至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 大雪の日のおおげさに見える写真です。 | トップページ | 【流星群】12月のふたご座の位置。どこにあるのか解説。 »

2012年12月10日 (月)

【辻説法】就活を成功させよう。最近の天気予報にみるまちがい。

 この頃の天気予報はニュージーランドみたいに、前日は「明日は曇り、ところにより雨」であっても、当日晴れれば「今日は晴れ」ってな感じになりつつあるように思うこの頃です。

 なんだか、気象予報士というペーパー上の資格ばかりが先立って、ろくに予報もできないようになっているように思えてなりません。レーダーやアメダスは便利になりましたが、それらや天気図の読み方を知っているのかさえ疑問です。資格上での読み方は知っていても、実践上では通用していないように思います。

 テレビを見ていても、11月下旬のことですが、予報士のおねえさんが出てきて「この高気圧とで、西高東低となり、日本海側で雪になる所もあるでしょう。」とか言っているのを見て、失礼だがブフッと笑ってしまうこともあるこの頃。「その高気圧の西高東低では雪なんぞもたらさないぞ。揚子江気団の高気圧じゃないか。」と、案の定、その翌日は雪どころか晴れましたね。そうすると、次の日には「今日は晴れでしょう」とさ・・(笑)

 気象予報だけではなく、日本のこの頃は技術力の低下が目に付きます。これについては、プレミアムメルマガ「玄上の運命を良くするお話」の12月のシリーズ「平成25年の展望」にてお話します。

 さて、今日も大雪です。12月上旬にこれだけ積もってしまうのは近年めずらしいです。周囲の県では「大雪警報」が出ているのに、それ以上に積もっている長野県北部には警報が出ていない。それどころか、昨日の午前9時から警報注意報の更新がされていない。さぼっているのかな(笑)。

121210_103306 今朝も5時から除雪作業しました。この軽バンのタイヤハウスが見えないくらいに積もっていたわけですが、除雪後10時にはもうこんなに積もってしまいました。今も降り続いていますが、この雪も今夜あたりから小康状態になるでしょう。

 最近は、レーダーや天気図、衛星画像がネットで見る事ができるので便利になったものです。天気図を書かなくても、そういう情報が手に入って助かります。にわかに勉強して取れる気象予報士の予報はあてにはしていない。自分で判断したほうが良くあたる。そういえば、若い頃は天気図を書くのは早かった私です。15時にラジオを聴いて書き始め、15時半までには等高線も描き終えておりました。今ではしばらくご無沙汰しているので15時40分までかかるかな?なぜ、そんなに急ぐか?山の飯が冷めてしまうじゃないか(笑)。

 知恵のない知識は役に立たないどころか、資格があるのでできるつもりでいることの恐ろしきこと。天気予報は外れてもいいだろうが、外れてはいけない業種もあろう。「一所懸命やっているのに・・・」、できているつもりを省みない限りは、技術力の低下の歯止めはかからない。

 就活のこの頃ですので、行者から一喝。就職したからいいのではない。使えなくてはならないのです。ここだけの話、いくつかの企業の人事担当の方や、複数の大学の研究室の先生も曰く、最近よく聞く言葉「最近、使えない人が増えてきた。それでもって、本人はできているつもりでいる。困ったものです。使えるのは10人いれば1人ぐらいかな・・」

 というわけで、「自分ではなく、相手企業が『使える人』と思ってくれるように」を目指すのですぞ。そうすれば就活は成功する。逆に、やってはいけないこと・・履歴書の送りすぎは、自ら就職先の可能性を摘み取っているようなものです。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 大雪の日のおおげさに見える写真です。 | トップページ | 【流星群】12月のふたご座の位置。どこにあるのか解説。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大雪の日のおおげさに見える写真です。 | トップページ | 【流星群】12月のふたご座の位置。どこにあるのか解説。 »