至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 【八ヶ岳】美濃戸~行者小屋~阿弥陀岳~赤岳、登山のご案内 | トップページ | 八ヶ岳、赤岳周辺の高山植物 »

2012年6月28日 (木)

浅間山付近の高山植物です。

先週は2回浅間山に出かけましたが、そのときに撮影した高山植物の写真を掲載します。(各写真はクリックすると別ウィンドウで大きいのを見ることができます。)花の写真を見て、心休めてくださいな。

[PR] 毎日の運勢やお話が無料メルマガで届きます。


120618_092242_3スミレとキンポウゲ|浅間山荘から火山館までの樹林に咲いていました。うっそうとした樹林ですが、林床には、森のアクに強い野草が花を咲かせています。





120618_094348ハクサンイチゲ|「白山一花」と書きます。高山植物にはハクサンがつくのがおおいです。さて、このハクサンイチゲは火山館に着くまでの間の樹相が低くなり視界が開けるところに咲いていました。



120618_095154コイワカガミ|「小岩鏡」です。葉の表が鏡のように光っているからついた名前だそうです。ハクザンイチゲと共に、浅間連山の亜高山帯のいたるところに見かけることができます。




120618_104847ミネズオウ|「峰蘇芳」、ツツジ科の小さな花です。花の大きさは1cmもない、かわいいツツジですね。湯の平を過ぎて、賽の河原の途中や仙人岳付近の岩場に咲いていました。




120623_083625ツガザクラ|「栂桜」と思います。高峰高原からトーミの頭に行く途中にたくさん見かけることができます。これもツツジ科です。





120623_084133ハクサンシャクナゲ|「白山石楠花」です。高峰高原からトーミの頭への表コースで見かけました。これから7月が時期ですので、咲き始めた頃ですね。





120623_140857ユキワリソウ|「雪割草」、サクラソウ科の花で、これは青紫ですが、赤紫のはハクサンコザクラです。直径1cmほどの小さな花ですが、湯の平からトーミの頭への急登のキツイ登り返しにあえいでいたときに苦しさを忘れさせてくれました。



120623_140945ハクサンイチゲとユキワリソウのコラボレーションです。湯の平からトーミの頭への急斜面は、高山植物が豊富ですね。「草すべりコース」という名がついたのが良くわかる気がします。




120623_141010草すべりコースのお花畑です。こーんなに咲いています。白いハクサンイチゲにユキワリソウにコイワカガミやキンポウゲも混ざって、まさに高山植物の宝庫になっています。7月にかけてのお花の時期が楽しみですね。

120623_141411キバナノコマノツメ|「黄花の駒の爪」、黄スミレの一種です。草すべりコースの上部で見かけました。これが見えてくると、もうすぐ稜線です。





他にもたくさんありましたが、私が知っている花しか撮影していないような(笑)気がします。では、また、どこぞの高山植物を掲載しますのでお楽しみに。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

 

« 【八ヶ岳】美濃戸~行者小屋~阿弥陀岳~赤岳、登山のご案内 | トップページ | 八ヶ岳、赤岳周辺の高山植物 »

コメント

今、浅間山の植物について調べているのでこのような記事があることに、とても感激しました。ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【八ヶ岳】美濃戸~行者小屋~阿弥陀岳~赤岳、登山のご案内 | トップページ | 八ヶ岳、赤岳周辺の高山植物 »