至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 【白馬岳】夏の白馬岳の稜線は一面に高山植物が咲いています。 | トップページ | 【甲斐駒ケ岳】北沢峠~甲斐駒ケ岳(双児山~駒津峰) »

2012年7月25日 (水)

【甲斐駒ケ岳】南アルプス甲斐駒ケ岳に日帰りです。

120725_133542
今日は南アルプス甲斐駒ケ岳(2967m)に日帰りで行ってきました。5時過ぎに白馬を出発して、伊那の8時5分発の南アルプス林道バスに乗って北沢峠へ。北沢峠を9時過ぎに出発。14時45分頃に走って北沢峠に降りてきて、15時のバスに何とか間に合いました。
夏の時期に午前9時出発というのは、雷雨のリスクを考えるとちょっと危ないですね。夏山の鉄則は、「早出早着」です。早出とは、次の山小屋に午後2時には着けるように、早朝に出発することです。
今日も、午後から雷雨の予報が出ていたのですが、なんとか、雲行きが安定していたので甲斐駒ケ岳山頂でおまいりして、2時間で北沢峠に戻ってきました。

[PR] 毎日の運勢やお話が無料メルマガで届きます。

甲斐駒ケ岳は元々から信仰の山で、今から18年ほど前までは、静岡を離れたら、甲斐駒ケ岳が見え、常に登ることができるところに行くことができればと考えていたのですが、「日本海の見える鹿島」ということで、北安曇野、白馬にいることになったわけです。
ですから、甲斐駒ケ岳への思いも、私にとって感慨深いものがあるのです。


明日から、順次整理して、展望や行程、高山植物の写真や記事を掲載しますのでお楽しみに。

続き(登山解説写真記事)を読む。


尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 【白馬岳】夏の白馬岳の稜線は一面に高山植物が咲いています。 | トップページ | 【甲斐駒ケ岳】北沢峠~甲斐駒ケ岳(双児山~駒津峰) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【白馬岳】夏の白馬岳の稜線は一面に高山植物が咲いています。 | トップページ | 【甲斐駒ケ岳】北沢峠~甲斐駒ケ岳(双児山~駒津峰) »