至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月30日 (月)

【辻説法】終の日の入り(大晦日の日没)があるから初日の出がある。

新年の発展安泰祈願受付中です。

私が若い頃、「どうして初日の出は拝むのに、大晦日の日の入り{終(つい)の日の入り}は拝まないのか」という疑問を抱いた事がありました。

日の入りは、日の出に比べて縁起の良いものではないからだそうですが、日の入りなくしては日の出なんぞないわけで、単に、人の生死や出逢別離に置き換えてしまうのは、いささか幼稚ではなかろうかと思ったものです。

130918_175147 今年一年、照らしてくれてありがとうございました。

356日、私達を育んでくれた大晦日に沈み行く太陽に感謝の心で手を合わしたいものです。そして、翌日は、新しい年の日の出に、「今年一年よろしくお願いします」と、手を合わせる。

130919_053056上の写真は、今年の9月18日に北アルプス唐松岳山荘前から、毛勝三山に沈む夕日です。その夕日に「今日一日ありがとうございました。」と、手を合わせる。その日の入りを見送る事ができるから、翌日、19日に、ご覧のように、ご来光を迎える事ができるのです。 「今日も一日、よろしくお願いします。」、私達は一生のうちに何度、この繰り返しをするであろう。

日没が縁起が悪いとか、古典的な思考にとらわれず、感謝の心で、大晦日の日の入りに手を合わせてくださいな。その感謝の心自体が「縁起が良い」というのです。

今年最後の辻説法になりましたが、皆様の新しい年のご多幸をお祈り申し上げます。良いお年を。



ただいま、平成30年隆盛安泰祈願御神符の早期お申し込み受付中です。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年12月29日 (日)

2014年(平成26年)の初日の出。天気の良い地域と初日の出時刻。

Photo2014年(平成26年)の元旦の天気予報を見ると、北陸より北の日本海側は冬型の雪空ですね。長野県では北部は雪空で、中南部は見れる可能性があるようです。

この写真はいつぞやの北アルプス白馬岳連峰の稜線からですが、雲海から出てくる日の出です。冬はこんなに見えることはまずありません。いつも吹雪いていますので、2014年の元旦も無理でしょう。

アルプス系では、中央アルプスや南アルプス、八ヶ岳からは見れる可能性があると思います。また、北アルプスでも、南部なら可能性はありますが、厳冬期のアルプス系は入山するのにたいへんですので、無理をせぬように。

太平洋側は晴れるところが多いようですので、東の水平線が見える、千葉外房、九十九里浜、茨城から以北の海岸沿いはいいですね。東伊豆や紀伊半島の東側、室戸岬、日南海岸・・真東より、南の水平線から出てくる初日の出に期待しましょう。

気になる初日の出の時刻ですが、新聞などに掲載の時刻は、太陽が頭を出した瞬間の時刻です。同じ緯度なら東の地域、同じ経度なら南の地域ほど日の出が早いです。ちょっと調べてみました。

根室、6時49分。仙台、6時53分。水戸市、6時49分。東京、6時51分。長野市、6時59分。津市、7時1分。大阪市、7時5分。高知市、7時9分。広島市、7時16分。福岡市、7時22分。鹿児島市、7時17分。那覇市、7時17分。

北海道は札幌も元旦は雪マークですね。道東のほうがよろしいようです。

良いお年を。



ただいま、平成30年隆盛安泰祈願御神符の早期お申し込み受付中です。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年12月27日 (金)

2013年、年末を迎える今日があることの喜び。

131226_143500
今年も残すところ4日。一年お疲れ様でした。写真は、寒行週間明けに降り立った松川二股から不帰ノ剣を望んだところです。天気は下り坂、また雪模様ですね。

さて、年末を迎える事のできる今日があるということへの感謝。それは、あたりまえのようですが、とても貴重なのです。そして、その感謝の心が、次の365.25日につながるのです。

人は、良い事はイメージできなくて、不安や怒りの心から、悪い事ばかりイメージしてしまっているこの頃です。良いイメージをしていても大変なのに、そんなのでは、良くもならないわけです。

「良い事なんてないじゃないか。」・・いいえ、なんの。年末を迎える事のできる自分が、今日という日を歩んでいる事自体、良い事ではないか。

と、いうわけで。良いお年を。


ただいま、平成30年隆盛安泰祈願御神符の早期お申し込み受付中です。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年12月21日 (土)

