至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 【紅葉】2012年北アルプス紅葉②白馬岳の紅葉。真っ赤なナナカマド。 | トップページ | 【剣岳】早月尾根から北アルプス剣岳日帰り。写真で登山解説。 »

2012年10月10日 (水)

【紅葉】2012北アルプス紅葉③剣岳、早月尾根の紅葉

121010_094545
今日は白馬を朝の4時半に出て、富山県の上市町の山奥にある馬場島を7時前に出発し、早月尾根から快足を飛ばして、「岩と雪の殿堂」ともいわれる北アルプス剣岳(2999m)を日帰りしてきました。紅葉の様子を掲載します。
上の写真は、早月小屋付近から、ナナカマドの紅葉と、手前に2600m峰、奥に剣岳。左に小窓尾根の岩峰です。

[PR] 毎日の運勢やお話が無料メルマガで届きます。

剣岳はその昔から行者の山です。弘法大師が千足のわらじをしても登り得なかったとされる厳しい山で、人を寄せ付けない岩壁と雪。近年ではルートが整備されていますが、岩に阻まれる事も多く、そのルートでも難所が待ち構えています。そこでは、毎年、滑落遭難事故が発生しています。
早月尾根ルートを日帰りで行く場合は、かなりの健脚が必要になります。簡単に考えてしまわないように。剣岳まで行く場合は早月小屋泊りが適当です。
2012年は10月7日で早月小屋は終了していますし、10月中旬に初冠雪も来ています。遭難防止の観点から、剣岳方面の登山計画は来シーズンに。剣岳周辺の積雪期の入山は富山県の条例により定められた書類を届出し、入山が適当と認められた承認印が必要です。


121010_090540登り始めはうっそうとした樹林の早月尾根ですが、高度を上げるにしたがって、開けてきます。馬場島の早月尾根の登り始めは標高760m。2000mが近づくと紅葉の中の登山道になります。紅葉が、急登りの苦しみを和らげてくれます。






121010_103100早月尾根の山腹の紅葉と、奥に、剣岳本峰です。









121010_103652ナナカマドの紅葉と剣岳本峰です。









121010_110314とにかく剣岳は岩がすごいですね、早月尾根もこの先は、岩場になります。難所「エボシ岩」の岩峰、「獅子頭」の岩登り、高度感のある「カニノハサミ」の通過が次から次へと登場しますので、紅葉を楽しむどころではないかもしれませんね。


この剣岳の写真記事を読む。

2012年北アルプス紅葉②白馬岳の紅葉、真っ赤なナナカマドを読む。

2012年北アルプス紅葉④雪と紅葉の白馬岳。三段紅葉

北アルプス紅葉⑥扇沢バスターミナル~鹿島槍稜線からの紅葉。


尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

 

« 【紅葉】2012年北アルプス紅葉②白馬岳の紅葉。真っ赤なナナカマド。 | トップページ | 【剣岳】早月尾根から北アルプス剣岳日帰り。写真で登山解説。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【紅葉】2012年北アルプス紅葉②白馬岳の紅葉。真っ赤なナナカマド。 | トップページ | 【剣岳】早月尾根から北アルプス剣岳日帰り。写真で登山解説。 »