至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 【大雪渓】白馬大雪渓ケルンと秋のルート図 | トップページ | 亜甲中玄|秋の力量増強スペシャル2014。 »

2014年8月31日 (日)

山登りのトレーニングのススメ

山修行と申しましても、中高年登山者の「高」の部類に入りつつある私ですが、普段はアルプスの山々そのものを駆けることによって体力が維持されています。御玄綬や稜線の悪天候で山に行けない日が続いた時は困りますね。

140831_083434と、いうわけではないのですが、今日は早朝から、白馬のジャンプ競技場に行ってまいりました。長野オリンピックのジャンプ競技のあったところです。先日もサマージャンプの国際大会が開かれておりました。
でも、普段は、ご覧の通り、閑散としていて、時折、観光に来られた人がいるくらいです。たまに、ジャンプの練習をしている風景に出くわす事もあります。
さて、ここで私がトレーニングをするのはジャンプではありません(笑)。ジャンプ台の横にある観客席の階段を上り下りします。

140831_085955 階段は216段、高低差は約40m近くあります。これを26回往復すると、標高差1000mの急勾配の山歩きに匹敵します。

山登りを志す方は、いきなり運動を始めると危険です。日本アルプスでは、普段の運動不足により途中で動けなくなってしまうような疲労遭難も現実的にございます。そこで、お近くの山寺の長い階段やビルの屋内非常階段でトレーニングしてみてはいかがかなと思い、ブログに掲載しました。このような長い階段がない場合は、ご自宅の階段を何往復するのもよろしいかと思います。山歩きと違って、なんだか地味で、少し空しく(笑)なりますが、その一歩の一歩の苦労の先に、素敵な山々の風景が待っていると頭に思い浮かべると気合がこもりますぞ。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 【大雪渓】白馬大雪渓ケルンと秋のルート図 | トップページ | 亜甲中玄|秋の力量増強スペシャル2014。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【大雪渓】白馬大雪渓ケルンと秋のルート図 | トップページ | 亜甲中玄|秋の力量増強スペシャル2014。 »