こよみ|大雪の冬至です。

今朝未明から雪が降り続いている白馬ですが、今夜もまとまって降っています。まさに、寒行週間の始まりです。

さて、明日は冬至。かぼちゃを食べる日。太陽が黄経270度を通過する日。寒くて大雪が降る日。等など、色々とございますが、皆様におかれましては風邪なぞひかぬように、年末をお迎えください。


ただいま、平成30年隆盛安泰祈願御神符の早期お申し込み受付中です。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年12月19日 (木)

【流星群】しぶんぎ座流星群。2014年は好条件です。

年が明けてすぐに、三大流星群のひとつ「しぶんぎ座流星群」があります。

2014年の出現期間は2014年1月1日~1月5日です。月明かりがまったくなく、極大の時間帯がちょうど日本から見える時間帯ですから、条件は最高です。多い時は一時間に百個ぐらい流れる事もあります。

ピーク時の観望に最も適した日時
(1)1月4日の未明。1月4日に日が変わった午前0時~明け方。
(2)1月3日の未明。1月3日に日が変わった午前0時~明け方。
天文に詳しくない方の場合、「寝る前に夜空を見上げても流星群なんか見えなかった」といわれる方が多いのですが、流れ星がよく現れるのは夕方から夜中ではありません。夜中から夜明けにかけて現れるのです。そのわけはこちら

見える方角
街明かりの影響を受けない暗い方向ならどこでも良いです。しぶんぎ座の方向ですが、しぶんぎ座は現在存在しない星座。古い星座なのです。それについてはいずれお話しますが、今は、りゅう座の一部になっていて、しぶんぎ座流星群の未明でしたら天頂より北側になります。

年明けに流れ星に願いなんぞいかがですかな。時期的にも時刻的にもとても寒いので、体がしばれないように、暖かくしてごらんくださいな。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年12月18日 (水)

2014年(平成26年)甲午、どんな年になるか。

 午年、活発で元気な馬の年であります。熱き心で発展飛躍。そして、来年は、甲午。甲(きのえ)は木を表し、しっかりとした大木となろうとする心得が実を結ぶにつながる力ともなる。平成26年度発展安泰祈願受付中です。

 午(うま)は火を表し、甲(きのえ)は木を表す。まあ、なんとも、元気によく燃え盛る事でしょう。ちなみに、丙午(ひのえうま)という年がありますが、午も丙も火を表していますので、そりゃ、女性ならじゃじゃ馬、男性なら、突拍子もない事をしてしまうらしいのですが、ま、それにつきましては、12年後にお話いたします。

 さて、平成26年はどんな年になるのか、どんな年なのか・・。ズバリ、この行者がプレミアムメルマガ「玄上の運命を良くするお話」の2013年12月分の配信でお話しています。「平成26年はこうなる」

Magpre1260 プレミアムメルマガ「玄上の運命を良くするお話」でどうぞ。まぐまぐプレミアムから10年間配信しています。

プレミアムメルマガ以外に、午年に向けて、この無料メルマガがあなたの運勢をサポートします。こちら



ただいま、平成30年隆盛安泰祈願御神符の早期お申し込み受付中です。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年12月17日 (火)

午年(馬年)だから北アルプス白馬。2014年の年賀状も旅も白馬。

131217
今朝(2013/12/17)の白馬の最低気温はマイナス8.4度。久しぶりの晴天で放射冷却がおきて、北海道の各地より8度前後低い気温です。 ずっと降り続いた雪も止んで、一週間ぶりに北アルプス白馬岳連峰も一望できました。再び明日の夕方から雪の予報が出ています。また5日ほど降り続くようですので、雪国の皆さん、共に頑張りましょう。

131217_085426右から、白馬岳、杓子岳、白馬鑓、「白馬三山」です。国道148号線の松川橋から撮っています。北アルプスを撮るのにお手軽な撮影スポットです。この橋のひとつ上流の白馬大橋も人気のスポットです。

131217_085451右から、唐松岳~五竜岳です。中央やや右のスキー場は八方尾根スキー場です。白馬村内の各スキー場も新雪がたっぷり積もってスキーヤーで賑わっています。



