至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

【白馬】北アルプス山ろく、桜と雪山2015

150429_093405GWの白馬は桜と雪山の美しい季節です。でも、2015の今年は、気温の上昇が早いのか、桜の咲き方がいつもとちょっと違います。生暖かくて、なんだか変な春です。

桜の花と同時に葉が出てきてしまい、「まんかーい!」という感じにはなっていません。半分桜の花で、半分葉桜という感じです。

写真は、国道184号を松川を北へ渡った森上交差点を山側に入ったところ、北消防署付近の桜並木です。白馬鑓ヶ岳~天狗の頭の北アルプスの真っ白な稜線をバックに、桜が美しいところです(写真をクリックすると大きくなります)。

150429_093918信濃森上駅前の老桜です。こちらも、桜の花と葉が入れ混ざって、すっきりとした満開の桜ではありません。

桜のほか、コブシなどの花も咲いていて、花と雪山のコントラストが美しい白馬の春の風景を楽しむことができます。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2015年4月29日 (水)

亜甲中玄|霊験新たに心開綬感大玄行です。

4月下旬、今年も2015年の心開綬感大玄行の山修行が始まりました。昨日、関西方面からおこしになられ、爺が岳南尾根山中において、御入行です。

150428_110448 針の木岳、スバリ岳、鳴沢岳方面を望みながら、神通清浄祈を唱え、瞑想行をいたしました。風雲湧き、アルプスのすぐ上を流れ行くさまは、白竜神が峰々をわたるお姿の如きであります。

この大いなる大自然の気を全心身に受け、大徳力が賜りますようお祈り申し上げます。

心開綬感大玄行は里道場で行うのと、山修行がございます。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2015年4月26日 (日)

コペンハーゲンのお花見の風景です。

Hanami_kovenhaven20150425_054c
デンマークから、桜満開のお便りです。昨日4月25日(現地時間)コペンハーゲンでお花見「桜祭り in コペンハーゲン」があったそうで、たくさん 写真を送っていただきました。

Hanami_kovenhaven20150425_053日本のお茶会も開かれていたようです。日本でよく見かける花見で酒盛り宴会とは違い、品がある感じのお花見です。

Hanami_kovenhaven20150425_086なぜか、コペンハーゲンのお花見には、戦国サムライもいるようです。サムライさんもお花見を盛り上げております。

Hanami_kovenhaven20150425_115_2 満開の桜です。息子さんを肩車しているのは、写真を送ってくださった方のご主人です。いつも、近況の写真をお送りくださりありがとうございます。



さて、白馬の桜は、現在五分咲きぐらいです。 一気に暖かくなって、GWを待たずして咲き始めました。あと3~5日で満開になりそうです。雪山と桜が美しい白馬です。豪雪であることを除けば、コペンハーゲンと気候が似ているのかな。

九州から桜が咲いたとのお便りをいただいて、一月半あまり経ちますので、南のほうはもう葉桜になっているかもしれませんね。今一度、このブログで桜をお楽しみくださいな。後日、白馬の桜もお伝えします。

尊無上亜甲中玄    玄上

2015年4月23日 (木)

5~6月は爺が岳南尾根へ。

150423_110949
今日(2015/4/23)は心開綬感大玄行の山行の下見に、柏原新道から爺が岳南尾根へと行ってまいりました。写真は、八ツ見ベンチのところから針の木岳です。

150423_101838扇沢出合。柏原新道の登山口です。橋を渡った駐車場には、まだ雪があるので4/23現在は使えません。ロックシェッド付近の空いているところに車を止めるか、バスターミナル付近の駐車場にとめて登山口まで歩きます。

150423_113028柏原新道にも積雪があり、ところどころ急斜面のトラバースになります。夏ルートでは危険な積雪のため通行できないところもあり、尾根ぞいに藪こぎに近い冬季ルートを行きます。4/23は中継アンテナのあったところから、柏原新道と別れて、尾根ルートに入りました。

150423_111919八ツ見ベンチを通り過ぎたところで、柏原新道が積雪でなくなります。ここから、南尾根ルートへと、雪の急斜面を登ります。

柏原新道で種池に行くことができるようになるのは7月上旬になってからで、それまでの積雪期は、南尾根冬季ルートを爺が岳南峰に登って種池に下ります。7月上旬になっても、柏原新道は上部の沢に雪があると通行困難な場合がありますので、その頃に登るときは、種池山荘に問い合わせるといいでしょう。

