至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 【辻説法】アルプスから帰ることの喜び | トップページ | 【紅葉】2010北アルプス紅葉③ 白馬岳山麓秋たけなわ »

2010年10月14日 (木)

【白馬岳】昨年より雪が遅い白馬岳山頂です

[PR] 運命の転化の無料メルマガがあなたの人生を変える。

101014_115325本日、白馬岳を日帰りで行ってきましたが、昨年より雪が遅い感じです(昨年が早かったのかも)。写真は、白馬三山を縦に撮りました。一番手前が白馬岳(写している山頂)、杓子岳、白馬鑓ケ岳、その奥、左手が鹿島槍ケ岳、その右の奥にうすく写っている尖峰が槍ケ岳と、三つの「やりがたけ」がそろっています。

今年の今頃の山頂はまるで昨年の9月下旬並みです。こういう年の冬はどっさりとまとめて雪になるときもあり、夏も暑かったですが、秋もどこか変です。

091010_120142ちなみに、昨年の10月10日の白馬岳山頂の写真を掲載しておきます。上の写真の一部と合致しますので参考にしてみてください。でも、秋の北アルプスはこのように突如と冬へと変貌するので要注意です。

 

101014_113700

小蓮華山方面へ連なる稜線と日本海の水平線(空が薄い水色、海が濃い水色)。今年のアルプスはすっきりと晴れる日が少なく、常にガスが湧いています。標高2800mより上は晴れていて、長野県側は雲の上、雲海です。 

101014_113847富山県側は比較的晴れる日が多く、今日も、剣立山連峰を見ることができました。中央やや右の尖峰が剣岳です。

 

 

101014_113447今日の白馬岳山頂です。この時期にしては穏やかな感じに見えますが、風が強くて冷たかったです。白馬岳は「しろうまだけ」と読みます。 よく「はくばだけ」と読まれる方がいますが、「はくば」は白馬村の名前です。

では、明日は最新の紅葉の様子を掲載しますので、お楽しみに。

 

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 【辻説法】アルプスから帰ることの喜び | トップページ | 【紅葉】2010北アルプス紅葉③ 白馬岳山麓秋たけなわ »