至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

【辻説法】雨続きの7月でした

とうとう、7月は、一日のうち雨の降らない日はゼロでした。今日も、白馬は昼過ぎから雨。午後5時ごろから集中豪雨と雷です。県道白馬岳線は午後6時半頃から大雨のために通行止め。

さて、今日は、携帯メルマガからの辻説法です。

「自分を押し出すより、相手のことをまず考えよう。」とは、「相手の立場になって考えましょう」という意味合いもありますが、そんなに甘くは無い。「自分の事は言わず、黙って相手の動きを見て、相手の素性を知りましょう。」という意味もあるのです。物事は考えよう。自分というのが如何に強くあるかは、自分を押し出さない事にもあるのです。さ、波に飲まれない強い心となりますように、いつも応援していますぞ。「尊無上亜甲中玄」

■長年の行力霊力でお導き。仕事.恋愛.結婚.家庭等なんでもOK。
 御霊断鑑定はこちら→ http://genjoe.com/sodan.htm

2009年7月29日 (水)

「すもも」です

「すもも」です

相変わらず雨の日が続いていて、北アルプスは雲の中です。今日は、近くにある桃の木に、すももがおいしそうにできていたので撮って来ました。でも、他人の畑なので、撮るのはいいが、勝手に取って食べてはダメです。こういう感じで生っています。

御霊断鑑定 http://genjoe.com/sodan.htm

2009年7月26日 (日)

豪雨に遭われた皆様にお見舞い申し上げます

九州・西日本の豪雨に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。
今年の夏は天気が不安定のようです。突然の大雨や、気候の変化にご用心ですぞ。

御霊断鑑定 http://genjoe.com/sodan.htm

2009年7月25日 (土)

【山近況】今年の夏山登山について

090720_120146 「梅雨明け10日」と申しますように、梅雨が明けて10日間は天気が安定する夏空になるわけですが、今年は状態が不安定ですので、気温の低下、強風など天気の急変に注意しましょう。

本州の3000m級の山や北海道の山に出かけるときは、夏山でも防寒着が必要です。山慣れしていない方は、防寒着というと、ちょっと上に掛ける厚手のものを想像しがちですが、そうではなく、真冬に使うフリースが必要です。

下着から上着までコットン生地の衣類は絶対に避けましょう。一旦、汗や雨で濡れると、防寒どころか、かえって体温を奪い、低体温症の原因となります。衣類は濡らさないというのが、山の鉄則です。

気温がプラス温度でも強風下では、体感温度はマイナス10度近くなります。八ヶ岳のように山小屋が多い山域では必要とすることは少ないと思いますが、通常、ツェルト以外にも、登山用の小型ガスコンロは携帯したほうが良いです。

高い山でも、富士山のような比較的易しい山は、晴天が確保されている日にワンディーハイクもひとつの方法ですが、遠方からの場合やご来光を望む場合は8合目より低いところで一泊すると高山病や酸欠防止になります。悪天候での行動はやめましょう。

※写真は八ヶ岳連峰の「阿弥陀岳(2805m)」山頂です。

2009年7月22日 (水)

日食です

日食です
日食です。プラスチックの靴べらをフィルターにして撮りました。適度に厚くて良かったのですが、材質にムラがあるのが残念です。

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2009年7月21日 (火)

北アルプスは今日も雨。明日は日食です。

20090720aka 北アルプスは今日も雨です。明日の日食が気になるところですが、くれぐれも太陽は直接見てはなりません。サングラスや下敷きを使っても、目に見えない赤外線はかなりの量で、数秒でも網膜を焼いてしまう時があります。望遠鏡や双眼鏡で見るのはもってのほかです。前に、下敷きを入れても絶対いけません。

私のおすすめは、大きな画用紙に、3ミリぐらいの穴を開けて、地面に投影する方法です。

さて、本日は雨と申しましたが、昨日は八ヶ岳で張り切りすぎて、今日はダウンです。10時間、写真を撮りながら走ったので、もうクタクタ。その前の日までの、雨中の山中行も響いていると思いますが、ま、久しぶりに、八ヶ岳を一日で走破した充実感はばっちりですね。子供たちに、「歳を考えないと」と、言われております。

