至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2014年、年末を迎える今日があることの喜び。 | トップページ | 【白馬】新年初めて見える北アルプス白馬三山です。 »

2015年1月 1日 (木)

平成27年元旦。乙未(きのとひつじ)はどういう年なのか。

Photo

あけましておめでとうございます。本年一年、御護り給わらんこと、お祈り申し上げます。

平成27年元旦。

尊無上亜甲中玄   玄上



150101_103730信濃森上付近の様子です。白馬の元旦は、大雪です。大晦日の夕方から、ときおり、洗濯機の中でもまれているような吹雪になります。

150101_103651 信濃森上駅です。ハッピーバースデー大雪、そして、ハッピーニューイヤー大雪と、なんだか12月からハッピーな時に空から「体を動かせ」とばかりに雪かきをプレゼントしてくれています。


乙未はどういう年なのか。

年末年始はアルプスで日の出を見ようと山に登られる方がいるようですが、こんな天気まわりのときに、まあなんと申しましょうか、南から来る登山客、都会から来る登山客は、無茶しますな。

登山ブームで、天気図も書けない読めない登山者が増えているそうな。昨日大晦日の時点で、すでに10人近い遭難者が出ているようですが、こんな気圧配置の時に、厳冬期や気象に対する無頓着と申しましょうか、山に対する常識を逸しているとしか思えないのです。

これも、山岳雑誌などで、「山のファッション」や「冬に楽しむ~岳」とか、キレイな情報に流されがちな人の弱い心ですかな。そんな簡単なものじゃない。この年末年始の登山者に例えましたが、今年は、このような心にご用心ですぞ。

今年は「乙未(きのとひつじ)」。木陰で未が草を食べて優しそうな風景に見えるのだが、よく見ると、草花が食いつぶされてしまっている・・そういう年です。

そうならぬよう、どっしりとした物事を見抜く強い心で、一年精進してくださいな。優しそうな風景に流されて動くと、人生の遭難の危険があります。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 2014年、年末を迎える今日があることの喜び。 | トップページ | 【白馬】新年初めて見える北アルプス白馬三山です。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年、年末を迎える今日があることの喜び。 | トップページ | 【白馬】新年初めて見える北アルプス白馬三山です。 »