新年のご旅行に、午年(馬年)にちなんだところといえば、白馬はいかがでしょう。スキー場に雪遊びに温泉に充実しておりますぞ。

また、年賀状も、白馬村オフィシャルサイトで無料公開されておりますので、下のアンダーラインのリンクをクリックして、ご利用ください。
ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男III世、オリジナル年賀状2014

ただいま、平成30年隆盛安泰祈願御神符の早期お申し込み受付中です。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年12月16日 (月)

大雪、異常気象なんですかねえ・・

131216_10100011日に青空が出て以来、ずっと氷点下で雪の日が続き、久しぶりの青空です。ツララが朝日に光ってキラキラと輝いています。屋根の上の雪は吹雪で吹き飛ばされて思ったより積もらなかったので助かっていますが、雪庇がすごいです。大きくなると重みで屋根がゆがんでしまうので落とさねばなりません。

131216_073153JR大糸線信濃森上駅です。未明から除雪車が入ってきれになりました。昨日は、佐野坂付近の線路沿いで雪で倒れた木が架線にもたれてしまって数本運休したそうですが、今朝は順調に動いているようです。

テレビなどでは、夏の大雨、台風が多かったとか、冬の大雪だの、異常気象だのと言っておりますが、雪国の冬はこんなものです。まだまだ序の口ですな。「経験したことのない・・」「何十年に一度の・・」これも使いすぎると、警報が慣れっこになってしまって特別警報ができたみたいになってしまいそうですね。

災害があると、一部では、地球が怒っているとか、何かの祟りとか週刊誌の記事などでみかけますが、あきれると申しましょうか、なんだか幼稚ですな。それに、被災した方々にも失礼ではないか。霊だの祟りだのと、惑わされる弱い人の心をとらえようとする。だから記事になるのであろうが、そんなのだから、いつまでも、理力を感ずる事ができない。大自然の摂理をとらえる事ができないでいる。大自然は人類中心に回っているわけではないのです。喝!

ただいま、平成30年隆盛安泰祈願御神符の早期お申し込み受付中です。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年12月12日 (木)

雪、しんしんと音がする。

131212_075539

写真は、今朝のJR大糸線「信濃森上駅」です。昨夜から大雪注意報が出ていて、本格的な雪が訪れました。日本海側の皆様、お気をつけくださいな。

さて、昨年11月、北海道の方からお便りが届いたのですが、その中に、今でも脳裏に焼きついている言葉がありましたので、一部抜粋して紹介します。

「今日、やっと本格的に雪が降りました。
雪が降ると、寒いですが、私は雨よりはずっと好きです。
雪が降る中に立っていると、しんしんと、音がするんです。ほんとは何も音はしてないのでしょうが、そのなぜか暖かみある
しんしんという呼吸のような、その空気が好きです。
車の騒音や粉塵で曇っている道路をとてもきれいにしてくれるような気がします。
 
先生の長野のお山も、もう雪で真っ白でしょうか。」

寒いし除雪作業はたいへんですが、このお気持ちは良くわかります。この表現、銀色の季節にぴったりですね。でも、あまり降り過ぎないようにしてほしいのも本音ですが。


ただいま、平成30年隆盛安泰祈願御神符の早期お申し込み受付中です。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年12月11日 (水)

【流星群】ふたご座流星群2013のピークが始まります。見える時刻と方角。

今朝2013/12/11の5時ごろから20分ほど見上げていましたら、ふたご座流星群の属する流れ星が4個飛びました。今朝の白馬の空は快晴でラッキーでした。

さて、いよいよ今夜12月11日の夜から14日の明け方まで、ふたご座流星群のピークが始まります。白馬の予報はずっと雪模様であきらめていますが、晴天率のいい太平洋側の方はぜひご覧ください。

見える時刻

12月11日の夜は翌朝1時40分前後(地域によって違います)に月が沈むので、12月12日の午前0時ぐらいからが月明かりの影響が少なくなり、1時を過ぎると、日の出の1時間前ぐらいまでが好条件になります。

12月12日の夜は翌朝2時40分前後(地域によって異なります)に月が沈むので、12月13日の午前1時ぐらいからが月明かりの影響が少なくなり、2時を過ぎて、日の出の1時間前ぐらいまでが好条件になります。

12月13日の夜がいつも一番のピークを迎えますが、月明かりの影響がありますので、翌朝12月14日の午前2時ごろから月明かりの影響が少なくなり、3時を過ぎて日の出の1時間前ぐらいまでが好条件です。

一番めのおすすめは12月14日の午前2時から日の出の1時間前。
次いで、12月12日の午前0時から日の出の1時間前と、12月13日の午前1時から日の出の1時間前が観望の好機です。

見える方角

方角は、流れ星はどこでも飛びますが、今年のふたご座は見つけやすいです。

午前1時ごろでしたら真上より東より仰角約60度に、午前3時ごろでしたら真上に、午前5時ごろでしたら真上より西よりに仰角約60度に、ひときわ明るい黄色っぽい星があります。これは木星で、この位置にふたご座があります。

木星のすぐ北に、仲良く二つの星が並んでいるのを見ることができると思いますが、これが、ふたご座の一等星、赤っぽいのがポルックス。白いのがカストルです。どっちがお兄さんで、どっちが弟さんかは、お二人とは長いことお会いしていないので(笑)、20年のうちに忘れてしまいました。ごめんなさい。

たいへん寒いのであたたかくしてご覧ください。


ただいま、平成30年隆盛安泰祈願御神符の早期お申し込み受付中です。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年12月10日 (火)

アイソン彗星 近日点通過のその後。

アイソン彗星は近日点通過時に核が崩壊してしまいましたが、2013/12/10現在8等級で残骸を観測できるようです。でも、もちろん肉眼や双眼鏡では見えません。あれだけ騒がれたのに、見えないとなると一気に熱が冷めたように忘れられてしまったようですが、ま、一般に世間というのはそんなものでしょうか。

と、いうわけで、まだ追跡を続けようかと思われる方のために、簡単な推算表を載せておきます。光度m1は、当初の予想より5等級暗くなっています。と、いうか、5等級の減光で済んでいるのが幸いです。これから地球に接近してくるので、口径10cm以上の天体望遠鏡や口径8cm以上の大型双眼鏡で観測できると思います。

ただ、拡散していますので、視野60度以上の広いアイピースで口径10~15cmなら、20~25倍程度が適しています。

2013ET     R.A.        Decl.      elong.   m1
      h    m    ° ″   °
12 11     16   10    +05    20    32.0    8.0
    12     16   10    +07    31    34.5    8.3
    13     16   10    +09    47    37.1    8.5
    14     16   10    +12    09    39.8    8.7
    15     16   10    +14    38    42.5    8.9
    16     16   10    +17    13    45.3    9.0
    17     16   11    +19    55    48.2    9.1
    18     16   11    +22    45    51.1    9.2
    19     16   12    +25    42    54.2    9.2
    20     16   13    +28    47    57.3    9.3
    21     16   13    +31    58    60.5    9.3


薄い自体のところは、月明かりのため観測には向きません。

せっかく当ブログで紹介してきたのに、近日点通過後に肉眼で見えなくて残念ですが、とりあえず、その後の状態をお伝えしました。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年12月 9日 (月)

2014年甲午の開運に。発展安泰祈願です。

新しい力で新年をお迎えできますよう、平成26年安泰祈願のお申し込みを受け付けています。

平成二十六年発展安泰祈願の受付を10月半ばから始めて、はや2ヶ月。今年も足早に去ろうとしています。

すでに、お申し込みご入金の方におかれましては、里道場の御神前にてご芳名を読み上げて、暮れの寒行週間に向けて、日々祈願しております。
早期お申し込みで徳力の積み重ねとなりますので、どうぞ御参賀ください。

耀隆徳源:
平成26年が発展安泰で力の躍動されたる年でありますように。
Maisinuma耀隆徳源は、 霊書「まいしんうま(邁進午)」の色紙か掛け軸のセットですので、玄関、居間、書斎など、お好きなところにお飾りいただけます。






常福円満:
家内円満とも申します。家族一家が福よかでいられますように。

災難除け:
降りかかる災いを除き、一年護られますように。

商売繁栄:
不景気の折ではありますが、商売、事業が繁栄しますように。

金運開成:
良き金策の力がついて、無難に毎日を過ごせますように。

身体健全:
健康あってのものだね。新年一年、健やかに過ごせますように。

交通安全:
大難は小難に、小難は無難に。安全でいられる集中の力を。

厄除け:
前厄、厄年、後厄の方。それ以外の方でも厄に合わないように。

尊無上亜甲中玄    玄上


ただいま、平成30年隆盛安泰祈願御神符の早期お申し込み受付中です。

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年12月 7日 (土)

