至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月29日 (土)

【辻説法】「四苦八苦」と「一行は万聞に如かず」

この夏はブログに山岳の写真を多く取り入れることができました。山行では写真を撮らないので、余分に山に入る日も増えて、日焼けで何皮もめくれたいい男になっています。さて、辻説法です。

山を歩くのは、自動車で移動を慣れた方には、苦しいものです。一日に何時間も歩く、しかも、それが、300m~1000mの高層ビルをエレベーターを使わずに、階段を上り下りすることを、想像してみてください。しかし、山は苦しみばかりではありません。「ここはヨーロッパのアルプスみたい」、「まるで、雲上の楽園のようだ」、「天国にいるみたい」と、形容は様々のように、底知れぬ心に響く何かがあるのです。それは、言葉で言い表しがたいものですね。

090823_100740 左の写真は白馬岳と杓子岳の間の稜線近くに広がるカールです。実際に、目で見て「こりゃあ、すごい景色だ。」と、思って写真に撮っても、ご覧の有様です。本物はこんなのではありません。そういう雰囲気、風の音、匂い、それらは、いくら頑張っても写真にはできません。だから「一行は万聞に如かず」、何万回聞いても、実際に手にする、行く、実践するにはかなわないものなのです。

いくら本を見ても、また、私の話を聞いても、実践するのは、あなたです。「アドバイスをください」・・なら、御神符を手にしたり、道場へお越しくださいな。肝心なのは、言葉ではなく、実践する力であります。いいですかな?人生は写真ではありません。本でもない。心がこもった人生、それは時として辛かろう。しかし、その裏には、何物にも代えがたい「生の証」があるのです。

先日の、携帯版のメルマガから、「四苦八苦」とは私たちが避けては通れない宿命であります。生老病死の「四苦」、そこに、愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五陰盛苦を合わせて「八苦」と言います。しかし、それらは苦しみばかりではない。その中に喜びがあって人生でもある。歯を食いしばらずに頑張るのですぞ。

「尊無上亜甲中玄」
http://genjoe.com/

2009年8月26日 (水)

【ご案内】サイト開設9周年です

合掌

 昨日で、「むしろごやの行者の運命鑑定」のサイトが登場して9周年を迎えることができました。当時からお付き合いしていただいている方も多い事と思います。そして、10年目に突入。十年一昔と申しますが、当時とは世情もずいぶん変わったものですが、私たちは時代と共に成長し、ふと振り返れば、あの当時よりずいぶんと強くなっていると思います。

 ある人を見れば「あとは、お金だねえ・・」。また、ある人には「あとは、良き伴侶だねえ・・」。そして、また、ある人には・・と、それぞれの皆様の成長を思い起こします。「全然進歩がない」と思われている方もいましょう。ところが、どっこい。次の駅は、すぐそこまで近づいているかもしれませぬぞ。

Daruma2009_2  さて、いよいよ10年目に突入を記念しまして、ここに、「七転八起」のダルマの霊書を秋の力量増強スペシャルとセットでお手元にお飾りいただけるようにしました。

 力量増強スペシャルは仕事、事業、金運、受験合格などの力や、御霊断にてあなたに適した秘法九字と共に力量増強にてパワーアップする修法です。何度転んでも立ち上がる力。それによって成長し、大成、成功へと導かれますようにお祈りしております。

尊無上亜甲中玄    玄上

■仕事の力・受験合格の力・金運の力・結婚への力・弱った心の復活。10年目に突入記念の「七転八起達磨」霊書。力量増強スペシャルにセットしています。「七転八起達磨」掲載中ですぞ。ご案内お申し込みは http://genjoe.com/un71.htm

2009年8月25日 (火)

【ご注意】赤岳、唐松岳、白馬岳、日帰り登山

[PR] 運命の転化の無料メルマガがあなたの人生を変える。

※2009/10/12日現在、白馬山系は標高2300m付近より上は積雪があります。季節風も強くなっていて、下は晴れでも山は雲があり、その中は吹雪です。低温での行動は予想より体力を消耗します。白馬岳の日帰りで検索されている方がいますが、そろそろ冬山になってきていますので、冬の間にいっぱい鍛えて体力を蓄えて、来シーズンのお楽しみにしましょう。

最近、八ヶ岳唐松岳白馬岳の日帰りを掲載していますが、何度も同じ山に足を運んでいたり、経験や山足ができているのと、アスリート級の体力、携行品のバランス、当日の天候の読みで初めてできるものであり、手軽なハイキングコースではありません。危険を伴いますから、安易にまねをしないようにお願いします。

また、地元である場合は天気を見計らって行動できますが、ご遠方からの場合は、麓で天気を待つために数泊するなら、日帰りではなく山小屋を利用したほうが賢明かと思います。また、9月下旬から10月中旬に営業を終了する山小屋も多いので、それらの時期の高山はオフにして来年のお楽しみにしましょう。

