至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 【甲斐駒ケ岳】北沢峠~双児山~駒津峰~甲斐駒ケ岳日帰り登山 | トップページ | 【大雪渓】8月の白馬大雪渓は・・2013年の大雪渓の移り変わり。 »

2013年7月21日 (日)

【富士山】日本アルプスから見る富士山は、さみしそうです。

130719_105750
この10日間、北アルプスや南アルプスを歩いてきましたが、南北アルプスからは、いいお天気の日には遠く富士山を見ることができます。
上の写真は7月19日に北アルプス白馬岳(2932m)の稜線から見た富士山(中央やや左)です。左に八ヶ岳連峰、右に南アルプスの山塊です。
下の写真は昨日7月20日に南アルプス甲斐駒ケ岳(2967m)から見た富士山です。
130720_122911
鳳凰三山の上に乗っかるような感じで富士山を見ることができます。でも、日本アルプスを歩く登山者の多くの方は、あまり富士山には興味がないみたいで、日本アルプスを縦走する醍醐味からすれば、富士登山は大衆がする観光山登りという感じでしょうか。

世界遺産に登録されて、ますます富士山が俗っぽくなってしまったように思います。テレビでよく、たくさん人が列を作って富士山を登っている映像や立山を登っている映像が流れますが、それはすごいものですね。静かに山歩きをする人には向いていないでしょう。日本アルプスが世界遺産に登録されないことを願います。

でも、夏の白馬岳に登っていてもそうですが、苦しくも、うれしそうに登山をしている方々の笑顔を見ると、夏山は賑わってこその夏山と思います。「ようこそ、夏山へ」という気持ちになります。

それが、秋になり、雪が訪れる頃には、また、残雪深い春には、ほんのたまにしか、登山者に出くわさない。それも夏山で出会う登山者とはちがう筋金入りのクライマーばかりです。夏に賑わったのがうそのように静まり返る。

富士山が俗っぽくなり、アルプスと比べれば、なんだかさみしそうに見えてしまうこの頃です。

富士山においては、夜間登山なんぞ、山のマナーからするとありえない。いかに、山のマナーを知らない人の山であるということが、ゴミ捨て云々の前によくわかる。富士山はこういう点でも日本一であろう。ちなみに、日本第二の南アルプスの北岳(3193m)を夜間登山するような人はまずいない。

富士山自身が悪いわけではない。なのに俗っぽいという印象となってしまうのは、日本一である宿命ですね。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 【甲斐駒ケ岳】北沢峠~双児山~駒津峰~甲斐駒ケ岳日帰り登山 | トップページ | 【大雪渓】8月の白馬大雪渓は・・2013年の大雪渓の移り変わり。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【甲斐駒ケ岳】北沢峠~双児山~駒津峰~甲斐駒ケ岳日帰り登山 | トップページ | 【大雪渓】8月の白馬大雪渓は・・2013年の大雪渓の移り変わり。 »