至心玄道公式サイト

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 古い御札の御焼納 | トップページ | もうすぐ2月も終わり。春のお知らせ »

2009年2月22日 (日)

感謝週間が無事に終りました

合掌

 2月19日、昨年までの御神符の御焼納が完了し、感謝週間が終わりました。例年なら雪で作った御焼納釜で御焼納を行っていましたが、今年の冬は、雪がなくて土が見えていました。畑のチューリップの芽が出てくるほどでした。

 ところが、御焼納が終わると同時に大雪となり、ふたたび50cmほどの積雪です。昨夜の雪は、真っ白ではなく、バニラアイスのように少し黄色ぽく、黄砂が混ざっていたわけです。黄砂がやってくると、いよいよ春。でも、まだまだ、雪がやってきそうな気配です。寒暖を繰り返しながら、そうですね、「三寒四温」、春へと加速するこの頃です。

 気温の変化も著しいので、疲れやすくもなります。そして、何と申しましても2月は「短い」。それ故に、いつもの月と違って、「あと何日ある・・」と甘えのきかない月でもあります。それだけでなく、春の変化多き頃ですから、まあ、大変。体調と多忙とのバランスにおいてうまくリズムができますように。

 感謝週間が終わると、春のお彼岸の尊世特達法願です。隆達祈願と共に受付が始まっていますので、どうぞホームページよりご覧ください。ご先祖様の徳をたたえ、水子さんへの思いを、ここに、因縁浄化と共に供養申し上げます。お申し込みの御尊徳におかれましては、お彼岸まで、毎日の御感行において、ご芳名とともに供養いたしています。

 さて、2月もあとわずかですが、心が穏やかにいられない確率が最も高くなる時期です。そこで、こういう時こそ、心の落ちつきを意識するのです。不安や焦りは逆効果。不安の元に動くから物事も裏目に出たり、言動が攻撃的になったりして人間関係を損ねます。不安の心は、「百害あって一利無し。」といえましょう。

 もしも、不安の心が「こんにちわ」したら・・「尊無上亜甲中玄(そんむじょうあこうちゅうげん)」と、心を静めましょう。大丈夫、曲りなりに何とかなる。いつも、不可思議なる理力に守られているという「信の一念」で精進するがいいですぞ。

尊無上亜甲中玄        玄上

« 古い御札の御焼納 | トップページ | もうすぐ2月も終わり。春のお知らせ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 古い御札の御焼納 | トップページ | もうすぐ2月も終わり。春のお知らせ »

無料ブログはココログ