至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 北アルプス、栂池自然園~白馬大池~小蓮華山の高山植物。初秋編 | トップページ | 【紅葉】北アルプス、白馬岳周辺の紅葉のご案内。 »

2012年8月29日 (水)

北アルプス、三国境~白馬岳~大雪渓の高山植物。初秋編。

120826_131537

 昨日の栂池自然園~白馬大池~小蓮華山の高山植物の続き。本日は、小蓮華から、三国境、白馬岳を経て大雪渓へと下る途中の高山植物の初秋編です。

 村営白馬岳頂上宿舎から下の登山道脇には、雪田や雪渓の雪融けと共に、たくさんの高山植物が咲き乱れています。上の写真は、村営白馬岳頂上宿舎の上の雪渓が融けたあとにお花畑になっているミヤマキンポウゲの黄色いジュータンです。

[PR] 毎日の運勢やお話が無料メルマガで届きます。

120826_123601イワベンケイ|岩弁慶。三国境から白馬岳に登る途中の富山県側に咲いていました。奥にウルップソウの花が終わった株も写っています。後ろの山腹は旭岳です。

120826_131448 ミヤマキンポウゲ|深山金鳳花。白馬山荘から村営宿舎に下る稜線から外れた雪渓が融けたあとに見事な大群生地があります。雪融けと共に咲いてくるので、長い期間楽しめます。

120826_131857タカネシオガマ|高嶺塩竈。別名「ユキワリシオガマ」雪渓の雪融けのあとに咲いてきます。大きくて密度の高い立派な株が稜線から村営宿舎に下る途中にありました。タカネシオガマの花束です。携帯のカメラなので実物は赤紫なのですが青紫になってしまっています。

120826_131809ウサギギク|兎菊。稜線から村営宿舎に下る途中に咲いていました。高山の可憐な菊です。

120826_132033ハクバブシ|白馬付子。タカネトリカブトの一種です。初秋の今頃は、村営宿舎下の昼寝岩付近の登山道脇は、この紫のハクバブシと白いウラジロタデやオオカサモチなどのシシウド類のお花畑が見事です。

120826_132234ハクサンフロ|白山風露。昼寝岩付近の登山道脇に咲いていました。雪渓の跡は、秋でも高山植物でいっぱいです。

120826_132833オタカラコウ|雄宝香。昼寝石付近の登山道脇に咲いていました。香料となる黄色い花の植物なので、こういう名前になっているそうです。秋の高山植物です。白いセリ科の花は、傘を広げたようなので、オオカサモチです。ミヤマシシウドとよく似ています。

120826_142310 シロウマタンポポ|白馬蒲公英。大雪渓上部、葱平の下に咲いていました。


以上のほかにも、白馬山荘付近にはトウヤクリンドウや、まだミヤマクワガタも残っていました。

栂池自然園~白馬大池~小蓮華山~白馬岳の登山写真記事を読む。


尊無上亜甲中玄   玄上


雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

   

« 北アルプス、栂池自然園~白馬大池~小蓮華山の高山植物。初秋編 | トップページ | 【紅葉】北アルプス、白馬岳周辺の紅葉のご案内。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北アルプス、栂池自然園~白馬大池~小蓮華山の高山植物。初秋編 | トップページ | 【紅葉】北アルプス、白馬岳周辺の紅葉のご案内。 »