体力面では、一旦登った後の足は予想以上に疲労が蓄積していますので、下りでのヘロヘロの足は転倒や滑落事故にもつながります。寒冷で疲労低体温事故も発生していますので、適度なところでの、山小屋泊をおすすめします。ご遠方からお越しの方は特に、山麓での宿泊も予定に入れて、余裕のある日程が必要です。皆さんは荒行者ではありませんので、楽しいハイキングができますように。

※別提案1→健脚者向き、赤岳日帰りのご案内

※別提案2→健脚者向き、唐松岳日帰りのご案内

※ご注意。「白馬岳 日帰り」が検索キーワードにあがっていますが、安易に山をとらえることは遭難防止対策上危険です。そもそも、「白馬岳 日帰りコース」というような便利なものはなく、そのルートが日帰り可能かどうかは、個々の山技術と体力の問題となります。白馬岳の日帰りは標高差約1700mもあり(ちなみに、富士山登山は5合目から約1300~1400m)、一般的ではありませんので、山足のできている方以外は、小屋泊で計画されるか、大雪渓見物のハイキングにとどめたほうがいいです。

秋の北アルプスの雪の到来について注意事項

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2009年8月24日 (月)

【白馬岳】白馬岳の山頂から

[PR] 運命の転化の無料メルマガがあなたの人生を変える。

白馬岳の山頂から
本日の白馬はすっかり秋の気候、山は雲で覆われていますが、昨日の写真からです。白馬岳の山頂(2932m)から杓子岳、白馬鑓ヶ岳、遠くに鹿島槍ヶ岳の秀峰です。さらに右奥には槍穂高が見えています。

白馬岳山頂はこの写真のように、長野県側がスッパリ切れ落ちている崖で、スリリングなところでの撮影です。下を覗けば、落差が1000mはあろうかという断崖に吸い込まれそうになるので気が引き締まります。富山県側は広いのでそちらでのんびりできます。

090823_121510

山頂から北に目をやると、雲海の切れ目から日本海が見えます。手前には三国境を経て小蓮華山、さらに白馬大池方面へと続く稜線です。

 

 

 

090816_075718090712_090249 いつも、里からは白馬三山が横に並んだ(右から、白馬岳、杓子岳、白馬鑓)写真をご覧いただいていましたが、今度は縦に、白馬岳山頂本体、杓子岳、白馬鑓と直線で見た感じです。ところで、最近掲載の八ヶ岳や白馬岳の日帰りは相当の山慣れた足並みと一日の天候の読みが必要で、通常は山小屋泊の山域です。危険ですので、けして真似をしないでください。途中に、麓から順に、猿倉山荘、白馬尻小屋。山頂付近に、村営白馬岳山頂小屋、白馬山荘があります。

尊無上亜甲中玄

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2009年8月23日 (日)

【大雪渓】今日の白馬大雪渓です

今日の白馬大雪渓
今日は白馬岳山頂を日帰りで走破してきました。とても良い天気で、日曜日なのに日本百名山の山頂を独り占め。しばし、山頂でくつろいでしまって、9時間余りかかってしまいました。

090823_120751 さて、大雪渓の下部はもう使えません。大雪渓のケルンからしばらく夏道を登り、急坂の手前で雪渓に取り付きます。写真は上部です。登山者が上り下りしています。葱平(ねぶかっぴら)より上の小雪渓もすっかりなくなっていますが、高山植物が最高です。

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2009年8月22日 (土)

【辻説法】「自分流」も大事ですぞ。

今日は携帯メルマガのミニ法話からです。

皆さんにも「自分流」はあるはずです。人と比べない自分、人が馬鹿にしようがどうしようが、あなたの大切な人生、誰かがああいっていたから、テレビでこういってたから・・と、左右され流されて、硬くなってしまうのではなく、柔らかく考えれば、はたして、それが良いのか悪いのかの洞察力もアップします。さ、この秋、元気出して頑張るのですぞ。「尊無上亜甲中玄」
http://genjoe.com/m/

明日は、白馬岳に日帰りで行ってきますので、メルマガを予約配信しています。また、写真をブログにも載せますのでお楽しみに。

2009年8月20日 (木)

【ご案内】受験合格必勝祈願。秋の力量増強

合掌

 気が早いと思われる方も多いと思いますが、受験と言うのは、切羽詰って対策するものではございません。たいていの合格祈願は、受験間近になってすると思いますが、その心構えでは、遅いですぞ。つまり、中学三年になれば、高校三年になれば受験があることは、もっと早くからわかっていることなのです。

