至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 【辻説法】「死後の世界」に、もの申す。 | トップページ | 北アルプスの紅葉2014。白馬岳の紅葉です。 »

2014年9月27日 (土)

白馬岳~杓子岳~白馬鑓ヶ岳、白馬三山日帰り縦走です

140927_121734
一昨日は台風崩れの温帯低気圧が北に偏ったため、まだ初冠雪には至っていません。そこで、雪が来る前にと、本日(2014年9月27日)、白馬三山を猿倉から大雪渓を登って、鑓温泉小屋から猿倉に下山の日帰りしてきました。紅葉は、例年より早いみたいで、たくさん写真を撮ってきています。後日、当ブログに掲載いたします。
上の写真は、白馬鑓ヶ岳への登りから杓子岳を見おろした風景です。今日の稜線は、雲がわいて、視界が悪かったので、ときおり現れた杓子岳を撮りました。

ご注意:10月中旬~6月下旬の白馬岳連峰は積雪期です。鑓温泉の上部は7月半ばまで積雪で通行できない年もあります。

140927_070156白馬大雪渓、3号出合付近の紅葉です。ガスが出ていましたが、一瞬の晴れの間に撮る事ができました。
今日は日の出の5時40分ごろに猿倉を出発しましたが、例年なら夏山シーズンが終わると閑散とする猿倉の駐車場が満車状態。まるで夏山トップシーズン中の状態です。空前の登山ブームなのか、長野県遭難対策協議会の方も白馬尻で指導しておりました。 なにしろ、9月に入って、北アルプスの遭難の数がものすごいです。さらに、これから雪がきますので無理をしないように。


140927_101959まずは、白馬岳山頂(2932m)です。白馬岳までは、下が雲海で、稜線は晴れていたのですが、すぐに黒部側から雲が上がってきました。なんとか、剣岳の山頂の先っぽだけ拝む事ができました。




140927_102426これから向かう、杓子岳や白馬鑓は雲がかかってきて見えません。風に舞う雲は竜神様のように飛んでいます。






140927_110259白馬岳から杓子岳へは、丸山と杓子岳のコルに降下します。どんどん下っていくので、下り始めると覚悟を決めて、杓子岳への登りを頑張るしかなくなります。




140927_113148杓子岳への登りから、白馬岳を望む。ちょっと晴れてよかったです。大雪渓から登ってくる登山道も写っています。左には、白石のガラガラの丸山からコルに下る縦走路も写っています。




140927_114538杓子岳山頂(2812m)です。上を見上げると嫌になりそうな急なルートですが、巻き道の分岐からコツコツと高度をかせいでいると、意外と短く15~20分で山頂に着くことができます。巻き道を行かれる登山者もいますが、30分ほどしか時間は変わらないので、ぜひ立ち寄ってくださいな。



140927_115524杓子岳から白馬鑓へと向かう、杓子岳の稜線は、長野県側がきれ落ちていて、ちょっとスリリングですが、道幅が広いので見た目ほどではありません。5月に紹介しましたが、積雪時には、雪庇が長野県側に張り出しているところです。


140927_120638杓子岳から白馬鑓方面へ下って、巻き道を合流して、さらに杓子沢のコルまで下ります。今日は雲で見えませんが、前方には、うんざりするような急登りの登山道が見えていますが、コツコツ登ってみれば、意外と白馬鑓は近いです。




140927_125034白馬鑓ヶ岳山頂(2903m)です。ここで、長野県側が晴れてきました。雲海がすごかったです。

さて、いつもは来た道を戻るのですが、今日は久しぶりに鑓温泉には入りませんが、鑓温泉経由で降下しました。
大出原(おおでっぱら)の紅葉がすごくきれいでしたので、後日、ブログに掲載いたします。

140927_142010鑓温泉の上部は悪場になっていて、クサリ場もあります。また、それを過ぎて、鑓温泉までは右側に(登りの時は左側)切れ落ちていて、道幅も狭いので滑落要注意箇所です。





140927_142604クサリ場を過ぎて、しばらく降下すると、鑓温泉小屋が見えてきます。すでに、一部は冬季解体にかかっています。
例年なら、今の時期、それでも登山客の収容は十分なのですが、今日は、本当に登山客が多くて、一畳に2~3人の混雑振りでした。やっぱり、登山ブームがすごいのか、白馬人気なのか・・

140927_161205紅葉の小日向のコルまで戻ってきました。
鑓温泉に下山するコースは石がゴロゴロしていたり、岩場があったりで大変でした。また、杓子沢付近~小日向コルから猿倉林道までは、急ぎ足の割になかなか標高が落ちないし、労力の割りに大変なコースです。

白馬鑓から来た道を戻って、白馬岳村営宿舎経由で大雪渓に下ったほうが、杓子岳巻き道や丸山への登り返しがあっても、大雪渓の急降下があるので、楽に感じます。


さて、白馬三山の日帰り縦走は、かなりの健脚者でないと無理ですから、安易に真似をしないようにしてください。山小屋泊でお願いします。
登山ブームの折、中には、夕暮れを過ぎたら懐中電灯があるから大丈夫とか言われる方もいますが、まったくもって北アルプスでは無茶です。富士山のように簡単なわけにはいきません。
夜間は赤印を見落として迷ったり、積雪期は照らす道すらないのに登って遭難してしまうような、以前では考えられないような事故もございました。ブームはブームで良いのですが、その中にも、山のルールも学ばない無茶する人もいますね。
「ネットに出てたから自分もいける」、そんな簡単なものではありません。

さ、今日も三つの山で、神通清浄祈願をしてまいりました。今日は、ガスの中でしたので、いい写真を取れませんでしたが、とりあえず、まずはご報告まで。

こちら↓の記事もご覧ください。
10月の北アルプス。白馬岳遭難事故を教訓に。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 【辻説法】「死後の世界」に、もの申す。 | トップページ | 北アルプスの紅葉2014。白馬岳の紅葉です。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【辻説法】「死後の世界」に、もの申す。 | トップページ | 北アルプスの紅葉2014。白馬岳の紅葉です。 »