至心玄道公式サイト

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 北アルプス2011年の初冠雪です。 | トップページ | 白馬岳の初冠雪2011(10月の白馬大雪渓や雪上の注意事項) »

2011年10月 4日 (火)

白馬岳、初冠雪2011の山頂です。

[PR] 運命の転化の無料メルマガがあなたの人生を変える。

111004_121643今日は、白馬岳の初冠雪の山頂(2932m)に登ってきました。山頂直下は20cm前後の積雪があり、冷たい強風が吹いていました。今朝の白馬山荘付近の気温はマイナス8度だったそうです。

里では、明日の午後から雨の予報が出ていますので、さらに積雪は進んで50cm級になるものと思います。冬装備のない方は白馬岳などの北アルプスの高いところはオフにしたほうが良さそうです。

次の連休に登られる方は、冬装備を万全にするのはもちろん、雪上は夏の登山よりはるかに体力を消耗します。例えば、蓮華温泉から白馬山荘へ一日で行くというのは無謀になりますから白馬大池で一泊がベストで、もし装備がなければ、白馬大池の散策で引き返したほうが賢明です。晴れていても、強い風と低い気温で、結構体力を消耗しますので、くれぐれも低体温遭難になることのないように、次の三連休をお楽しみください。

111004_121953 白馬岳山頂付近は雪庇が出始めています。いつもより広い山頂になっていますが、長野県側は断崖の上の雪庇ですので、上に乗ると雪庇もろとも数百メートルは落ちてしまいます。今のところ、規制ロープが雪の上に出ているところもありますが、雪で埋まって境目がないところもあります。積雪が進むと、どこまでが雪庇かがわからなくなるので、下を覗きにと、山頂標識や強力石より長野県側には絶対にいかないように。小蓮華や杓子岳でも同様です。

111004_12000 さて、この写真は剣岳をバックに白馬岳直下を登ってくる私です。娘がプロジェクトX風にと撮影してくれましたが、さて・・・。(各写真はクリックするとポップアップして大きくなります)

写真を撮りながらの登行と積雪のため、いつもの日帰りより1時間半ほど多く時間を食ってしまい、10時間かかってしまいました。とりあえず今日は山頂の様子をお伝えしました。まだ写真があるので、明日も更新しますのでお楽しみに。

 キーンと引き締まった山の上から応援しておりますぞ。

山修行の行者が語る山岳情報の無料メールマガジン

« 北アルプス2011年の初冠雪です。 | トップページ | 白馬岳の初冠雪2011(10月の白馬大雪渓や雪上の注意事項) »