至心玄道公式サイト

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 【甲斐駒ケ岳】北沢峠~甲斐駒ケ岳(双児山~駒津峰) | トップページ | 【甲斐駒ケ岳】北沢峠~仙水峠~駒津峰、写真解説です »

2012年7月27日 (金)

こよみ|今日は土用の丑

合掌

今日は土用の丑。うなぎを食べる日であります・・でもありますが、「う」がつくものをを食べる日です。
うなぎを食べてスタミナをつけて夏を乗りきりましょう・・と、申したいところですが、土用の丑の今日、たまの一日食べてもスタミナがつくのかと疑問に思うので、夏場は時々食べて栄養をつけたほうがいいですね。でも、私はうなぎ屋さんの回し者ではありません(笑)。

ところで、スタミナもいいのですが、十分な水分補給や塩分、ミネラルの補給を怠らないようにしましょう。一日山を歩くと、ザックの肩の部分の汗が蒸発し、それを繰り返しているうちに、塩がたまってきます。気がつかないうちにかなりの塩分が出て行ってしまうことがわかります。

なんやらだるいと思って、スタミナドリンクばかり飲んでいても、だるさは解消しません。多量の水分と共に、あれだけの塩分が出るわけですので夏は大変です。そして、カリウムも出てしまっては、筋肉がひきつったりしやすくなります。それには、よくしたもので、夏の食べ物、スイカやメロンです。

と、いうわけで、私の「う」のつく食べ物は「梅干」です。神奈川県の方から、「かながわ名産百選・曽我の梅干」を送ってくださって、これがまた大きな梅干で、直径が卓球のボールより大きいのです。また、和歌山から「紀州名産・女松梅干」もご馳走になっております。皆様ありがとうございます。

梅干のあの酸っぱさや適度な塩分は、熱中症予防に効きそうです。また、私の場合、味噌と共に梅干もたんぱく源としております。動物性タンパク質より植物性たんぱく質のほうが、山を駆け巡るための良い筋肉ができそうな気がしております。

おっと、お話が、土用の丑から栄養のお話になってしまいましたが、暑さに負けない体作りも心がけてくださいな。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 【甲斐駒ケ岳】北沢峠~甲斐駒ケ岳(双児山~駒津峰) | トップページ | 【甲斐駒ケ岳】北沢峠~仙水峠~駒津峰、写真解説です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【甲斐駒ケ岳】北沢峠~甲斐駒ケ岳(双児山~駒津峰) | トップページ | 【甲斐駒ケ岳】北沢峠~仙水峠~駒津峰、写真解説です »