにも現在製作中です。長野駅での乗り換えなど、道場へのアクセスを紹介します。

道場での御霊断鑑定や御玄綬は http://genjoe.com/taimen.htm

2007年9月17日 (月)

久しぶりに「うしさん」です。

20070917 大町市のスキー場(鹿島槍)からうしの放牧の写真が届きましたので掲載します。先月はやぎの写真を掲載しましたが、夏の間のスキー場は、いろいろな動物がいます。クマも出ます。

とにかく、写真でも御覧になって、心リラックスしてくださいな。

2007年9月16日 (日)

実りの秋、育てるという事

久しぶりに辻説法です。

 最近、「育てる」ということが忘れられているように思います。はじめから優れている才能を発掘しようとして、結局は、その土壌ができていない。仕事にしろ、家庭にしろ、原野にいきなり種を蒔いても実るどころか芽さえ出ない。そして、困惑してしまう。

 まず、物事には順序というものがあり、まずは開墾し、耕し、種をまく、実がなるまでの世話も必要であろう。芽が出るのを、実るのを、急いではなりませんぞ。そう、自分も育つのです。そして大きな実りにしようではありませんか。応援していますぞ。明日はまた写真を掲載します。

尊無上亜甲中玄      玄上

 

御霊断鑑定 http://genjoe.com/sodan.htm

開運お札 http://genjoe.com/ofuda.htm

2007年9月15日 (土)

白馬はここにあります

Map0 「安曇野」・・それはどこにあるのかな? 「白馬」・・さて、どこにあるのかな? 旅行、芸術、山やスキーに興味のある方なら有名でありますが、知らない方もいるようですので、ここにマップを作ってみました。秋の白馬を観光がてらに道場へおこしください。全国からの電車版です。自家用車版はまたこんど掲載します。マップをクリックすると大きくなります。

道場での御霊断鑑定や御玄綬は http://genjoe.com/taimen.htm

2007年9月14日 (金)

八方からの白馬三山

20070914 八方のバスターミナル付近から見上げる白馬三山です。高いところでは草紅葉が始まっているようです。白いのは初雪ではありません。昨冬の残雪や万年雪です。とてもアルペン的な風景です。左から、白馬鑓ケ岳、杓子岳(雲をかぶっています)、白馬岳です。(写真をクリックするとダイナミックになります) 

御霊断鑑定 http://genjoe.com/sodan.htm

開運お札 http://genjoe.com/ofuda.htm

2007年9月13日 (木)

このように実りますように!

20070913 秋の始まりの北安曇野。本日は実りつつお米であります。昨日撮影しました。写真をクリックすると大きくなります。

 

御霊断鑑定 http://genjoe.com/sodan.htm

開運お札 http://genjoe.com/ofuda.htm

2007年9月12日 (水)

秋の始まりの北安曇野

20070912 秋の始まりの北安曇野です。稲穂も実りはじめています。北アルプスの稜線は下から見上げると草紅葉しているところもありますが、本日は雲の中。写真の正面は八方尾根です。 

 

御霊断鑑定 http://genjoe.com/sodan.htm

開運お札 http://genjoe.com/ofuda.htm

2007年9月 8日 (土)

秋のお彼岸、尊世特達法願のお知らせ

[PR] 運命の転化の無料メルマガがあなたの人生を変える。

合掌

 本日は二十四節季のひとつ、「白露(はくろ)」です。朝晩の空気が冷えて草や葉におりる露が白くなっている様をあらわす季節の節目であります。「気界冷露白し」。いよいよ秋の到来であります。そして、「白露」の次は「秋分」を迎えます。春分から数えること、黄経180度。秋の真中の日となり、朝晩の時間が同じになる日です。

 秋分の日を彼岸の中日(9月23日)として、3日前に秋のお彼岸の入り(9月20日)、3日後がお彼岸の明け(9月26日)、ちょうど1週間がお彼岸となります。
 さて、お彼岸といえば、お墓参りなのです。ところが、何か悪い事がおきると「墓参りをしていないとご先祖様のバチが当る」などと、「先祖の霊」の仕業にしてしまいがちですが、それはご先祖様に失礼でもあります。ご先祖様がバチを当てるのではなく、己自身の業であったり、自己の不甲斐なさであったりもするわけです。
 因縁とも申しますが、それには、「先祖の霊」ではなく、もっと深い根源があるのです。悪いことがあると「供養が足りないから」などと申される方もいますが、ご先祖様のせいにしては、それこそ浮かばれません。悪い事や良い事にこだわる次元を超えて、清心無垢の意をしてお墓参りをしたいものです。
 まずは、ここから改め、このお彼岸の日ばかりはご先祖様の徳を偲んで思い出すのも大切。心の力、落ちついて、強くならなきゃ。○○家の先祖代々の聖徳。○○さんの水子の聖徳を偲んで、ここに「尊世特達法願」のお札をお授けしましょう。また、「因縁浄化」によって、その積み重ねが、上七代、下七代においての徳に盛運が訪れますように願っています。
 ★「因縁浄化・尊世特達法願」のご案内は http://genjoe.com/un63.htm
尊無上亜甲中玄     玄上

