至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月30日 (月)

【辻説法】掌(たなごころ)

合掌

 明日で3月が終わります。年月の経つのは早いもので、2015年も4分の1が過ぎようとしています。

 さて、今年は、善光寺御開帳がございます。そこで、先日、信濃毎日新聞で善光寺御開帳の特集記事があり、冒頭に「掌(たなごころ)」の文字が際立っていました。今日は、久しぶりに辻説法です。

 「ありがとうございました」「おねがいします」などと両手を合わせる心。新聞記事中にもございましたが、まさに、国や地域、宗教という枠を超えて大切な心のあり方ではなかろうかと思います。

 両手を合わせるときは、肩に力を入れるのではなく、そっと合わせることにより、心中の気が整います。

 不安や怒り、悲しみといった気が漂っているこの頃ですが、そういう時こそ、「掌」、大切ではなかろうか。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2015年3月24日 (火)

花粉症で辛いときは北海道へのご旅行がおすすめ。

150324_064349 北海道から八戸にわたって、白馬へ戻る途中、東北自動車道から岩手山です。東北は冬型になって雪が積もって、高速道路もカツンカツンに凍っています。

昨日は北海道の占冠~夕張の間が吹雪で道東道が通行止めになるやらで、真冬が舞い戻ってきたような天気の北の国ですが、真冬のように大積りしなくなってきています。もう春ですね。

ところで、内地では花粉症の季節ですが、北海道はスギ花粉の飛散がないので、花粉症の方は北海道に数日滞在していると楽になると聞いております。花粉症で辛いときは、北海道へのご旅行がおすすめですぞ。

尊無上亜甲中玄    玄上

2015年3月16日 (月)

【白馬】北アルプス、白馬三山。3月の眺めです。

150316_102936
1月5日以来でしょか、もう3月も半ばになってしまいましたが、久しぶりに白馬三山の写真を掲載いたします。国道148号線にかかる松川橋からの眺めです。春ということもあって、少しかすんでいます。
中央やや左には、松川の雪捨て場があって、大型ダンプが雪を運んできては、雪捨て場におろしています。青いダンプが雪の上に写っています。

さて、もうすぐ彼岸の入り。暑さ寒さも彼岸までと申しますが、寒暖の差が激しいこの頃、ご健康管理には十分ご注意ください。温いからと油断していると、風邪をひきますぞ。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2015年3月12日 (木)

3月の大雪。白馬の春はまだこんな状況です。

150312_080809
爆弾低気圧の通過で冬型の気圧配置となり、一昨日から雪が続いている白馬です。上の写真は信濃森上駅付近ですが、地吹雪になると、前が見えなくなってしまいます。この冬は12月からの降る雪の量がすごいですね。

150312_0813563月も半ばに入っていますが、まだまだ大雪が続いている白馬です。庭の除雪の山は3mを超えております。スノーダンプですくっては山登りの繰り返しです。この雪の山は、スノーラ除雪機でできた山ではなく、しっかりと踏み固まっていて、体積以上に多くの雪が詰まっております。

150312_083315なんとか駐車スペースを確保しています。
そして、裏の窓から見た畑と農機具小屋・・のはずですが、ん?どこにあるのだろう。 見えるのは窓の半分の高さにまで積もった雪だけです。
150313_091531そういえば、今日で栄村の大地震から4年が経つのですね。あれは、東日本大震災の翌日でした。白馬でも震度4だったように記憶しています。
今朝の信濃毎日新聞に、4年が経ちましたので「復旧から復興へ」という見出しで掲載されていたわけですが、昨年の白馬神城断層地震の影響もまだ、復旧の前の仮復旧の状態です。雪が解けるとボコボコの道路が再び顔を出すことでしょう。ほんと、今、ボコボコなのです。

さて、このように、目に見える災害もあれば、意外と知らずにいるのが、目に見えぬ災害です。それは、人々の心の荒廃。最近の一例として、川崎の中一殺害事件の加害者の親の荒廃したる心。真摯という二文字はいずこに消えたのでしょう。

この世が、平穏となりますようお祈り申し上げます。

尊無上亜甲中玄   玄上

2015年3月11日 (水)

東日本大震災から本日で4年が経ちました。

150216_063452
東日本大震災から本日3月11日で4年。忘れることの無い日であります。犠牲になられました方々のご冥福をお祈りしますと共に、復興途中の皆様のご苦労をお察し申し上げます。

写真は2月に北海道の帰りに、三陸沖を航行する太平洋フェリーから撮った日の出です。この海域を通るたびに、3.11を思います。仙台が近づくと、気仙沼など被害の大きかった街が見えます。

このような事が起こりませぬように、いつも祈念いたしております。

尊無上亜甲中玄     玄上

2015年3月10日 (火)

寒の戻り。3月の大雪です。

150310_131835  今日は、爆弾低気圧が通過しているとの事で、白馬は吹雪であります。まさに、「寒の戻り」。写真は道場の庭ですが、久しぶりに除雪しなければなりませんね。午後から猛吹雪になって視界が悪くなっています。それにしても、今日の雪は湿り気があって重いです。明日も雪の予報が出ているので、まとまった積雪になりそうです。

 皆様のところはいかがでしょう。北陸や北日本では、荒れ模様とのことですので、十分お気をつけください。

尊無上亜甲中玄    玄上

2015年3月 6日 (金)

こよみ|今日は「啓蟄」2015です。

150306_084233 今日は、二十四節気のひとつ「啓蟄」です。雪が融けて春の訪れが近づいて、虫が穴の中で動き出す時期。草木も新しい芽を出そうと動き出す時期であります。

でも、この冬は雪が多く、庭には除雪で積み上げた雪の山が、まだ2メートルございます。

150306_084423一階の軒下部分です。お隣さんは一階の部分も完全に埋まっている状態。虫が動き出すような地面が見えるのはいつになることやら。です。

それでも、春が着実に近づいてきています。さあ、皆様も冬から春へと、陽光に照らされますように、遠い空の下から願っていますぞ。

尊無上亜甲中玄    玄上

2015年3月 3日 (火)

高峰高原から水ノ塔山。霧氷です。

150301_100842
今日はひなまつり。春の訪れでありますが、標高2000mはまだ真冬でございます。写真は、先日、3月1日、高峰高原から水ノ塔山(みずのとやま:2202m)の途中の岳樺の霧氷の様子です。

アサマ2000スキー場を横切って登っていくわけですが、スキー場を登りきったところの雪原では、きれいな霧氷を見ることができます。

東信の山は白馬に比べると晴天率がよく、降水量も少ないので、雪が少なく、3月ともなるとよく締まっていて歩きやすくなっています。でも、寒いところですね。気温もキーンと、よく締まっております。

さ、もうすぐ啓蟄です。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »