至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月30日 (水)

【白馬】カタクリの花が咲くGW、白馬岳と小蓮華山。

140428_145006
一昨日、猿倉からの帰り道、林道脇にカタクリの花がたくさん咲いているのを見かけて車を停めて撮影しました。猿倉に向かう県道白馬岳線沿いはミズバショウも咲いているところもあって雪融けと共に楽しむことができます。

140428_150032先日、冬季通行止めが解除された県道白馬岳線。猿倉の駐車場は除雪が行き届いていて広々となってGWのお客様をお待ちしています。
その駐車場からは、ごらんのように白馬岳と小蓮華山を望むことができます。白馬の観光ついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
大自然のエネルギーを体いっぱいに受けて、リフレッシュしますぞ。

尊無上亜甲中玄   玄上

2014年4月29日 (火)

【白馬】GW、桜と雪山、見物撮影スポット

GWの白馬は桜やコブシの花が咲いてアルプスの雪山をバックにたいへん美しい季節です。見物撮影スポットと題名をつけましたが、今の時期、白馬のどこでもそういう風景を見ることができます。

140427_121052私の住んでいる近くでは、国道148号線を北上して松川橋を渡ったすぐに森上の信号があります。そこを左折(アルプス側の曲がる)すると、桜並木になっています。

140427_121118これがその桜並木です。この写真は曇っていて鮮やかでないのですが、消防署(北消防署)前で撮った写真です。ここから、ずっと1.5kmほど桜の道が続きます。

一昨日載せました信濃森上駅の老桜も満開ですし、昨日載せました白馬北小学校と白馬高校の間の桜も見所です。

100502_092524小学校と高校の間の道をアルプス側に進んで、村道を横切って細い道に入っていくと、アルプスが一望できる広い野原です。そこからは、コブシがところどころに咲いているのを見ることができます。でも、電線や送電線が写りやすいので撮り方を工夫しないと写真にするには難しいかもしれません。

100502_092719その道は、やがて県道白馬岳線(オリンピック道路)に出ます。 その近くで撮影した花と雪のアルプスです。送電鉄塔が写ってしまっていて残念ですが、GWから初夏にかけて、白馬村内いたるところで、花と雪の北アルプスを望むことができます。心が安らぎますぞ。

尊無上亜甲中玄   玄上

2014年4月28日 (月)

【白馬】白馬の桜はゴールデンウィークに満開になります。

140428_143420
先日、北海道の帯広で桜が満開になったというニュースを見ましたが、白馬も桜が満開になりました。白馬は帯広よりうんと南ですが、標高が帯広より約660m高いので同じ時期になります。

さて、上の写真は4月28日の白馬北小学校の校庭の桜です。そうです、日本珍百景で「校庭にジャンプ台のある小学校」で有名になったそうですが、この小学校の桜の風景、関西~東海~関東での3月終わり~4月初めの卒業式や入学式の頃と似ていませんか。

左奥の雪山は、白馬鑓ヶ岳です。桜などの花々と雪山の美しい季節。アルプスと花の風景が絵になる白馬にいらっしゃい。

尊無上亜甲中玄    玄上

2014年4月27日 (日)

【白馬】JR信濃森上駅前のゴールデンウィーク桜です。

140427_083541
北アルプス山ろくは、花や雪山が美しい時期となりました。GWには桜が満開になる白馬です。白馬村内はいたるところで桜やコブシが咲いてきています。
この写真は、今朝(2014/4/27)のJR信濃森上駅前の老桜です。ほぼ満開になっています。左端の雪山は白馬鑓ヶ岳。

2014年4月24日 (木)

【2014GW】ゴールデンウィーク北アルプスの天気

北アルプスでは毎年のようにGWの時期に悪天候時の遭難事故が発生していますので注意喚起いたします。

※4月からずっとですが、長野県北部山間部および乗鞍上高地地域に融雪・なだれ注意報が出ています(2014/5/2)。ご注意ください。

今年2014年の北アルプスのGWのお天気は4月29日午後~5月1日が荒れ模様になる予報(4/29現在)が出ています。4月30日~5月1日は強風・大雨、高いところでは一時的に大気の状態が不安定になり吹雪になるかもしれません(4/29現在の予報)。

4月29日~5月1日に山岳で行動する日程で、北アルプス登山や山スキーを計画されている方は予定を変更したほうが無難です。5月2日は天候が回復する(4/29現在の予報)そうです。

それも長続きはせず、不安定な天候で、5月3日からは大気の状態が不安定で、5月5日頃は天気が崩れる(5/1現在の予報)ようですので、5月5日の計画は変更したほうがよさそうです。

天候が崩れる前に、下山は早い目にして山ろくの温泉でのんびりしたほうが良いです。入山前には逐次天気を確認するようにしてください。

130509_114818晴れれば爽快な北アルプス。でも、気温は朝夕は氷点下10度以下になることもあり、晴れた日中でも最高が2~3度の時も珍しくありません。また、悪天候になると稜線は真冬並みの吹雪に見舞われることもあります。

GWの大型連休の時期、都会近郊の山は春山ですが、北アルプスはまだ冬山であるという認識が必要です。

先日、ざっと見てきましたところ、雪崩れそうなところが残っていますので、悪天候時はもちろん、晴れても気温が上がって緩んでくると危険です。また、今の時期、ビーコンの携帯は必須です。

事故のない楽しい春の雪山登山となりますようお祈り申し上げます。(写真は昨年5月上旬の猿倉台地から杓子岳の双子尾根双子尾根JP方面です)

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。  

  雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2014年4月22日 (火)

小保方氏のSTAP細胞問題に行者もの申す。

ブログで申そうかどうか迷っていたのですが、本日発行のプレミアムメルマガ「玄上の運命を良くするお話」で、それに触れましたので、もの申します。

タイトルには「小保方氏の~」と書いたのですが、そもそも、この問題は小保方氏個人のだけの問題ではないと私は考えています。これにおける私の考え方をお話します。

何十年もの昔、私が大学に通っていた頃、機械工学でグループ分けがあり、私はひとつのグループのリーダーをしていました。レポートの提出のために、毎夜夜なべをして仕上げたのですが、機械工学の単位の成績が「可」だったのです。絶対に「優」と思っていたので、再審査を申し出たところ、担当教授は「不可」にしたかったというのです。それには、これから述べる落とし穴があったのです。

そのレポートの提出期限直前に、グループの他の学生は、エンジョイしていて手をつけていないとの事だったので、私の作成したレポートをコピーして、参考にすればいいと思い手渡したのです。そうすると彼らは、それを丸写しして、提出していたのです。グループ全員が同じレポート。これは、あってはならないことなのです。

あれから40年近く経った今、ネットが発達して、そのような事が学生の間で日常茶飯事になってしまっているようです。それをしているほとんどの学生は追試とか再提出に追い込まれているようなのですが、それで合格すれば単位が取れて留年しないで済む。そして大卒の称号を与えられ、就活やらで社会に出てしまう。

私の時代には追試とか再提出という甘いものはなく、コピペして「不可」となれば留年は必至。それが積もれば、中退となる。今や、そんなことになれば大学側が訴えられそうな雰囲気。なんと、ゆるい時代になったのだろうと思います。

今回の問題の責任の所在を個人に押し付けようとするような記者会見も行われていますが、それは、一個人の責任問題ではなく、ネット情報社会の資質自体の問題であろうと考えます。

世間では、STAP細胞が存在するかとか、捏造がどうかというのとか、理研との対立がどうのとかを問題視していますが、私は、世間全体、ちょっと視点がおかしいのではないかと思います。私自身、あれは、直接的な捏造ではないと思います。STAP細胞もあるかもしれない。

それが問題ではなく、あれほどの博士が、そして、世界最上級の論文に、画像や文章をコピペした事自体の科学者の全体としてのモラルの低下を危惧しなければならないのではなかろうか。先に申しましたレポートの学部生たち並の行動が、情報社会に蔓延しているのではなかろうか。

先ほど、「直接的な捏造ではない」と申しましたが、コピペしている以上は捏造とみられても仕方のないことだが、あの論文を提出前に修正するには、そう難しくなかったと思います。写真の下に、「~からのイメージ画像」と注釈をつけたり、「~製薬の論文より」と出所を明記していれば事は足りたのではなかろうか。本当の画像があるなら、それをつければよかっただけではなかろうか。

しかし、コピペがあたりまえの時代になってしまい、その配慮に欠けている。世間では大きな問題になってしまいましたが、無責任な情報の断片が独り歩きしているようにも思えるので、一個人の責任の問題で片付けられるものではないのです。

今後、コピペレポートの学部生なみの博士を出さないためにも、研究社会において再考しなければならないのではなかろうか。

尊無上亜甲中玄    玄上

無料メルマガではお目にかかれない行者のお話は、著名人ご用達、プレミアムメルマガ「玄上の運命を良くするお話」にご登録ください。

2014年4月16日 (水)

亜甲中玄|心開綬感大玄行山行が始まりました。今日は針ノ木雪渓。

140416_112922
ブログの更新をサボっているうちに春が来てしまいました。心開綬感大玄行山行が始まっています。今日は、関西からの入行者を針ノ木大雪渓にご案内をし、神通清浄祈と浄縁祈をいたしました。

140416_111634今日(4/16)扇沢バスターミナル、黒部アルペンルートが開通して、扇沢は観光バスがいっぱい。でも、バスターミナル横の針ノ木雪渓登山口から雪の上に立つと、そこは静寂の世界。開通初日なので、雪上はバージンエリアでありました。

さ、精神修養に体質改善に力をつけに心開綬感大玄行山行におこしくださいな。

尊無上亜甲中玄   玄上
 

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »