至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 【仙丈ケ岳】仙丈ケ岳のライチョウ(雷鳥)です。 | トップページ | 南アルプス、仙丈ケ岳の高山植物。初秋編 »

2012年8月23日 (木)

【仙丈ケ岳】南アルプス、8月の仙丈ケ岳です。

120822_120829

昨日、北沢峠から仙丈ケ岳(3033m)をピストンしてきました。6月の終わりに行ったときと比べると、残雪も無くなり、高山植物も夏花から秋の花へと衣替えしていました。

南北問わず、今年の8月の日本アルプスは天候が優れずに、展望の良い日時が限られてしまいました。私も、360度晴れ渡るという日に遭遇していません。展望どころか、逆に、雷雨の危険のほうが多い今年の8月です。

ところで「雷鳥」という名は、雷雨の前触れの時によく現れることに由来があるそうです。なるほど、ガスがわいている時に良く見かけます。
小仙丈ケ岳の雷鳥の写真記事を読む

120822_104321伊那、旧長谷村をバスで出発した時は快晴でしたが、小仙丈ケ岳への森林限界を越えたところからガスがわき始めました。でも、甲斐駒ケ岳を望むことができました。






120822_111339_2小仙丈ケ岳山頂からは、小仙カールが印象的な仙丈ケ岳を望むことができました。







120822_111406北岳(3193m)や間ノ岳(3189m)も望むことができました。が・・







120822_115612仙丈ケ岳の稜線にもガスがかかり始めました。








120822_125336帰り道、小仙丈ケ岳を正面に、藪沢の谷から湧き出るガスです。仙人ではないので、これを食っても満腹にはなりません(笑)。





尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

 

« 【仙丈ケ岳】仙丈ケ岳のライチョウ(雷鳥)です。 | トップページ | 南アルプス、仙丈ケ岳の高山植物。初秋編 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【仙丈ケ岳】仙丈ケ岳のライチョウ(雷鳥)です。 | トップページ | 南アルプス、仙丈ケ岳の高山植物。初秋編 »