至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 浅間山付近の高山植物です。 | トップページ | 【仙丈ケ岳】南アルプス、仙丈ケ岳に日帰りで行ってきました。 »

2012年6月29日 (金)

八ヶ岳、赤岳周辺の高山植物

120626_141127000_2

今週、阿弥陀岳~赤岳をまわってきましたが、その時に撮影した高山植物と、3年前の7月に撮影した高山植物を掲載いたします。6月下旬の花と、7月下旬の花をお楽しみください。(以下の写真はクリックすると大きくなります。)

花の写真を見て、心休めてくださいな。

[PR] 毎日の運勢やお話が無料メルマガで届きます。


まず、6月下旬の高山植物です。

120626_084612ヤツガタケキスミレ|「八ヶ岳黄菫」。八ヶ岳周辺の固有種で、キバナノコマノツメとよく似ていますが、花びらの下が太いです。6月には稜線ではまだ咲いていませんが、南沢で見かけることができます。






120626_122919コイワカガミ|「小岩鏡」。中岳付近で見かけたものです。葉に光沢があり、鏡のようですので、この名前がついています。浅間山連山にもありましたね。







120626_123643キバナシャクナゲ|「黄花石楠花」。中岳から赤岳へ登っている途中のハイマツ帯で見かけました。高山帯のハイマツの淵にそって、よく見かけます。夏には花が終わるので、緑の葉ばかりです。浅間山にあったのはハクサンシャクナゲです。





120626_124712 イワウメ|「岩梅」。岩に食いつくように、カーペットみたいに、へばりつきながら生えている小さな木です。赤岳直下の岩稜でみかけました。いつも、これを見ると、急な岩登りの時に勇気が出ますね。






120626_141127000_3オヤマノエンドウ|「御山豌豆」。(冒頭の写真と重複します)赤岳の北斜面、赤岳展望荘に下る途中で、大きな群落を見かけました。それでも、これは、その一部です。赤岳周辺は青紫ですが、北アルプスでは赤紫のもあります。高山帯の風の強いところに地面を這うようにして生えています。






ここから、7月下旬の高山植物です。

090720_104343ヤツガタケキスミレ|「八ヶ岳黄菫」。6月下旬では、南沢に見かけましたが、一ヶ月後には、標高が高いところで咲いていました。中岳と阿弥陀岳分岐近くです。







090720_113655イワベンケイ|「岩弁慶」。阿弥陀岳の絶壁に張り付くようにして生えていました。岩が崩れてもぎ取られても生え続けることができて、とても強い高山植物なので「弁慶」という名があるそうな。しかし、いつも、コワイ絶壁に咲いていますな。






090720_130144コマクサ|「駒草」。中岳と赤岳のコルの砂地にヒッソリと咲いていました。高山植物の女王と言われております。八ヶ岳では、根石岳付近や、硫黄岳から横岳の大ダルミに大きな群生地があります。






Image012チョウノスケソウ|「長之助草」。赤岳南面の鎖場の手前に咲いていました。高山帯の砂礫や岩場でたまに見かけます。チングルマと間違うこともありますが、葉が違うので、すぐに区別がつきます。「ミヤマチングルマ」ともいいますので、間違っても不思議ではないですね。







今日も、高山帯の代表格の高山植物がいっぱい。ちょっとレアなのもありましたが、たまに当ブログで紹介しますので、お楽しみに。最近、ガンガン山に入っていますので、カメラがあるときは撮ってきます。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 浅間山付近の高山植物です。 | トップページ | 【仙丈ケ岳】南アルプス、仙丈ケ岳に日帰りで行ってきました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浅間山付近の高山植物です。 | トップページ | 【仙丈ケ岳】南アルプス、仙丈ケ岳に日帰りで行ってきました。 »