至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 日本三大急登というけれど。 | トップページ | 【白馬】雪と紅葉の北アルプス山麓です。2012 »

2012年11月11日 (日)

日本百名山というけれど。

121012_111056 昨日は日本三大急登についてお話しましたが、私から見た日本百名山のお話です。日本三大~や百名山とは意識しないで山に出向いていますが、数えてみると、アルプス系の日本百名山は知らないうちに登ってしまっているし、アルプス系以外も含めると、気がつけば35座登っておりました。あとで「へー百名山だったんだ」(笑)と気づいた山もあるし、四阿山のように山頂に立って、山頂標識に書かれているのを見て始めて知ったのもあります。(写真は白馬岳山頂です)

121006_082821しかも、 白馬岳や塩見岳のように何度も繰り返し足を運んでいたり、毎年足を運んでいるところもあったりして、数え切れないですね。百名山コレクターは1座1回の登頂が多いと思いますが、私の場合はそうではないので、その35座は必ず複数回は訪れています。(写真は塩見岳西峰山頂から富士山を望む)

121010_122559 今、日本百名山といわれているのは、深田久弥氏の書物にあるもので、日本百名山というより深田百名山と呼ぶほうが正しいような気がします。HNKが日本百名山として放送してしまったものですから、そうなってしまったのかもしれませんが、テレビに流される人の心は弱いものですな。(写真は剣岳山頂です)

120929_120838 選挙の時でもテレビに流されてしまい日本が傾いてしまう要因のひとつでもあろう。情報を得るためのものがかえって混乱させてしまっていることに誰も気がついていないかもしれない。テレビもネットも情報を得る道具であり、それが絶対的とは限らないわけです。(写真は甲斐駒の山頂です)

121022_123829 野暮ったいお話になってしまいましたが、それはさておいて、今年は、白馬岳数十回、仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳、浅間山、赤岳、それぞれ2~3回、塩見岳、四阿山(吾妻山)、鹿島槍ヶ岳、剣岳など、10座ですが、百名山を除いたのを加えると、山頂に立った回数は百名山(笑)です。(写真は鹿島槍北峰山頂から五竜~白馬岳への稜線を望む)

100518_132530それにしても、「三大~」とか、「百名~」とか、人の心理は面白いものです。そういうのは人間が決めたものであって、それらにとらわれてしまうから、見過ごされがちであるが、いくつもの知られざる素晴らしい自然がある。固定されたる概念に流されない強い心で大自然を見つめていたいものであります。(写真は四阿山山頂から浅間山を望む)

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 日本三大急登というけれど。 | トップページ | 【白馬】雪と紅葉の北アルプス山麓です。2012 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本三大急登というけれど。 | トップページ | 【白馬】雪と紅葉の北アルプス山麓です。2012 »