150423_112444以前、針の木岳の雪の急斜面のトラバースで怖い思いをしてから、雪の急斜面のトラバースが苦手になってしまったカミサンですが、お天気が良かったので同行してもらいました。この写真は、南尾根ルートから八ツ見ベンチに下る途中のトラバースです。

さ、しばらく良いお天気が続く予報が出ています。心開綬感大玄行の山行。大自然の力を全心身に受け、徳力賜りますようお祈り申し上げます。

ところで、県道白馬岳線は4月28日まで冬季通行止めで、29日より開通します。もうすぐ猿倉が使えますので、5月以降は、猿倉台地や小日向コル方面、白馬大雪渓への山行へと移行してまいります。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

【北アルプス】白馬大雪渓や白馬岳周辺の山岳状況の動画

長野県警の山岳情報のHPで、山岳状況の動画が配信されていてます。白馬大雪渓や白馬岳周辺の空撮での解説もございますので、遭難防止の観点からご覧にください。

山登りに関係のない方も、ご覧になって楽しまれるのもいいかと思います。

クリックしてご覧ください【山岳状況の動画】


尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2015年4月22日 (水)

【辻説法】霊感が強いということのお悩み。

先日、関東方面拝顔巡業も終わり、久しぶりに辻説法です。

たまにですが、霊感についてのお悩みの相談を受けることがあります。

「霊感の強い知人に、婚約している人と結婚したら今までにない苦労をする。」と言われたことに悩んでいる人。「5歳の子供が霊感が強くて、夜になると何かが見えて怖がるのです。」と悩んでいる親御さん。

さて、それは、はたして霊感が強いのであろうか。また、それは霊感であろうか。私はそうではないと思います。霊感とは、そのような幼稚な次元のものではありません。なんと考え方がうすっぺらいものかと思います。

「霊感が強い知人」「子供が霊感が強くて」と、霊感の強弱が、はたして相談者はわかっているのだろうか。何をもって霊感が強いと思っているのだろうか。これらの例には、ある危険が潜んでいるのです。

まず、霊感が強いという子供さんの場合。親御さんが、霊感が強いということに恐れたり、それを傲慢に受け止めたりして、いたづらに霊感が強い子供像に仕上げてしまうことです。

なんで夜にならないと見えないのか?あるならあるで、昼でも普通にあるとしたもので、そこに「霊感が強くて」と、霊感のせいにしてしまうのは、子供の心の成長において危険な事なのです。

その子供さんが大きくなれば、罪深くも霊感の強い知人になるかもしれない。その霊感の強い知人には、ひとつの罪があります。

自己が、霊感が強いうという優越感で人を脅してはなりません。婚約して幸福の絶頂にいる人を無責任に悩みの種を持たせた事になるのです。

本当に霊感が強いなら、いちいち言葉にはしない。目に見えぬ事を言葉にして伝えるほど面倒な事はない。自分が述べた言葉が相手にどのような影響を及ぼすかは瞬時のうちにわかるものである。

それもわからずして、優越感半ばで「結婚したら今までにない苦労をする。」と述べているなら、それは「霊感が強い知人」ではなく、「深いごうと暗黒の気を持つ知人」とさえ感ずるところであります。

そら、結婚して家庭を持てば独身時代にはなかった苦労をするというのは世の常であり当然のこと。だから、霊感の強い知人に言われた事なんぞ気にしないで、一生に一度(たまに二度三度の人もいますが・・笑)しかない幸福を味わうが良い。

また、霊感が強いというお子さんについては、それ霊感と処理して逃げずに、親として正面から心の成長を見守ってあげてほしいものです。

最後に、はたして霊感とは何ぞよ。わかっているようでわかっていない言葉の一つではなかろうか。それは、人を怖がらせるためにあるものではない。まして、優越感に浸らしめるものでもない。

霊感の次元を語るに、簡単に「霊感が強い」などとは申せるようなうすっぺらいものではないのです。本来は、大自然の徳の元における営みにあり、崇高なる感覚であります。

そう、現在、世間でいわれている霊感像をみなおしてみてはいかがですかな。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2015年4月20日 (月)

関東方面 栃木・宇都宮、千葉・船橋、2015拝顔巡業が修行いたしました。

2015拝顔巡業が始まり、まず、はじめに、関東方面 栃木・宇都宮、千葉・船橋、2015拝顔巡業が修行いたしました。一昨日、昨日と、御参賀くださいました皆様、ありがとうございました。またお会いいたしましょう。残雪と花々が美しくなる初夏の白馬にもぜひおこしくださいな。

150418_124832 宇都宮駅の餃子像です。なんともひょうきんな像ですね、今年の関東巡業は、宇都宮も船橋も一日中お話していましたので、写真を撮りにプチ観光する時間がなくて、モバイルから当日ブログに掲載した写真と、この一枚だけです。

メールだけではお顔が見えなかった方と、生のお姿で向かい合ってお話できますことは、とてもよいことですね。また、いつも道場におこしになられている方も、拝顔巡業の会場でお会いしますと、これもまたイメージが違う側面をおうかがいでき、何度もお会いしている間にファミリーのような感じがいたします。白馬に戻りましてもお顔を思い浮かべることができるということは、いっそう力がこもりますね。

さて、次回は、九州方面拝顔巡業です。

尊無上亜甲中玄    玄上

2015年4月19日 (日)

今日は船橋拝顔巡業です。

今日は船橋拝顔巡業です。
今日は船橋拝顔巡業です。千葉県内をはじめ、茨城、東京、神奈川からおこしの皆様よろしくお願いします。
今朝は5時すぎに宇都宮を出て首都高が混む前に船橋に入っています。栃木県の皆様昨日はありがとうございました。御拝顔できますこと、今後も皆様のお顔を思い浮かべながらお祈り申し上げます。

2015年4月18日 (土)

関東方面拝顔巡業、栃木県にきています。

関東方面拝顔巡業、栃木県にきています。
今日と明日は関東方面拝顔巡業です。今日は栃木県宇都宮、壬生で高速を降りて宇都宮市街地に向かう途中、H2ロケットを発見。栃木県科学こども総合科学館です。
こどもの頃から宇宙科学に親しむのは心の発達にもよいことですね。
本日は栃木県の皆様よろしくお願いします。

2015年4月10日 (金)

【北アルプス】白馬三山から剣岳を望む。

2015spring_turugi
白馬三山から後立山連峰からは剣・立山連峰を望むことができます。逆に、剣岳から後立山連峰を見れば、まるで屏風のように山脈が連なっている様子を見ることができます。

GW前後の時期、剣岳はまだ雪で閉ざされています。その剣岳を拝みに、急峻でスリリングな雪尾根を登りつめると、黒部の谷からそそり立つ巨峰が目の前に現れます。

いつも「あー、またあれを登るのか」と思うとゾッとするわけですが、結局は、また登ることになるのです。上の写真は、丸山と杓子岳の鞍部から杓子岳方面へと登りつめた稜線から望む剣岳です。

夏山のように登山者で喧騒としていない雪山の時期。神々しい風が心地よい。霊験新たに瞑想に入る幽玄たる感覚。この世ではない神秘の力を感ずる。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2015年4月 9日 (木)

気象庁や科学者には伝わらない白馬神城断層地震。

ドドドドドーッ。4月9日午前9時15分ごろ地震がありました。でも、記録は白馬村と小谷村で震度1。あのゆれで、震度1だなんて、ありえない。家具が揺れて「これ以上来るな」と思ったらおさまりましたが、少なくとも震度3ぐらいはありました。

あれが震度1だなんて納得いきませんな。こんな具合ですから、昨年の11月22日、気象庁の発表では白馬は震度5強となっていますが、被害の大きかったところは局地的に震度6強~7はあったのではないかと思います。

こちらでは、白馬神城断層地震が起こるまででも、たまにドドッとかドドドッと震度1~2ぐらいに家屋が揺れがありました。気象庁のHPで地震として発表されなかったので気に留めていなかったのですが、あの大地震があってどうやら本物の地震だったことがわかりました。

どうしてそのようなことになるか。それは、神城断層がここのすぐ下を通っているからです。局地的な地震。ずっと住んでいる人にしかわからない、気象庁や科学者には伝わらない地震が多発しています。これを観測できないなんて科学技術もまだまだ伸びしろがいっぱいですな。

