至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月31日 (金)

【白馬岳】5月~6月の白馬岳山頂からの展望

130531_125939

今日(2013/5/31)、白馬大雪渓から白馬岳をピストンしてきました。展望の写真を掲載いたします。

最初の写真は剣岳~立山方面です。なんといっても、白馬岳からの剣岳・立山連峰の勇壮は見事です。

130531_125922雪倉岳~朝日岳方面です。空が青と濃い青の二層になっていますが、下の濃い青は空ではありません。日本海です。

130531_130135黒部川源流方面です。遠くに水晶岳や、黒部五郎岳などが写っております。中央に黒部ダムと黒部湖が写っています。


今の時期の白馬大雪渓は、夏以上に体力を消耗します。また、雪の急斜面がありますので、山スキーのできる人や、ピッケルと12本爪アイゼンを使える人でないと、ちょっときついかもしれません。

昨年に、6月上旬の大雪渓の記事を載せていますので参考にしてください。【こちら

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

 

2013年5月28日 (火)

【白馬岳】白馬岳山頂から見た三つのやりがたけ。槍ヶ岳・鑓ヶ岳

130524_125811

2013/5/24の白馬岳山頂(2932m)から、北アルプスを一望した写真です。

手前左から「杓子岳(2812m)」、中央に「白馬鑓ヶ岳(2903m)」、そのすぐ左上に「鹿島槍ヶ岳(2889m)」の双耳峰、ずっと右に「蓮華岳(2799m)」、その奥に蓮華岳に乗っかるように淡く映っているのが槍・穂高連峰で、一番右の尖峰が「槍ヶ岳(3180m)」です。

しろうまやりがたけ、かしまやりがたけ、やりがたけ・・と、三つの「やりがたけ」を見ることができる白馬岳の山頂です。

130524_0748142013/5/24の白馬大雪渓です。この写真は白馬尻付近です。白馬尻小屋は、まだ雪の下に埋もれています。2号雪渓出合上部から葱平から小雪渓非難小屋(まだ埋もれている)までは、急峻な雪面となっています。その区間は、夏道が出てくるまでの、もうしばらくの間は、軽アイゼン不可で12本アイゼンが必要です。また、滑落防止にピッケルとそれを使いこなす技術が必要です。初めての方は経験者同伴でザイルでアンザイレンが安全です。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年5月26日 (日)

【四阿山】タカネザクラです。

130526_130229

四阿山付近の5月下旬から6月上旬にかけてタカネザクラが咲きます。桜の中では最も標高の高いところに咲くといわれています。桜の後ろの山は根子岳です。

130526_100839今日は根子岳から四阿山を駆け巡ってきました。このコースの解説はこちら



130526_104808 5月下旬は四阿山の北斜面には、まだ残雪が多く残っています。昨年より多いですね。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

 

2013年5月24日 (金)

【白馬】明日は白馬連峰開山祭です。5月下旬白馬大雪渓近況。

明日5月25日(土)は、2013年白馬連峰開山祭「第47回貞逸祭」です。と、いうわけで、今日は白馬大雪渓から白馬岳を日帰りしてきました。

130524_125159 猿倉林道の途中から白馬山荘まで、ずっと雪で足に堪えました。特にこの時期は、葱平の下から小雪渓の上までの急な雪斜面がたいへんです。午前7時に猿倉を出発して、白馬岳山頂に着いたのが午後1時前。ずいぶんかかってしまいました。帰りは午後4時前に猿倉到着です。

今日は終日良いお天気で、山頂からは剣岳や立山連峰がビッグです(上の写真。クリックすると大きくなります)。槍穂高連峰や水晶岳、鷲羽岳方面の山々、そして、能登半島まで見えていました。

明日の開山祭も、良いお天気のようです。では、以下に、今日(2013/5/24)の白馬大雪渓の写真を掲載します。

130524_0901103号雪渓出合の上付近から撮影した大雪渓です。今年は葱平(急斜面途中の島のようなところ)が雪の上の出ているので、雪の急斜面の休息地にいいです。

130524_103731小雪渓付近から見た天狗菱です。このあたりが最も急で、写真でごらんの通り、約40度の傾斜があります。落ちたら止まらないので困りますね。特に下りはおっかないです。 

130524_121017白馬山荘まで雪渓がつながっています。 見えている白っぽい建物は、雲上のレストラン「スカイプラザ白馬」です。一度、ゆっくりとくつろぎたい私ですが、いつもすぐに下ってしまうもので(笑)。


尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年5月18日 (土)

残雪の北アルプス白馬三山(白馬鑓、杓子岳、白馬岳)です。

130517

小日向のコルから双子尾根の1つ目のピークから、間近に迫る白馬三山です。昨日5月17日に写しました。写真をクリックすると大きなパノラマになります。

5月も半ばとなれば、尾根の残雪も融雪が早く、積雪期バリエーションであるこのルートは終焉を迎えようとしています。

猿倉台地のブナも新芽が出てきて、先日まで落葉の木々で空が明るかった猿倉までの県道も新緑でうっそうとしてきています。いよいよ新緑の季節です。


毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年5月17日 (金)

デンマークの桜です

Sakura_ebi20130024

5月9日にデンマークから桜の便りが届きました。いつも、近況のメールを拝見していますと、白馬と良く似た気温のようです。

2013年5月12日 (日)

残雪の北アルプス。双子尾根~杓子岳です。

130512

白馬岳の登山口からの林道はまだ雪で埋もれ、雪原の猿倉台地を登ると、夏なら木々でうっそうとしている台地も、今はまだ雪で埋もれています。頭上には抜けるほどの五月晴れの青空。双子尾根~杓子岳の稜線はご覧の通りです。

季節が進むにつれて、雪の下から木々が出て、新緑となり、やがて、うっそうとした樹林になるので、この風景を望むことができるのも今のうちだけです。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年5月 8日 (水)

雪原の猿倉台地から白馬三山を望む

130508_102724_2

秋に落葉を終えた猿倉台地は、うっそうとした夏がうそのように明るく、白馬三山を望むことができます。
今朝は、心開綬感大玄行の雪上行の下見を兼ねて登ってきました。5月の今の時期はたっぷりと雪があって爽快です。
上の写真は、猿倉台地から白馬鑓ヶ岳と杓子岳です。

130508_102620もちろん白馬岳も間近で見ることができます。白馬三山を一度にカメラに収めることができないほど近いです。5月に来られる方は楽しみですね。



尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年5月 5日 (日)

今日は子供の日。立夏です。

130505_101647

今日は5月5日、こどもの日です。同時に立夏。暦の上で、夏の始まりです。

今日の白馬は五月晴れ。国道148号線の平川にかかる橋からは、残雪の北アルプスをバックに、こいのぼりが泳いでいます・(今日は、風も穏やかで、干物のように垂れ下がっていますが・・)


130505_101759_2 こんなにたくさんの鯉幟が泳いでいます。車を停めて、河川敷に降りると、冒頭のような写真を撮ることができます。


尊無上亜甲中玄

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »