至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 約20年愛用の12本爪アイゼンです。 | トップページ | 6月、栂池自然園から白馬乗鞍岳~白馬大池 »

2014年5月31日 (土)

約20年愛用のピッケルです。

Img028今日は昨日のアイゼンに引き続き、雪山の必須七つ道具の一つピッケルです。
これは、平成7年の晩秋。南アルプスの三千メートルが冠雪し、そろそろ山々が冬山になろうとするとき、三伏峠から南アルプスに長期山行に入ったときの大型ザックの写真です。
ちょうど、その時期は、一雨(雪)ごとに、雪が深くなるので、装備も本格的な冬装備が必要になっていきます。
ザックの横には、昨日お話しました12本爪アイゼンの入った青い袋がありますが、背にはピッケルが逆さまにザックに取り付いているのがおわかりいただけると思います。
当時としては画期的なチタン製で、軽くて使い勝手がいいです。また、強いので磨り減りにくく、研がなくても、いつもシャープです。それに錆びません。

Img027さて、そのピッケル。約20年経った今も愛用しています。長年、雪山を行動を共にしました思いの詰まったピッケルです。
これは、先日の杓子岳山頂での写真です。
赤い紐がついていますが、これを幼稚園掛けしていくと、万が一の時、手からピッケルが離れた時に、手繰り寄せる事ができるので助かります。それと、何回か置き忘れそうになったこともありましたが、ずるずると後ろから着いてきていました(笑)。
あと、一ヶ月もしないうちにこれを使わない夏山の季節になります。一年は早いものですね。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 約20年愛用の12本爪アイゼンです。 | トップページ | 6月、栂池自然園から白馬乗鞍岳~白馬大池 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 約20年愛用の12本爪アイゼンです。 | トップページ | 6月、栂池自然園から白馬乗鞍岳~白馬大池 »