 わかっていながら、間近になって、志望校を決めたり・・いったい、今まで何をしておった?と言うことになります。だからこそ、お盆明けの今から、受験合格祈願をご案内しております。この春も、多くの方から合格のお知らせをいただいています。

 秋は力量増強のシーズン。力量増強スペシャルでは、力量増強と入試適合のセットがあります。力量増強はいつも勉強している机の上にお飾りして、試験当日に、「勉強を共にした御神符」を持参します。入試適合は、常に持ち歩くバッグに入れておきます。そして、力量増強と共に試験会場に持って行きます。

 勉強は試験直前と言う即席では成り立ちません。今から、力をつけていくのです。お申し込みの方には、受験者に適した追い込みの勉強スタイルを鑑定でみてお送りしています。さあ、秋の力量増強。受付が始まりましたぞ。

 不可思議なる尊無上亜甲中玄のご加護と共にありますように!

尊無上亜甲中玄     玄上


入試・資格・就職試験には「入試適合」と「力量増強」のセットが威力を発揮。

センター試験や推薦入試の方はお早めに。 http://genjoe.com/un71.htm

2009年8月18日 (火)

【不帰剣】唐松岳山頂から不帰ノ剣

[PR] 運命の転化の無料メルマガがあなたの人生を変える。

唐松岳山頂から不帰ノ剣
先日の唐松岳日帰り山歩きからの写真です。

健脚者向き、唐松岳日帰りのご案内

唐松岳の山頂から不帰ノ剣(帰らずの剣)方面です。手前から、帰らずの第3峰、第2峰南峰、北峰です。帰らずの2峰北峰より向こうは難所で、断崖です。第1峰は北峰から落ち込んだ先になっていて、この写真では見えません。景色は美しいが、まさに「帰らず」恐いところです。(不帰ノ剣の通過の注意事項

向こうに見えるのは、手前から、天狗の大下りから大きい山体が天狗の頭、白い尖峰が白馬鑓が岳です。北アルプスの標高2500~2900mの景色を楽しんでくださいな。

※10月以降に登られる方は必見→ 秋の北アルプスの雪の到来について注意事項

悩み事の相談は御霊断鑑定へどうぞ http://genjoe.com/sodan.htm

【辻説法】暑さ忘れりゃ、影忘れる

今日は携帯メルマガから、ミニ辻説法です。

「暑さ忘れりゃ、影忘れる」という言葉がございます。暑いときは影のありがたさがわかるものですが、秋になれば影が寒くなって、その時のありがたさを忘れてしまう。心の徳が置き去りにならぬように。

「尊無上亜甲中玄」

2009年8月16日 (日)

【唐松岳】八方池から白馬三山です

[PR] 運命の転化の無料メルマガがあなたの人生を変える。

八方池から白馬三山です
尊世特達法願も終り、今日は晴天で、久しぶりに一息と思っていたのですが、午前5時に里から見上げるアルプスがとても美しくて、やっぱり山に足を運びました。

090816_102426 八方尾根黒菱から唐松岳を日帰り往復です。上の写真は八方池に映る白馬三山です。

※参考→健脚者向き、唐松岳日帰りのご案内

2009年8月15日 (土)

【御近況】ご出産おめでとうございます。

ご出産おめでとうございます。

 本日は、8月10日に兵庫県の方から嬉しいお便りが届きましたので紹介します。ご主人が抱っこして嬉しそうな写真付で送ってこられました。持病のある中、もう産めないかもしれないといわれたような手術や不妊治療も長かったわけですが、貴重な命を授かり、とても嬉しく思います。

 私のところを訪れてもう7年でしょうか。いろいろとございましたが、不思議と良き順序となってよかったです。他にも同じような方が2名様、40歳を越える高齢でありますが、子宝を授かって嬉しく思います。

 今後も、遠い空の下から応援していますぞ。

尊無上亜甲中玄   玄上

---- 以下、近況ご報告です。個人情報保護の観点から写真は掲載していません。

さっき産まれました

~の~です!

昨日の朝からお印から始まり、お昼に入院し、飲まず食わず17時間以上かかって8月10日~時~分に3658㌘のBigBaby誕生しました!
予定日から5日遅れましたが、よっぽど居心地がよかったみたいです。

産まれてすぐに目を見開いてオッパイ捜してました。
体重がしっかりしてるから抱きやすかった!

