至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 白馬尻小屋周辺のお花。サンリンソウ、シラネアオイ、サンカヨウ | トップページ | 【辻説法】生きる目的とは? »

2013年6月30日 (日)

【大雪渓】白馬大雪渓。7月はじめ3号出合クレバスです。

130630_084813 明日から7月。いよいよ登山シーズンの始まりですね。今日は白馬岳の大雪渓のお話ですが、夏は午後からの天気の急変にご用心です。今日も、午後1時半ぐらいから三国境から白馬岳にかけて雨雲が発達して、大雨になりました。雷が伴わなかったので良かったのですが、夏場は雷に遭うとマズイので無理な行動は禁物ですね。
さて、上の写真は3号出合の斜面を登りきったところです。午前中はご覧のように晴れていました。雨が降ると、落石や土砂崩れが危ないので雪渓には足を踏み入れないほうが良いと思います。

130623_091837 今年(2013)の大雪渓ですが、白馬尻から3号出合の斜面にかけて、あちらこちらで割れてきており、クレバスができています。どうしても、いくつかのクレバスをまたいで通らねばならず、踏み外して落ちないように。特に、3号出合の斜面途中のが厄介ですね。
幅の広いところを強引にまたごうとして、踏み外すと、底まで落ちてしまう危険があります。(クレバスの中は臭いです)。
今後、この3号出合のクレバスの通過も、陸ルートが整備されたりして、なくなってくるかと思いますが、しばらくは注意箇所です。
毎年、大雪渓は違います。3号出合のクレバスは左岸に多く発生するので、右岸は比較的普通に登れるのですが、今年は右岸まで割れ目が多くできています。

130630_073825白馬尻です。白馬尻小屋も、すっかり完成しています。今年(2013年)は、7月6日から営業開始だそうです。もうすぐですね。夏の大雪渓は、午後2時から入山禁止となりますし、午後から雷雨になる日が多くなりますので、遠くから来られる方は、ここか、猿倉荘に前泊し、早朝出発して、雷雨が来ないうちに上の山小屋に到着するのがおすすめです。




130630_071634白馬尻の下に咲いていたサンカヨウです。これから7月中旬にかけては雪融けと共に、白馬尻から上にも咲いてきます。

この夏の登山が御安全でありますように。


尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 白馬尻小屋周辺のお花。サンリンソウ、シラネアオイ、サンカヨウ | トップページ | 【辻説法】生きる目的とは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白馬尻小屋周辺のお花。サンリンソウ、シラネアオイ、サンカヨウ | トップページ | 【辻説法】生きる目的とは? »