至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 亜甲中玄|秋の力量増強スペシャル2014。 | トップページ | 【白馬岳】秋の白馬大雪渓から稜線の秋の高山植物 »

2014年9月 3日 (水)

【白馬岳】9月の白馬岳稜線は草紅葉が始まっています。

140903_110046
2014年9月3日。白馬岳の稜線はすっかり秋めいてきました。富山県側の斜面は、草紅葉しています。ところどころに、秋の訪れを告げるトウヤクリンドウの白い花が咲いていますが、お盆を過ぎた頃から咲き始めます。


140903_100645今日は猿倉を午前7時前に出発して、午後2時前に猿倉に戻ってきました。久しぶりに白馬岳の写真を掲載するような気がします。
大雪渓はずっとガスが巻いていて、雲の上に出たら、こんな感じの展望が広がりました。杓子岳と、手前が、昼寝石付近のお花畑です。




140903_103702天気は下り坂なのか、剣岳も、白馬岳へと向かう稜線に出た時は見えたのですが、すぐにガスが上がってきました。見えている間にと、神通清浄祈を唱えて、写真を撮りました。







140903_110547白馬岳山頂(2932m)です。猿倉から4時間あまりで上がってきました。 山頂で祈念をして、帰りは2時間30分ほどで猿倉まで駆け下りました。
山頂はガスの中で展望はありません。また、吹き抜ける風は9月上旬のものというより、9月下旬のような空気が漂っています。素手では手がかじかむ冷たい風です。今年の初冠雪は早いかもしれませんね。



140903_111355白馬岳山頂から少し下った稜線の写真です。2号雪渓のてっぺんあたりです。今年のアルプスの夏山は良いお天気の日が少なく、こんな感じの日が多いです。
今年の天候の不順は高い山でも同じです。






秋の大雪渓や秋の高山植物の写真も取ってきていますので、順次掲載いたします。お楽しみに。

10月に白馬岳登山を計画される方に:10月には白馬岳は冠雪いたします。皆様のところは秋の始まりですが、北アルプスは冬になります。雪山となった白馬岳の写真記事のリンク 10月の北アルプス。白馬岳遭難事故を教訓に。 を参考にしてください。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 亜甲中玄|秋の力量増強スペシャル2014。 | トップページ | 【白馬岳】秋の白馬大雪渓から稜線の秋の高山植物 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 亜甲中玄|秋の力量増強スペシャル2014。 | トップページ | 【白馬岳】秋の白馬大雪渓から稜線の秋の高山植物 »