至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 金星日面経過|金星の太陽面通過を見よう | トップページ | 【白馬岳】白馬岳の雷鳥です。 »

2012年6月 3日 (日)

【根子岳】菅平高原から根子岳、日帰りハイキング。写真解説

菅平高原・菅平牧場から根子岳(ねこだけ 2207m)を往復するハイキングコースをご案内します。このコースは、のんびり歩いても往復4時間程度のやさしいコースのですので、山歩きのビギナーやお子様連れのファミリーにおすすめです。

信州旅行のひとこまとして計画に入れてみてはいかがでしょう。ただ、夏には午後から雷雨の場合があるので、ご遠方からの場合は、菅平高原に前泊して、朝早く出かけると良いです。

[PR] 毎日の運勢が無料メルマガで届きます。

100518_094918では、ハイキングの説明を始めます。

菅平牧場は牧場の管理地なので、まっすぐな登りの途中に料金所があるので、大人200円、子供100円(平成24年現在)を車に乗っている人数分を払って入ります。

駐車場からすぐに、四阿山と根子岳の登り口があるので、根子岳方面へと進みます。トイレは途中にないので、登り口のところのトイレに立ち寄っていくといいです。

120530_080358登りはじめは、牧場の中を歩きます。遠くに北アルプスが見えて、とても気持ちのいいところです。

景色を楽しみながらゆっくりと登ると良いでしょう。ペースオーバーになると、あとでバテてしまうので、のんびり登るようにしましょう。

120530_081456バテてしまっては、休憩が多くなって異様に時間がかかりますから、いそがずに、のんびりと景色や花を楽しみながら登るのがコツです。

牧場の道が終わる頃、写真のような「あずまや」(現在建築中)があるので、ここで、休むのもいいですね。付近には案内板もあります。登山道はまっすぐ根子岳に続いていますから、迷うことはありませんが、いちおう、チェックしておくと良いでしょう。

120530_082146牧場に別れを告げると、気持ちのいい白樺(シラカバ)林を登っていきます。夏には、強い日差しをさえぎってくれるので助かります。

 

100518_103211秋になると、白樺は紅葉を終えて、明るい林になります。

この写真のように、ところどころに、道しるべもありますので、迷うことはありません。

100518_105900林を抜けると、視界が開けて、見事な笹原が広がります。上には根子岳を望むことができますが、見えているのは山頂ではなく、さらに、その上が山頂になります。ここからが、意外と長く感じますが、急がずに、景色や高山植物を楽しみながら登ると良いでしょう。 

110817_100543夏には、登山道脇に、ヤナギランやマツムシソウなどに、色々な高山植物を見ることができます。

 

100518_110205山頂が近づくと、眼下に菅平高原の畑の景色、遠くに、北アルプスが見え、広々とした笹原を駆け抜ける高山の風が気持ち良いです。

 

100518_111835山頂が見えると、峰の原方面への分岐を左に見送ります。下りは、峰の原方面へ行かないように気をつけましょう。

山頂は、この標識から、距離にして、わずか10mほどです。つまり、ほとんど山頂ですね。 

100518_112312根子岳山頂には、ご覧のような表示盤や祠があります。広々とした山頂は、いつまでものんびりしたい気分のさせられるところです。根子岳ですが、山頂には猫はいません(笑)。

私の足で、写真を撮りながら1時間30分ほどで山頂に到着します。のんびり登っても、2時間あまりでしょう。時間が許す限り、高原の空気を楽しむと良いですぞ。心身のリフレッシュにいかがですかな。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 金星日面経過|金星の太陽面通過を見よう | トップページ | 【白馬岳】白馬岳の雷鳥です。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 金星日面経過|金星の太陽面通過を見よう | トップページ | 【白馬岳】白馬岳の雷鳥です。 »