至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 今年も、ゆりが満開です。 | トップページ | 【唐松岳】八方尾根から唐松岳登山。写真で御案内 »

2012年7月16日 (月)

【唐松岳】唐松岳へ行ってきましたぞ。

120716_105211

今日は、海の日。富山県側は良いお天気。長野県側はアルプスが作った雲に覆われていましたが、予報は一日中晴れと言うことで、唐松岳へ行ってきました。唐松岳からは、剣岳・立山連峰などの120716_110419富山県側の北アルプスは良く見えましたが、 長野県側は、左の写真のような感じで、半分だけ見えていました(笑)。この写真は、天狗の頭~不帰の剣の方面で、左が富山県、右が長野県です。写真はクリックすると大きくなります。

八方アルペンラインで、標高1800mを越えるところまで上げてもらえるので、残りは標高差800mほど。朝一番に出発すれば、日帰りも可能なコースです。また、北アルプスにしては比較的易しいルートですから、体力に応じて、日帰りや山小屋泊まりで人気のコースです。

[PR] 毎日の運勢やお話が無料メルマガで届きます。

今日は、午前7時30分頃にグラードクワッド終点の八方池山荘を出発し、唐松岳到着が、午前10時45分頃。山頂で1時間ほど、くつろいだ後、午後2時ごろに、八方池山荘に戻ってきました。ちょっとのんびりしすぎましたかな(笑)。

ただ、これからの夏場は、午後からの雷雨がある時が多いので、行動を午後2時ごろまでに切り上げなければなりません。八方尾根は雷から隠れるところが少ないので、午後2時を回るようでしたら、唐松岳頂上山荘か八方池山荘に宿泊される計画のほうがいいです。

では、また、明日にでも詳細を記事にします。高山植物の写真もいっぱい撮ってきていますので、いずれ、写真記事にします。お楽しみに。

続きを読む(写真でご案内)。

八方尾根~唐松岳周辺の高山植物を読む。


尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 今年も、ゆりが満開です。 | トップページ | 【唐松岳】八方尾根から唐松岳登山。写真で御案内 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年も、ゆりが満開です。 | トップページ | 【唐松岳】八方尾根から唐松岳登山。写真で御案内 »