で、今日の八ヶ岳は雨の様相。昨日に登って、赤岳山頂小屋や赤岳山荘に泊まられた方は大丈夫かなと思っていますが、結構な、ご老人もいましたし、心配なところです。

写真は八ヶ岳の主峰「赤岳(2899m)」の山頂です。

 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

 

2009年7月20日 (月)

【八ヶ岳】阿弥陀岳~中岳~赤岳を日帰り縦走

[PR] 運命の転化の無料メルマガがあなたの人生を変える。

八ヶ岳です
3連休いかがおすごしでしたかな。今日は久しぶりに晴れたので白馬を離れて「玄上の山歩きのススメ」の取材に八ヶ岳に登ってきました。
阿弥陀岳2805mと赤岳2899mを日帰りで10時間かかりましたが、また「玄上の山歩きのススメ」に掲載します。
写真は中岳から赤岳への登りから、阿弥陀岳をバックに中岳を振り返った景色です。

2012年の記事を見る。

2009年7月16日 (木)

【辻説法】夏の虫は氷を笑う

「夏の虫は氷を笑う。」ということわざがございます。夏の虫は冬を知らないので、氷を笑いものにするというところからきているようですね。自分が視野が狭いのに気づかずに、人のしていることをあざ笑って、知らないところで恥をかいている。上には上がいるとしたものです。

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2009年7月15日 (水)

【辻説法】お父さんお母さんよ。

合掌

 お父さんお母さんよ。誰の話よりも、子供はあなたの話を待っていた。

 ある朝の新聞(地方新聞です)のコラムで、先生に話ができないし、お父さんやお母さんは忙しいし・・と、というようなことを書いてありました。本当に心にゆとりのない方が多いものです。

 子供が親に甘えてきているのに、「うるさい、疲れているんだから」と突っぱねてしまっては、心のゆとりの無い親御さんの姿ばかりを見て育ちます。突っぱねなくても、「忙しいから後にして」と言い残して、結局は相手にしないのも同じです。ほんの少しの時間ならできるでしょうに、もっと落ちついて接してあげたほうがいいのですが。

 ま、いずれにしましても、子供さんが大きくなるにつれて悩みつきなくなってきます。家庭の会話がない。子供さんが学校でどうしているかもわからずに、成績という数字だけ見る。「知らぬは親だけ」と、なってしまわぬように。

 子供はあなたの話を待っているのです。

尊無上亜甲中玄     玄上

2009年7月12日 (日)

【白馬】梅雨時の北アルプス

梅雨時の北アルプス
7月に入ってからずっと雨続きで、久しぶりに白馬三山の山頂まで見渡すことができました。白馬の里から見上げる北アルプスです。
でも今日も雨、すっかり雪も少なくなって夏山です。

2009年7月 9日 (木)

七夕の雨

こちらでは7月に入ってからずっと雨が続き、昨夜から大雨警報が出ています。大雪渓は落石や雪崩の危険があるので出かけていませんが、この雨でかなり雪が消えると思います。

さて、本日は七夕の雨について韓国の方からメールをいただいています。七夕の日に雨が降ると一年ぶりに出会えた織姫様と彦星様の感動の涙雨だそうです。翌日に降れば別れを惜しむ涙雨ということで、なるほど、これは素敵だなと、ここに紹介しておきます。

2009年7月 8日 (水)

昨夜は「七夕」

昨夜は「七夕」。いかがお過ごしでしたかな?年に一度の七夕ですが、旧暦の七夕をいれると年に二回、いや、なんの、「年に何回」ともったいぶらずに美しい夜空ならいつでもOK。七夕の空が私たちに「夜空を見上げろ」と無理やり要求しているわけではないので、お祭りは楽しみましょうぞ。

尊無上亜甲中玄

2009年7月 5日 (日)

ゆりが咲きましたぞ

ゆりが咲きましたぞ
これは道場の畑に咲いたゆりです。昨年、岩岳のゆり園で株を購入して植えましたところ、いっぱい咲きました。

2009年7月 2日 (木)

【辻説法】携帯版無料メルマガからミニ法話

毎日の運勢の携帯版無料メルマガからミニ法話です。

唐書の一言に「櫛風沐雨」というのがあります。読んで字のごとく、風を櫛(くし)とし、雨をシャワーとする。人生まさに、風雨の苦労の中での試練であれども、その苦労さえも利用して、清らかとなり、力をつけることができるのです。不安や恐れに負けずに、意気として頑張りましょうぞ。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »