至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 低温注意報が続いています。 | トップページ | こよみ|寒中お見舞い申し上げます。今日は、大寒。 »

2014年1月16日 (木)

あの日から19年。阪神淡路大震災。

「あしたは月よう日」という絵本がありました。娘が小学校の図書館で借りてきたのです。内容は、その前日の日曜日まで平穏に暮らす家族。そして、月曜日が訪れ、その平穏がなくなってしまうというものでした。(その本を探すべく「明日は月曜日」で検索してみると、アマゾンで購入できるようです。)

話は遡り、私は、そのころ静岡にいて、行者をしながらSEをしていました。神戸の化学プラントの研究所にソフトを納めるために、日曜日返上で最終チェックをしていたのです。だから、1月17日は月曜日であったというのは鮮明に覚えています。

翌朝。1月17日の月曜日。静岡発の午前5時台、朝一番の新大阪行きの新幹線に乗って、納品にと、西へと向かいました。電車が動き始めてしばらくして、車内放送で、「関西方面で大きな揺れがあり、名古屋とまりになります。」とアナウンスがありました。

名古屋で待っていれば、そのうち動くだろうと考え、とりあえず、名古屋で降りて、待合室に向かいました。その待合室のテレビで見た光景は、信じられない神戸の姿だったのです。静岡に引越しするまで慣れ親しんだ、阪神電車や阪神高速の無残な姿に、ぼうぜんとしました。

クライアントに連絡するも不通。一旦、静岡に引き返して、荷造りをしなおし、翌朝、新幹線が京都まで動くというので、とりあえず、京都に出て、大阪止まりの電車に乗ったのです。その先、西へ向かうは不通でした。

大阪市内のクライアントの大阪支社に立ち寄ったものの、研究所のメンバーとは連絡が取れない状態。私は、徒歩で神戸入り。詳細を申すには心が痛む光景に・・

研究所もなくなっていたというのに、私がSEとしての仕事を失った事に気がつくのは、何ヶ月も過ぎてからだったのです。それを機会に、SEをすっぱりやめて、行者ひとすじへと進んだのです。

それでも最初のうちは、悲しいかな人の性かな、食っていかなければならず、行者をしながら、色々な仕事に就きました。暮れの寒行が近づくたびに辞職しては、翌年に、また新しい仕事に就くの連続でしたね。それでも、被災した皆様の事を思うと、贅沢で申し訳ないと思いました。

神戸の心が痛む光景を見て、二度と話さないと思っていたのですが、19年が経ち、はじめて、ブログでお話しました。それは、私達には風化させてはならないものが常にあるように思ったからです。

そして、阪神淡路や東北だけでなく、私の近くだけでも、近年、新潟県小千谷、長野県栄村等がございますように、全国にはいろいろな被災地がございます。どこで何が起きても不思議ではないわけですので、平成26年が、皆様にとりまして、大難は小難に、小難は無難となりますよう、お祈り申し上げます。

尊無上亜甲中玄    玄上

平成26年度発展安泰祈願受付中です。

誰にも言えないお悩みは行者に相談

毎日の運勢やお話が無料メルマガで届きます。

雄大な山々、まさしく至心玄道、私の「哲学」なのです。

« 低温注意報が続いています。 | トップページ | こよみ|寒中お見舞い申し上げます。今日は、大寒。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 低温注意報が続いています。 | トップページ | こよみ|寒中お見舞い申し上げます。今日は、大寒。 »