至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 亜甲中玄|三日間の山中大玄行「徳成大玄行」です。 | トップページ | 【紅葉】9月、白馬大池周辺の草紅葉が真っ盛りです。 »

2012年9月13日 (木)

【白馬岳】紅葉迫る、9月中旬の白馬岳。草紅葉です。

120913_113300

今日も、白馬岳に日帰りしてきました。猿倉から往復6時間半で駆け巡ってきました。山頂で40分ほどとどまってしまったので、それを短縮すれば、ひょっとして6時間を切れるかもしれませんね。時間を競っているわけではないですが、挑戦してみるのも面白いかな。
さて、稜線はすっかり草紅葉です。途中の登山道脇の紅葉は、まだ冷え込まないせいか、緑のナナカマドも多いですが、来週の雨の後から紅葉のスイッチが入るかもしれません。上の写真は、白馬岳の山頂から、旭岳をバックに草紅葉です。

[PR] 毎日の運勢やお話が無料メルマガで届きます。


120913_095646小雪渓上部の避難小屋近くのナナカマドです。ちらほらと紅葉していますが、ほとんど緑のままです。でも、どのナナカマドも、実が赤くてきれいです。

120913_100249紅葉の秋も間近ですが、小雪渓上部から村営宿舎の間は、まだ花が咲いています。避難小屋から少し上がったところの水場付近にはミソガワソウが咲いていました。

120913_102114稜線に出るまで晴れていて、久しぶりに、杓子岳と白馬鑓を望む事ができたのですが、稜線に出たとたん、「あ、剣岳・・・」と、一面ガスに覆われてしまいました。今年は展望のない日が多いです。

120913_103452展望の悪い時は、花を楽しんでください。まず、村営宿舎付近のイワキキョウです。

120913_103535ウサギギクも咲いていました。

120913_103621 稜線に出るまでは、秋というのに、ウルップソウも頑張って咲いていました。ところが・・・

120913_105927稜線に出ると、一面の草紅葉。冷たい風が吹いて、なんとか、トウヤクリンドウが疎らながらに咲いていました。稜線は、いつ雪が来てもおかしくない雰囲気になっています。

120913_112135 稜線に出るまでの気温は高めですが、前線が通過するたびに冷え込みが厳しくなります。あたたかいと思っていても、突如と雪になる事もある北アルプスの稜線です。

091010_120044この写真は2009年10月10日の吹雪の中の山頂です。ですごい冷風雪でしたが、こうなると、冬山装備と体力が必要ですね。2011年は10月3日に吹雪になってこのようでした。秋の北アルプス登山は突如とこうなりますから、装備と計画は万全に。



2012年北アルプス紅葉②白馬岳の紅葉、真っ赤なナナカマドを読む。

2012年北アルプス紅葉③剣岳、早月尾根の紅葉を読む。

2012年北アルプス紅葉④雪と紅葉の白馬岳。三段紅葉を読む。

2012年北アルプス紅葉⑤白馬連峰を駆け下る紅葉を読む。


【注意】秋に北アルプスに登山される方はこのリンクを必ずお読みください。

10月に計画されている方はこのリンクも必ずお読みください。2011年の初冠雪と10月の白馬岳登山の注意事項解説を読む。


尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 亜甲中玄|三日間の山中大玄行「徳成大玄行」です。 | トップページ | 【紅葉】9月、白馬大池周辺の草紅葉が真っ盛りです。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 亜甲中玄|三日間の山中大玄行「徳成大玄行」です。 | トップページ | 【紅葉】9月、白馬大池周辺の草紅葉が真っ盛りです。 »