2007年9月 7日 (金)

台風にご用心2。

台風9号が首都圏を始めとする広い範囲を直接襲いました。被害に遭われました方には、心よりお見舞い申し上げます。

今後、東北、北海道方面へと進むようですので、ご注意ください。

気象庁の防災気象情報 http://www.jma.go.jp/jma/menu/flash.html

 さて、今回の台風は、南の海から直接首都圏に上陸しました。おおかたの台風は、九州や四国を通り、東へと進みますが、鹿児島や高知や和歌山にも上陸しないで、陸地で弱まることなく、海上での勢力を保ったままだったので、いわゆる「台風県」でないところにお住まいの方は大変だったことと思います。

 伊豆半島を大隈半島代わりに上陸し、関東平野を南アルプスや丹沢山塊、秩父、多摩の山に沿うというのが、日向灘から豊後水道を宮崎の陸地や九州山地に沿うという代わりとして北上していったわけですから風雨もたいへんだったと思います。

 これでおさまりますようにと、お祈りしています。

尊無上亜甲中玄     玄上

2007年9月 5日 (水)

台風にご用心。

台風がやってきていますのでご注意ください。以下のサイトがおすすめです。

http://weathernews.jp/index.html

http://www.tenki.jp/him/index.html

2007年9月 4日 (火)

栂池高原です

20070904 冬にはスキー客でにぎわう栂池高原スキー場です。田んぼも実り始め、秋の様相です。正面には、鐘の鳴る丘・・かねのなるおか・・金の成る丘・・とても、縁起の良い丘であります。新道場から7キロ弱のところにあります。観光を兼ねて心リフレッシュに道場にお越しください。http://genjoe.com/taimen.htm

2007年9月 2日 (日)

秋の始まりの白馬三山

20070901 山の高いところでは、草紅葉が始まる気配。里から見る白馬三山もどこか秋が漂っています。写真は昨日のものですが、八方尾根の向こうに白馬三山。マルバアサガオと田んぼと山々、そして、雪渓の万年雪・・マルバアサガオと申しましても、ヒルガオの仲間でサツマイモの仲間でもあるらしい。このあたりのことは、わたしゃ植物学者じゃないので良くわからないが、とにかく、秋の始まりの北安曇野の美しい光景です。 

 

秋の力量増強スペシャル http://genjoe.com/un71

2007年9月 1日 (土)

秋の力量増強スペシャル

 今日から9月です。秋が来ましたと言葉にすればたやすいのですが、秋が来ると、あっというまに年末が訪れ、受験の方はセンター試験など、時の経つのは思いの他早いものです。

 ところで、土壇場になって、慌てる方がたまにいます。と、いうよりも、切羽詰らなければ腰が上がらないと申しましょうか、困ったものです。時がきて、力をフルに活用するためには、もっと早い目からの段取がものをいいます。土壇場になって慌てるから実力が中途半端にしか出ない。それも実力といえばそうなのですが、なんとももったいない話です。

 結婚話にもよく似た現象があらわれます。結局、話しあるときに一歩がでない。先に進む勇気が出ないが故に良縁を逃してしまう方もいます。

 これらには、ここぞというときの精神的な力量が大切です。疲れたからといってゴロゴロとしていると、その疲れも倍加してしまいます。心の疲れも然り。動く時は動く、休む時は休む。そのメリハリを創る心の力。

 案ずるより生むが安しですぞ。ここに、力量増強の秘法九字をして、この秋から縁起を高めようではありませんか。いつも応援していますぞ。力量増強スペシャル http://genjoe.com/un71 受付中です。

尊無上亜甲中玄     玄上

 

200709012 この花はなんでしょう?・・あさがおではありません。白馬村の昼頃、オリンピック道路の脇に咲いていました。(写真をクリックすると大きくなります)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »