至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 【甲斐駒ケ岳】北沢峠~仙水峠~駒津峰、写真解説です | トップページ | 【八ヶ岳】夏沢の渓流から暑中お見舞い申し上げます。 »

2012年7月29日 (日)

南アルプス、甲斐駒ケ岳周辺の高山植物

甲斐駒ケ岳周辺は、白馬岳や八方尾根のようにお花畑のような大きな群生はないのですが、登山道脇に、ところどころ咲いています。山頂付近は、殺風景ですが、砂礫に生える植物がありました。では、甲斐駒ケ岳付近の高山植物をご覧ください。各写真はクリックすると大きいのを見ていただけます。

[PR] 毎日の運勢やお話が無料メルマガで届きます。


120725_104239 ゴゼンタチバナ|御前橘。双児山から駒津峰への鞍部の途中の樹林の中に見かけました。仙水小屋付近にも見ることができます。




120725_104304 ツマトリソウ|端取草。さきほどのゴゼンタチバナの近くに咲いていました。登り返しでキツイところを励ましてくれます。




120725_132236ミヤマダイコンソウ|深山大根草。駒津峰から六方石へと下る途中のやせ尾根の足元の絶壁を覗き込んだら、なんとまあ、危ないところに咲いていました。高山植物はどうしてこんな危ないところに咲くのでしょう(笑)。




120725_111249 ハクサンシャクナゲ|白山石楠花。駒津峰から六方石へ向かう樹林に咲いていました。今が花盛りですね。






120725_114645キバナノコマノツメ|黄花の駒の爪。甲斐駒のキスミレです。キスミレは山域のよって固有種が多く、色々な亜種があります。六方石からマキ道に入ったところに咲いていました。




120725_115419タカネツメクサ|高嶺爪草。マキ道へ入ったところの砂礫に変わるところに咲いていました。咲き始めたところのようです。





120725_120603ツガザクラ|栂桜。北アルプスにも八ヶ岳にもありましたね。マキ道の岩肌に咲いていました。






120725_120630イワツメクサ|岩爪草。高山帯の岩礫や砂礫に咲く花です。マキ道の砂礫地に咲いていましたが、摩利支天分岐を過ぎて、山頂に向かうところでは、もうちょっと大きな株があり、そちらを撮影しておけばよかったと思いました。かなり高山にしか見られない植物です。

120725_120655ハクサンイチゲ|白山一花。マキ道の南斜面の草地に咲いています。甲斐駒の界隈では、このあたりが一番多く、他では見かけなかったような気がします。





120725_121005摩利支天分岐付近にあった高山植物です。甲斐駒には高山植物が少ないので撮ってきましたが、何やら珍しそうな植物です。これは何でしょう?ご存知の方がおられましたらコメントくださいな。



120728_121332タカネバラ|高嶺薔薇。駒津峰から仙水峠への下りの樹林に入る上のほうに咲いていました。





120728_134059バイカオウレン|梅花黄蓮。仙水小屋から下の渓流沿いに咲いていました。小さなかわいい花です。





こうしてみると、花が少ないといわれる甲斐駒付近にも、意外と高山植物がたくさんの種類が咲いていました。この写真の他、ミヤマツメクサやコイワカガミも咲いていました。登山道脇の草花はいつも登りの苦しさを忘れさせてくれますね。夏山は花がいっぱいの日本アルプスです。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 【甲斐駒ケ岳】北沢峠~仙水峠~駒津峰、写真解説です | トップページ | 【八ヶ岳】夏沢の渓流から暑中お見舞い申し上げます。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【甲斐駒ケ岳】北沢峠~仙水峠~駒津峰、写真解説です | トップページ | 【八ヶ岳】夏沢の渓流から暑中お見舞い申し上げます。 »