至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 白馬岳2013年の初雪です。 | トップページ | 【紅葉】北アルプス白馬岳付近、ナナカマドの紅葉。2013 »

2013年9月29日 (日)

【白馬岳】秋の白馬岳の展望。2013

130929_053943 今日(2013/9/29)は白馬岳からの展望写真を掲載します(各写真はクリックすると大きくなります。)。9月の上旬は天気が優れず写真を撮っていなかったし、その後、八ヶ岳へと出向き、唐松岳の徳成大玄行、剣岳でお彼岸の山行・・と、しばし、白馬岳を離れておりました。久しぶりに本拠地白馬岳に里帰りです。
今日は、日の出と共に猿倉を出発してピストンです。3週間しかあけていないのに久しぶりな感じで、じっくりと山頂周辺で瞑想をしたり、祈願したりしていた加減で、下ってきたら午後4時半ごろになってしまいました。
この写真は、猿倉の駐車場から朝日で赤く輝く白馬岳です。5時45分ごろに出発して、いつもの快足をとばして10時ごろに山頂についていたのですが・・快晴が気持ちよくて、3時間以上、稜線に留まってしまいました。

130929_101154まずは、南東方面。中央に八ヶ岳です。その右が富士山。右端が南アルプスです。甲斐駒ケ岳や仙丈ケ岳、北岳も見えています。八ヶ岳の左には、奥秩父の山々も望む事ができました。眼下の平野は白馬村神城方面です。
中央下の右上がりの緑っぽい尾根は八方尾根、八ヶ岳もそうですが、八方尾根も唐松岳目指して、先日登ったところです。

130929_101209次に、東です。中央やや左のなだらかなのが、四阿山です。その右に浅間山です。いつも、春に出向いておりますが、今年の浅間山は、まったく煙が出ていません。眼下の平野は白馬村北城方面で、川が松川です。その源流に白馬大雪渓がございます。
手前のスキー場のある山は岩岳です。

130929_101937北東方面には、右から、妙高山、火打山、新潟焼岳です。手前眼下には、右から天狗原(てんぐっぱら)から、左に一段上がって、白馬乗鞍岳も見えます。

130929_101620北です。左手前の白いのは鉢ヶ岳です。縦走路は山頂を通っていませんが、残雪期には登る事ができます。稜線は、鉢ヶ岳から右に進んで、右の山が雪倉岳です。その左のずんぐりしているのが朝日岳・・と、稜線は日本海の親不知まで栂海新道(つがみしんどう)として続いています。海抜0mから白馬岳目指して登るも下るも、途中山小屋はないのでテントとなります。

130929_102334北西には富山湾の海が見えますが、白馬岳のすぐ近くに、まるで、白馬岳山頂と双耳峰のひとつのような山体の旭岳です。剣岳から見ると、白馬岳と双耳峰みたいになっていて、白馬岳西峰と呼びたくなってしまいます。
右奥には清水岳(しょうずだけ)です。旭岳をトラバースして清水岳を通過して、黒部川の谷に降りれば、祖母谷温泉があり、欅平からトロッコ電車で宇奈月に出る事ができます。ただし、かなりの長い道のりです。

130929_102200さらに、左に目をやれば、西に、遠く白山を望む事ができます。その手前、右端の三つのピークがある山は毛勝三山です。左端に剣岳が写っています。

130929_102035おなじみ、剣岳・立山連峰です。実は、白馬岳から見える、剣岳の右側の稜線は早月尾根です。


130929_104618さらに南に目をやれば、谷の真ん中に黒四ダムでできた黒部湖を見ることができます。その奥が、黒部五郎岳や水晶岳(黒岳)、右奥には笠岳も見えています。左には、槍・穂高連峰を見ることができます。
手前の残雪のある山肌は白馬鑓の一部です。この写真は白馬岳の近くの丸山から撮っています。

130929_102100南には、おなじみ、三つのやりがたけです。遠い順に、槍ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、白馬鑓ヶ岳 。


130929_114033 最後に、丸山から見た白馬岳です。白馬岳の山頂の下に横たわっているのは、尻馬山荘です。手前のくぼ地にあるのが村営白馬岳頂上小屋です。
どっちがいいかというと、一長一短ありましてなんともいえないのですが、白馬山荘からは剣・立山連峰がきれいですし、夕日もきれいです。ただ、ご来光は、15~20分ほど登った白馬岳に登らねば見る事はできません。栂池や蓮華温泉から登ってきたら、白馬岳を越して先に着く山小屋です。
村営白馬岳頂上宿舎は、ご来光は小屋の前から見ることができますが、夕日や剣・立山連峰は、5分ほど登った稜線から見ます。大雪渓から上がってきたり、唐松岳~不帰のキレットや、鑓温泉からくると、まず先にたどり着く山小屋です。
こればかりは、何度も白馬岳に登られて、どっちも経験してみれば良いかと思います。人に聞くより、ご自身でお気に入りを見つけてくださいな。
私は、どちらにも泊まった事がないですが、村営白馬岳頂上宿舎の裏のテント場で幕営はしております。テント場は窪地にあるので、風の影響は受けにくく、おすすめです。白馬岳付近のテント場はここだけです。

さて、アルプスの紅葉ですが、今年は、ちょっと異変のような気がするのですが。雪渓も変でしたし、高山植物もいつもと違う。巷でも、なんだか、何十年に一度の~とか、今年は、いろいろと変ですね。あらためて、お話いたします。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢やお話が無料メルマガで届きます。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

山修行の行者が語る山岳情報の無料メールマガジン

« 白馬岳2013年の初雪です。 | トップページ | 【紅葉】北アルプス白馬岳付近、ナナカマドの紅葉。2013 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白馬岳2013年の初雪です。 | トップページ | 【紅葉】北アルプス白馬岳付近、ナナカマドの紅葉。2013 »