こよみ|今日は大雪です。

合掌

 今日は大雪(おおゆき)ではありませんが、大雪(たいせつ)です。二十四節気のひとつ、大雪(たいせつ)。こちらでは、いつもこの時期から大雪(おおゆき)が始まるようですが、小雪が舞っています。

 大雪の次は冬至、かぼちゃを食べる日です。気温が冷えてきますので、お体を大切(たいせつ)に。

尊無上亜甲中玄    玄上


ただいま、平成30年隆盛安泰祈願御神符の早期お申し込み受付中です。


毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年12月 5日 (木)

ふたご座の見つけ方。2013年12月

今年は、ふたご座を見つけやすいので、ぜひ、ふたご座生まれの方は、ご覧ください。

ふたご座流星群が近づいてまいりました。ふたご座流星群は、ふたご座の近くを流れるのではなく、ふたご座を輻射点として、どこでも流れますから、別に、知っておく必要はないのですが、知っておきたい方にお話いたします。

2013年12月のふたご座を見つけるのは、とても簡単な年です。午前2~3時ごろ、真上を見上げてください。ひときわ明るく黄色っぽい星がありますが、それが「木星」です。その付近が、ズバリふたご座です。

木星は惑星ですので、キラキラとまたたいていません。その北隣に、木星よりは暗いですが、二つの一等星があります。これは、またたいています。赤っぽいのがポルックス。白いのがカストル。ちょうど、双子の頭部にあたります。

今年のふたご座流星群は、上弦の月明かりがありますから、夜半をまわってからですから、12月12日~14日の夜半を過ぎて明け方にかけてがいいですね。

流星群に興味がないので、午前2時や3時に見るのは嫌だという方に。午後10時ごろ、東の空を見てください、やはり、ひときわ明るが、またたいていない木星があります。その少し左にカストルとポルックスがあります。月明かりがあっても見ることはできます。

来年は、かに座ですね。では、またお話します。

【追記記事2013/12/11】ふたご座流星群2013のピークが始まります。見える時刻と方角。


尊無上亜甲中玄    玄上

平成29年の隆盛安泰祈願の早期お申込みでより一層の力を。

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年12月 3日 (火)

午年、馬年、うまどしの”ゆるキャラ”はこれです。

来年は午年というのに、ついうっかり、これを紹介するのを忘れていました。
ゆるキャラグランプリ2013も終わりましたが、午年のゆるキャラはこれに決まり・・と、私が勝手に決めてしまっていますが、ご当地、白馬村の、

「ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男III世」

です。フランス語で、「勝利の白馬、村男III世」という、なんと、縁起の良いお名前です。
夏はどこかの山で、冬はゲレンデでお会いできるかもしれませぬぞ。

年賀状のデザインも公開されておりますので、下のアンダーラインのリンクをクリックして、ご利用ください。
ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男III世、オリジナル年賀状2014

よろしく。

午年に向けて、この無料メルマガがあなたの運勢をサポートします。こちら

尊無上亜甲中玄    玄上



平成26年度発展安泰祈願受付中です。

誰にも言えないお悩みは行者に相談

毎日の運勢やお話が無料メルマガで届きます。

2013年12月 2日 (月)

【流星群】2013年のふたご座流星群は。

冬は晴天率の悪い日本海側ですが、太平洋側は晴天率がよろしいようですので、ふたご座流星群が楽しみですね。

【追記記事2013/12/11】ふたご座流星群2013のピークが始まります。見える時刻と方角。

話題のアイソン彗星ですが、なんとか残ったものの、核が細かく分裂して拡散した状態で近日点を通過したもようです。明朝(2013/12/3)はどれぐらいかを想像してみました。腕を伸ばして、こぶしをグーにした状態の大きさに膨れ上がって、淡くなっていると思います。淡くなっているので、多分、薄明の空では見えないでしょうね。

さて、2013年のふたご座流星群ですが、12月7日ぐらいから始まり、10日間ほど飛びます。極大日は12月12日~14日と、ばらつきがありますが、今年は、月がだんだん大きくなっていきますので、見る時刻は、月が西へと傾く2時~3時ごろから明け方に、方向は、西に背を向けた東を主にでよろしいです。