名前はまだです!
本当にずーっとご心配おかけしました!
ありがとうございました。
今度伺う時は四人家族です。

2009年8月12日 (水)

【白馬】久しぶりに晴れた北アルプスです

久しぶりに晴れた北アルプスです
ずっと山頂が見えない天気が続いていましたが、久しぶりに北アルプスが里から見ることができました。
写真は白馬鑓ヶ岳です。

2009年8月11日 (火)

地震に遭遇されました皆様にお見舞い申し上げます

合掌

 静岡・東海方面の地震に遭遇されました皆様にお見舞い申し上げます。そういえば、静岡にいたときは、周りの防災意識から、家具を固定し、災害時の家族との落ち合い先を決めたりしていたものですが、今は忘れてしまっています。日頃から、被害を最小限にする工夫、大切ですね。

 何事もそう。ことが起こってからではなく「日頃から」が力になりまぞ。

尊無上亜甲中玄

2009年8月 6日 (木)

標高2200m付近の渓流です

標高2200m付近の渓流です
今日はめったにお目にかかれない渓流の写真をお送りします。
私が行場としパワースポットとしている山から標高で500m、2時間ほど下った2200m付近の沢の写真です。

2009年8月 5日 (水)

【大雪渓】今日の白馬大雪渓3/3

今日の白馬大雪渓3/3
今日の白馬大雪渓です。一ヶ月ぶりですが、雨が続いたわりに意外と残っています。スプーンのアイスになっていて、アイゼンが必需品です。白馬尻小屋でも販売しています。
一昨日の針ノ木雪渓より雪は多いです。

ところで、携帯からブログを書くことができて便利になりました。

【大雪渓】今日の白馬大雪渓2/3

今日の白馬大雪渓2/3
白馬尻小屋前から大雪渓です。6月下旬以来ですが、ずいぶん後退しました。

【白馬尻】今日の白馬大雪渓1/3

今日の白馬大雪渓1/3
さすが夏山シーズン。登山客で賑わう白馬尻小屋。右奥は三合雪渓出合。

2009年8月 3日 (月)

【大雪渓】今日は針ノ木大雪渓です

[PR] 運命の転化の無料メルマガがあなたの人生を変える。

今日は針ノ木雪渓です
久しぶりに雨が上がり、雪渓の写真です。今日は針ノ木の大雪渓です。例年より雪が少ないです。

白馬大雪渓は8月5日に行ってます。

2009年8月 2日 (日)

【山案内】今年の夏山

Img0317月に入ってから、雨が降らない日が無い白馬ですが、8月に入っても、雨続きです。

里は涼しくていいのですが、稜線は天候や気温の変化が激しく、朝夕は10度を下回ります。風が吹くと、真冬並みの体感気温となりますので、稜線に出られる方は、山岳用の雨具や防寒着の携帯は必須です。また、雷雨も発生していますから、山岳の天気には気を配り、御安全な登山を心がけてください。

写真は、南アルプスの烏帽子岳(2726m)山頂から塩見岳(3054m)を望む。左奥に日本第二の高峰である北岳(3193m)と間ノ岳(3180m)の巨峰が並ぶ。

夏からのご安泰円満と発展に。「光運」霊書色紙セットです。
http://genjoe.com/go0708.htm

2009年8月 1日 (土)

【八ヶ岳】「八ヶ岳、赤岳・阿弥陀岳(1)」の紹介。

[PR] 運命の転化の無料メルマガがあなたの人生を変える。

今日は、いよいよ夏山。今日の配信は、「八ヶ岳、赤岳・阿弥陀岳(1)」ということで、美濃戸から阿弥陀岳へのコース、八ヶ岳本体を紹介しています。写真も27枚と案内図の、事細かくの紹介です。

以下に、その一部を掲載します。(写真は現物よりやや横がカットされています)

--- ここから

 中阿のコルが近づくと、標高もかなり高くなってきています。途中、崩壊地があり、以前は、崩壊地に鉄板のはしごが掛けられていましたが、流れ落ちてしまったようで、その手前を、一旦登ってから迂回するようになっています。ちょっとスリリングなところです。


もうすぐ、中阿のコル。はるか下に行者小屋が見える。ずいぶん登ったものだ。


中阿のコルに到着。

 はるか下に、通ってきた行者小屋(お泊りの方は、出発した行者小屋)が、はるか下にみえると、正面に、中岳と阿弥陀岳への分岐の標識が見える。中阿のコルに到着です。急登りに疲れた体を癒すべく、休憩している登山客がいます。


中阿のコルから富士山。


これから登る阿弥陀岳の岩峰を見上げる。

 中阿のコルに出ると、一気に南の視界が開け、遠くに富士山。手前に権現岳などの八ヶ岳連峰の南の山々が出現します。下を見ると、立場川流域の深い谷を見下ろす事ができます。

 さて、これから登る阿弥陀岳は・・と、ふと見上げると、登るのが嫌になってしまいそうな、急峻な岩峰がそそり立っている。途中に、はしごが掛けられ・・・

--- ここまで

2012年の記事を見る。

お悩み事の相談は http://genjoe.com/sodan.htm

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »