至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 白馬岳山頂から御嶽山の噴煙 | トップページ | 【白馬】北アルプス初冠雪2014、第二弾。白馬岳連山 »

2014年10月14日 (火)

白馬岳連山にナナカマドの赤い実だけが残る頃になると・・

141007_100448
 ナナカマドの真っ赤な姿を楽しませてくれた紅葉のひと時も終ると、葉が散ったあとには、赤い実だけが残ります。北アルプスに冬の到来です。

 ブログに初冠雪の写真を載せる頃、登山者と出会うシーズンが終り、まさに行者としての血が騒ぐ季節になります。そういう気持ちになると、写真を撮る気にもなりません。だから、冬季の山の写真はないのです。

 誰も寄せ付けない強力な場ができ、そのような場において、亜甲中玄との語らいの中で、新しい年の力を顕します。

 その時期、何十年も続いている寒行に対するモードの切り替えが身に染み付いてしまっているかのように、心が厳しくなっていくのです。

 至心玄道として、そういうモードに突入すること20周年。「白龍神玄徳光」に御参賀くださいました皆様には、まさに、真剣ありき強力な気の場をして祈念いたしております。

 ちなみに、このモードが融けるのは、アルプスが春になり、残雪に陽光が輝く頃であります。その間、厳しい心で、新年の祈願をお申し込みの皆様の新しい年のご安泰を祈念いたしております。

 まもなく、新年隆盛安泰祈願の受付が始まります。

尊無上亜甲中玄    玄上

 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 白馬岳山頂から御嶽山の噴煙 | トップページ | 【白馬】北アルプス初冠雪2014、第二弾。白馬岳連山 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白馬岳山頂から御嶽山の噴煙 | トップページ | 【白馬】北アルプス初冠雪2014、第二弾。白馬岳連山 »