それはそうと、まるでナマズを地下で飼っている気分です。そんな趣味は無いのですが・・(汗笑)。

ゴールデンウィークは清里~野辺山ハイキング・飯盛山登山がおすすめ

GWの北アルプスは、まだ雪山です。そこで、もっと手軽にGWにハイキングできるところを紹介します。

140504_102926 当ブログでも何度かお話しています八ヶ岳山ろくの飯盛山(めしもりやま)です。この写真のように、まさに、八ヶ岳を望む展望台ですね。私は毎年登っています。いつも険しい北アルプスにいますので、その緊張感から開放されて、心が和むところです。

高原列車で有名なJR小海線清里駅から野辺山駅まで飯盛山を経由して歩きます。険しい山ではないので、ファミリーや登山初心者におすすめです。

東京都内から電車利用の場合

7:00 新宿発 スーパーあずさ1号松本行き
9:57 小淵沢 小諸行き
10:22 清里駅到着

清里駅から飯盛山経由で野辺山駅までハイキング
(所要:のんびりファミリーハイクで約5~6時間)

16:53 野辺山駅 小淵沢行き
17:41 小淵沢 スーパーあずさ28号新宿行き
19:35 新宿着

(野辺山駅16:53に乗り遅れても18:26があるので、急がずのんびり歩きしましょう)

そのハイキングの様子は以前に記事にしていますので以下をご覧ください。

前編:JR小海線「清里駅」~「飯盛山」。八ヶ岳展望の旅。 

後編: 「飯盛山」~JR小海線「野辺山駅」。八ヶ岳山麓、野辺山を歩く。

GWはすがすがしい五月晴れの元で、残雪の八ヶ岳を望みながら歩きましょう。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2015年4月 8日 (水)

「スマホやめますか、大学生やめますか」について。

娘に聞いた話なのですが、今、何気に信州大学が全国的に有名になっているらしい。
先日の信州大学の入学式の挨拶の冒頭で「スマホやめますか、信大生やめますか」と述べたことがツイートされて、話題になったという。

相変わらずセンセーショナルなお話をされる学長らしいですね。
それに親しみを覚える学生も少なくはない信州大学ですが、気になるので調べてみると、一部の報道機関は少し違うようなのです。

その挨拶を紹介しますと、地元の信濃毎日新聞では、

「スイッチを切って本を読もう。友達と話をしよう。自分で考えることを習慣づけよう。自分の持つ知識を総動員し、物事を根本から考え、全力で行動することが独創性豊かな信大生を育てる」・・

と、なっていて、その冒頭に「スマホやめますか、信大生やめますか。」が入っているわけですが、朝日新聞がその部分だけピックアップして、「学長が学生に迫った」と報道したものですから、それがヤフーニュースなどで転送され、話が大げさになったらしいのです。

全体を読めば「迫った」などとは思えない内容ですね。情報の断片を作り出し、情報の断片が独り歩きすることにおける恐ろしさがこういうところにも見え隠れしています。

小中学生のLINEの使い方も問題になってはいるこの頃、すぐに返信しなければ仲間はずれにされるとか、そのような心の貧しい考えの仲間なら仲間はずれにされていたほうがいいのではないかとも思う。子供の社会はそう簡単ではないというご意見もあるわけですが、大人になってもそういう使い方をしている人もいますね(笑)。

話題の信大の大学生に聞くと「そんなアホな使い方はしないよ。」という。なるほど「アホな使い方」という表現は面白い。画像をツイートして問題になったりする若者は「アホな使い方」をしているわけで、ほんの一部。若者が皆そうであるかのような印象を与える情報の断片にも気をつけたいものです。

さて、今朝(4/8)の白馬は雪。うっすらと積もっています。この春の雪を何度見ることやら。歳月という年輪の刻みを思うところであります。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2015年4月 6日 (月)

ゴールデンウィーク、5月の北アルプス 2015

【追記4/30】2015GW情報:4/19の週から急激に気温が高くなっていますので、GW期間中は融雪・雪崩にご注意ください。またGW後半は天候の崩れる恐れがあります。

白馬大雪渓はGWの頃は安定せず、雪崩で危なくて入れません。GWに雪崩事故が頻発していますので、計画ルートから外したほうがいいです。

140519_123138ゴールデンウィークに北アルプスでの遭難が後を絶ちませんので、注意喚起がてらに、昨年の白馬三山の写真を楽しんでいただきながらお話いたします。この写真は杓子岳付近から白馬鑓ヶ岳方面です。

