至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 未(ひつじ)年の男は床の間に飾っておけ。 | トップページ | 冬のご挨拶と平成二十七年隆盛安泰祈願のご案内 »

2014年11月16日 (日)

未(ひつじ)年の女は門(かど)に立たすな。

「未年の女は門に立たすな。」というのも50年ほど前に祖母から聞いた話なのですが、当時、ご近所に、家のことを生真面目にする未年のおばさんがいて、家庭や親戚を上手くまとめておりました。

未年の女性は、温厚で、外から来られる方のあたりもよく、家庭的なふっくらとしたおふくろと言う印象があります。

ところが、「門に立たすな」と、いうのはどういうことか。

それを聞いてみたら、未年の女性は、一旦外に出ると、食いつぶすという難儀な性質があるらしい。昨日、「未年の男は床の間に飾っておけ」の話をしましたが、同様に、羊はいつもむしゃむしゃと何かを食べているという印象があるらしい(笑)。

優しくて人がいいという長所が、逆に、仇(あだ)となって返ってきてしまうのかもしれませんね。未年の女性諸君、家庭作りがよろしいようですぞ。

ただいま、平成27年隆盛安泰祈願御神符のお申し込み受付中です。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 未(ひつじ)年の男は床の間に飾っておけ。 | トップページ | 冬のご挨拶と平成二十七年隆盛安泰祈願のご案内 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 未(ひつじ)年の男は床の間に飾っておけ。 | トップページ | 冬のご挨拶と平成二十七年隆盛安泰祈願のご案内 »