至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 金星日面経過|金星太陽面通過です・・が。 | トップページ | 【辻説法】夢を語る。夢で予言 »

2012年6月 7日 (木)

【白馬岳】白馬岳6月の展望

120604_125805

白馬岳(2932m)から、6月の展望をお送りします。雪山を眺めて、スカッとジメジメを吹き飛ばしてくださいな。
上の写真は、白馬岳のお隣の旭岳(2867m)から奥に清水岳(しょうずだけ 2603m)を望む稜線です。白馬岳山頂付近は、すっかり雪がありませんが、周囲は残雪がいっぱいです。

[PR] 毎日の運勢が無料メルマガで届きます。

120604_130619雪倉岳~朝日岳方面ですが、残念ながら雲の中です。写真の稜線は、鉢ヶ岳(2563m) と、富山県側(この写真の左側)に長池のある平らです。鉢ヶ岳からは朝日岳を越えて、日本海に通じる、「栂海新道」が伸びています。積雪期は、鉢ヶ岳山頂を通過しますが、夏道は、新潟県側(この写真の右側)をトラバースするようになっています。この稜線は、富山県と新潟県との県境です。

120604_130506小蓮華山(2769m)へと続く稜線。この先は、白馬大池から栂池や蓮華温泉へとつながっています。この稜線は、新潟県と長野県の県境です。白馬岳の北側に三国境の分岐があり、ここで、三県が交わるところです。

120604_123228おなじみの、剣岳、立山方面です。雲がかかっていて残念ですが、6月の天気は変わりやすくて困りますね。手前のピークは丸山で、白馬岳から杓子岳、白馬三山の縦走路です。

120604_115327村営頂上宿舎付近から撮った、杓子岳(2812m)と奥に白馬鑓ヶ岳(2903m)です。

120604_123523白馬山荘から白馬岳の風景です。

白馬大雪渓の記事もごらんください。 こちらをクリックです。

尊無上亜甲中玄   玄上

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

   

« 金星日面経過|金星太陽面通過です・・が。 | トップページ | 【辻説法】夢を語る。夢で予言 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 金星日面経過|金星太陽面通過です・・が。 | トップページ | 【辻説法】夢を語る。夢で予言 »