140519_132032GWを過ぎた頃の杓子岳山頂から白馬岳です。山スキーやグリセードあるいは、それに準ずる滑走術(笑)ができる方、冬山登山をされる方はご存知と思いますので、読み飛ばしてください。
ズバリ、GWの北アルプスは雪山です。ピッケル、アイゼンは必要かというキーワードで検索される方もいますが、当然必要です。そのキーワードで検索されてGWに北アルプスを予定しておられるなら、おそらく初めての方と思いますので、経験者同伴で、ザイルとハーネスで安全を確保してもらったほうがよろしいです。

130524_103731ご覧のように、急斜面のところもあります。アイゼンとピッケルを用意していても、転倒したら数百メートルは止まりません。ピッケルを使った滑落防止の技術の習得も必要です。それでも、春の緩んだ雪は、ピッケルがかまなくて止まらない場合もございます。滑落中にクレバスや岩が出ているところにコースが重なってしまったらおしまいですので、ザイルとハーネスも必要装備です。
また、夏山以上に、ハムストリング筋とヒラメ筋を酷使しますので、しっかりとトレーニングしておく必要があります。それらを痛めて身動きが取れなくなってしまうこともあります。

140507_084802 双子尾根からの小雪崩の痕です。現在4月6日は里でも田畑に雪があるぐらいですので、2015年GWの北アルプス北部は雪が多く、雪崩に要注意です。 
また、これらの写真のように、晴れていればいいのですが、悪天候のときは行動しないほうがいいです。厳冬期同様に吹雪かれますので、視界不良になって迷ったり低体温での遭難が後を絶ちません。
危ないと思ったら引き返せばいいとかよく耳にしますが、雪山では、そう思ったときは手遅れの場合が多いです。どういう状態が危ないか自体がわからないわけですので、悪天候のときは行動しない、山に入らないを心がけてください。
このように晴れていればいいのですが、吹雪の雪山は危ないだけで視界もなく、つまらんですよ(笑)。白馬の温泉でGWを楽しんでいたほうがいいです。

140507_094543 また、積雪期のルートは夏ルートとは異なる場合が多いです。雪が多いときの雪渓は雪崩のリスクが高くなりますので、尾根を利用します。
例えば、杓子岳へのルートはこの写真のように双子尾根や杓子尾根を利用します。両尾根のジャンクションピーク付近から上部はナイフリッジになっていることもあり、その高度感にひけてしまうことがあるかもしれませんね。積雪期のアルプスでは、単独での行動は避け、ザイルでパートナーとアンザイレンしましょう。

白馬連山の場合、7月上旬~中旬までの登山道が整備されるまでは、雪山と考えてください。八方尾根~唐松岳も、7月中旬までは夏道ではありません。上部はナイフリッジになっていることもありますのでお気をつけください。今年は雪が多いです。

さ、今年も御安全でありますよう、お祈り申しあげます。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2015年4月 5日 (日)

こよみ|清明(せいめい)2015

合掌

今日は二十四節気のひとつ「清明(せいめい)」です。清明は「清浄明潔」の略で、清浄と明潔に分ければ、単にすがすがしい明るい季節だけではない、深い意味合いを持ちます。

いわゆる、季節の目の周りの風景だけではなく、精神的な意味合いにおいて、明るく、煩悩のない清らかなる心、穢れのない心と、とても縁起の良い日和であります。

本日は、この良き日に、立春から始まりました隆達祈願と三守護特別修法の総まとめの祈願を行いました。

さて、いよいよ山行の季節になります。積徳と心身の鍛錬にぜひお出かけください。

尊無上亜甲中玄    玄上

2015年4月 1日 (水)

今日から4月。新しい始まりです。

150331_100526
今日から4月。新しい始まりです。心新たに頑張るのですぞ。さて、白馬はやっと春の訪れですが、田畑はごらんのとおり、まだ雪で覆われています。これでは農作業の遅れも出てきそうです。雪害は春になっても残っています。
今日は雨ですが、写真は昨日の北アルプスの風景です。後ろの山々は、右から五竜岳、鹿島槍ヶ岳です。左のスキー場は白馬五竜、右端のスキー場は八方尾根です。どちらもGWまでやっております。

尊無上亜甲中玄

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »