至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月29日 (月)

道場に雪がきましたぞ。

道場に雪がきましたぞ。
今日は里にも雪が降ってきました。初積雪です。

2010年11月25日 (木)

今朝の北アルプス白馬三山

今朝の北アルプス白馬三山
白馬三山に雪がきてからしばらく経ちますが、里はまだです。今朝はいいお天気で北アルプスも輝いていました。

2010年11月13日 (土)

雪と紅葉と黄砂の北アルプスです

101112_160319_2

紅葉も終わりかけの里から見上げた唐松岳方面です。昨日は黄砂の影響でもやっていました。今年の秋はすっきりと晴れる日が少なかったですね。

さて、平成二十三年度安泰祈願の受付も始まっていますぞ。

2010年11月 8日 (月)

秋の四阿山。日帰りです。

[PR] 運命の転化の無料メルマガがあなたの人生を変える。

101107_101316

春に、まだ雪の残る四阿山(あずまやさん)を紹介しましたが、今度は秋です。北アルプスには雪が訪れ、怖いほどに厳しい山になっていますので、ちょっと南に足を運んで群馬~東信にまたがる四阿山を撮ってきました。昨日の四阿山は穏やかでした。でも、北面の林床には雪がたまっていて凍っています。

普段、北アルプスにいるので、とても穏やかで優しい山域に感じました。ほっと一息つける山でした。

 

101107_112725四阿山山頂付近の2300mの稜線から、根子岳。その向こうに、冠雪の北アルプスの峰々を見ることができました。昨日の東信は快晴。北アルプスはすっかり冬支度をしていますが、南の山は、秋から初冬の魅力がたっぷりありますぞ。

 

101107_115806四阿山山頂から嬬恋、田代湖。中央やや右に青白い噴煙をかすかにあげている浅間山です。とても幻想的な風景です。このあたりは晴天率がよく、冬季でも踏み入れやすいところです。ただ、複雑に尾根が派生しているので、雪で登山道がなくなると迷うので、経験者同伴でないとお勧めできません。

 

四阿山は祠がいくつかあり、群馬県側を向いているのと、長野県側を向いているのがあります。山の上から、見守っているのですね。優しい山容の中にも何か不思議な感じのする山です。 

 

平成23年度安泰祈願受付中ですぞ。

2010年11月 6日 (土)

平成23年安泰祈願、耀隆徳源・霊書干支色紙

Ryukiu 合掌

 平成23年度安泰祈願 

 「耀隆徳源」聞き慣れない言葉と思いますが、これは、毎年暮れの寒行週間にて、新しい年のご安泰の秘法九字を会得の時に御入魂する特別の御札であります。



 一昨年の暮れは平成21年向けに「飛躍」。昨年の暮れは平成22年向けに「気力」。そして、今年の暮れは平成23年向けに「隆起」の祈願をします。そのときに、それに応じた霊書を色紙にしたため御入魂します。それが「りゅうきう(隆気卯)」であります。



 その「いわれ」は特に定義していません。何故なれば、理力は言葉で表せるような簡単な次元ではないからです。言葉や理屈ではない、実践の行力をして平成23年のご安泰と隆起を祈念します。そう、言葉や理屈にとらわれない豊かな心が秘法九字と感応し、強い運命を創り出しますように願っていますぞ。



 霊書色紙は、さりげなく額などにいれてお部屋にお飾りしていただくも良いです。また、耀隆徳源の御札は、神棚にお祭りしたり、また、これという大切な交渉事やお仕事、試験に持ち出すのも良いです。



 それと、よく、地元の神様と喧嘩するのではと、問い合わせをいただくのですが、神様は喧嘩しません。人間が勝手に決めたことであり、そんなに心の小さな神様ではありませんのでご安心ください。



 毎度ではありますが、新年度の隆気安泰秘法九字のお札。それは、印刷されたものではなく、一体一体、私の手で力をこめてご芳名を記入し、入魂しています。ひとりひとりのお名前を噛みしめながら、祈念するお札であります。ここに、心をこめて、来年一年良き年でありますようお祈り申し上げます。



 耀隆徳源。平成23年が個人やご家族がご安泰で隆起とお望みの方におすすめです。事業、ご商売の方には商売繁栄や金運開成とのセットで万全です。



尊無上亜甲中玄     玄上




ご案内、お申し込みはこちら http://genjoe.com/an11.htm

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »