至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 【大雪渓】お盆が過ぎた頃の白馬大雪渓です。 | トップページ | 【仙丈ケ岳】南アルプス、8月の仙丈ケ岳です。 »

2012年8月22日 (水)

【仙丈ケ岳】仙丈ケ岳のライチョウ(雷鳥)です。

120822_132600

今日は、南アルプスの仙丈ケ岳(3033m)へ白馬から日帰りで登ってきました。小仙丈ケ岳から下る途中に、二羽の雷鳥に出くわしましたので、その写真を掲載します。手を出せば捕まえることができそうな至近距離でポーズを作ってくれましたぞ。(以下の写真はクリックすると大きくなります。)




120822_132149登山道脇の草を食べている二羽の雷鳥。私に全然気がつかずに、食べながらもだんだん接近してくるではないか。





120822_132342やがて、一羽がハイマツを見つめ・・ハイマツの中から、ハイマツに登っていったのです。






120822_132523ハイマツの中から上に現れたら、私のほんのすぐそばでポーズを作ってくれました。さらに・・






120822_132618「野生の雷鳥が、こんなに人に接近していいのかな?」と、思わせるほど、近づいてきたのです。私の頭に登ってしまいそうな雷鳥です。

どうも、今年は雷鳥に好かれるみたいです。杓子岳から帰りの丸山の登りでは、歩いている前後を雷鳥に囲まれて、一緒に歩いて、なんだか、雷鳥になった気分になったりと、ずんぐりしてかわいいものです。(雷鳥は、特別天然記念物ですので、獲ってはダメです。)

さて、6月の終わりにも仙丈ケ岳に行ってきましたが、この8月の終わりは高山植物も大きく様変わりしています。南アルプス三千メートルの巨峰「仙丈ケ岳」の日帰りの説明と今の時期の高山植物のお話は後日しますのでお楽しみに。

初秋の南アルプス三千メートルの高山植物の写真を見る。

2012/6月初めの北アルプス白馬岳の雷鳥の写真記事を見る。 

2012/7月の北アルプス杓子岳付近の雷鳥の写真記事を見る。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 【大雪渓】お盆が過ぎた頃の白馬大雪渓です。 | トップページ | 【仙丈ケ岳】南アルプス、8月の仙丈ケ岳です。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【大雪渓】お盆が過ぎた頃の白馬大雪渓です。 | トップページ | 【仙丈ケ岳】南アルプス、8月の仙丈ケ岳です。 »