どちみち、流星群は夜半すぎからが見ごろになりますので、今年の条件はまずまず良いです。

なお、出現数は、今年のペルセウス流星群のようには期待できません。極大日の近くでは、一時間に30~40個ぐらい飛べばよいほうですかな。それ以外の日は、一時間に数個と思います。

2時~3時ごろから明け方というと、とても寒い時間帯ですから、十分暖かくして観望してくださいな。

尊無上亜甲中玄    玄上

平成29年の隆盛安泰祈願の早期お申込みでより一層の力を。

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年12月 1日 (日)

【辻説法】期待がはずれるというのは、どういうときか。

「蒸発していなければですが(笑)」と、時々このブログで申していました12月のアイソン彗星。笑い事ではないですね。それは、単なる冗談ではなく、蒸発は予想の範囲だったからです。おそらく、私だけではなく、多くの彗星専門家の方は想定していた事と思います。

私にとって、国立天文台の専門家が「予想外」と申しているのが予想外でした。でも、それも、国立天文台のリップサービスなのかと情報を噛み砕いて想像しています。

軌道要素を勉強した事のある方なら、だれでもわかる近日点距離(q)。例えば、1976年の春に巨大な尾をたなびかせたウエスト彗星(C/West 1975n)は0.1966a.u.だったのに対し、アイソン彗星は0.0124a.u.だったのです。

これは、ウエスト彗星より太陽に近い事、十分の一以下のところを通る事になります。ウエスト彗星さえ、三つの分裂核にわかれたのに、アイソン彗星の軌道では、近日点通過で必ずや、何らかの分解があっても不思議ではないのです。ただ、分解してしまったのと、消滅してしまったのは違います。みかけ面積が大きくなって出現する可能性があるので、消滅してしまったという情報も期待はずれになるかもしれません。

それと、アイソン彗星はこれまでの大彗星に比べると質量が小さいので、分解されやすい。こういう仕組みがわかっていると、メディアが、いくら「世紀の大彗星」とか「史上最大の」などと申しても、「また、バカな事を言っているなあ」と、その情報を分別できるわけです。

しかし、仕組みがわからない専門家以外の方は、情報をメディアに頼るしかないわけです。ところが、情報というのは一人歩きしてしまう傾向にあるわけで、それを心に留めてしっかりと足元を見ないと、期待がはずれてしまう。

多くの方は、写真と見出ししか見ない。しかし、文章を読むと、例えば、このブログ(11/18)の記事の途中に「近日点通過後の12月の上旬~中旬のほうが楽しみです。ただし、近日点通過でかなり太陽に接近するため、蒸発していなければですが・・たまに、消滅してしまったこともあります。」と、書きましたように、蒸発する可能性があるわけですから、人を集めて観望ツアーなどの企画をたてるというのは危険だったわけです。

古い話になりますが、コホーテク彗星(C/1973f)の時も騒がれましたが、期待がはずれてしまいました。そこで、その2年後に訪れたウェスト彗星(1975n)は、あまり期待がかけられなかったのです。そうすると、1976年3月の初めに、横綱級の彗星となり、明け方の東の空に現れたのです。騒がれなかったのに、池谷・関彗星と肩を並べる戦後の三大彗星になってしまった。これもまた、期待はずれですね(笑)。

総じて申せば、期待がはずれるというのは、良く考えないで行動した時が多く、情報の上っ面だけで判断した時、自己情報の過大評価・過少評価など、そのほとんどに着実性のない状態の時ではなかろうか。それでも、それが着実性があると信じてしまう。

テレビで言っていたから、ネットに出ていたから・・それではダメなのです。その中に、着実性のあるものと、そうでないものを整理して、情報にふりまわされない、強い心が大切ですね。

長々と書きましたが、ここまでコツコツ読まれた方は、期待はずれにならないと思います。何故なら、先述の「多くの方は、写真と見出ししか見ない」に該当する方が、期待はずれになってしまうのです。

これからの時代、さらに大切ですぞ。

尊無上亜甲中玄    玄上

平成26年度発展安泰祈願受付中です。

誰にも言えないお悩みは行者に相談

毎日の運勢やお話が無料メルマガで届きます。

雄大な大宇宙も、まさしく至心玄道、私の「哲学」なのです。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »