至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 七夕|2015年7月7日は何時ごろが見やすいか。 | トップページ | 北海道拝顔巡業に出発しました »

2015年7月 9日 (木)

【辻説法】いじめ問題に行者もの申す

先日、岩手県で痛ましいいじめ事件がございましたが、それは止むことなく毎年のように耳にするこの頃です。

岩手県の事件では、担任の手落ちや、学校の手落ちにより、まさに、怒りと悲しみが世間にまきおこっています。連絡帳ではシグナルを送っているのに、平然とスルーする担任の返答に怒りを覚えた方が多いのではないでしょうか。

しかし、そのずさんな対応の裏には、担任だけを責めることのできない教育的観点および学校システム上の欠陥があると思います。それは、生徒さんが中一のときの担任と、中二のときの担任が、同じような対応をしていることを見ても、容易にお察しできると思います。

また、もし、責任を問うとしたら、いじめた生徒、スルーした担任、学校、教育委員会、市・・と思いを浮かべる方が多いと思いますが、それは法的にどうにかなったとしても、誰かに責任を取らせたにしても、それらは、トカゲの尻尾切りのようなもので、いじめ事件はなくなることはないでしょう。

ネットの世界ではいじめではなく暴行事件と呼ぶべきと言われていますが、まさに、その昔は、そうでした。私が、小中高の時代は、いじめはそんなにひどくはありませんでした。そら、カツアゲしている子もいましたが、それはいじめではなく、恐喝事件として補導されておりました。

いじめられる側の保護対策はこういう事件があるたびに言われていますので、深くは申しませんが、いじめるほうの心の問題はどうでしょう。自己中心的に心が育ってしまっている。その心は人に対する尊厳がない。

親御さんも、子供の前で、先生や他のお子さんの事を悪いことは言うまい。生きていくにおいて、すべてにそう。「人の悪いことを言わない良い人だったね。」と言われながらこの世を去っていくことのできる人になろうではないか。

担任に竹刀でどつかれたこともありますし、ビンタを食らったこともありますが、それはそれなりに、単に体罰やどうのということではなく、先生の威厳を尊重しておりました。これは、学校の先生だけではない。医療の世界においてもそうです。今や、先生の威厳を尊重しない、やたら「偉い人」の多い風潮も、今の時代を作ってしまっている要因のひとつのように思えるのです。威厳のある先生を生み出せない世になっているのではなかろうか。

それ、最近、ネット記事で「嫁と呼ぶのは差別か?」というのを見かけたわけですが、これまた、いじめ事件とまったく関係のないことではないと思うのです。「うちの嫁はん」「わいのカミサン」「おらっちのカアチャン」など、いろいろとございましょうが、なんだか、必要以上に過敏になり、世の中全体が心の病のようにヒステリックになってしまっている。

自己中心的な突風に巻き込まれ、前途開眼の顕現も失っている。この混沌なる世の中に何を求め、何を主眼とするか。それさえも見失っている。それ故に、怒りと悲しみの気は、世を暗雲で覆い、人を思いやる心、明るい心が育たない不毛の時となる。

この時代に光が灯りますように、深く祈るばかりであります。


尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 七夕|2015年7月7日は何時ごろが見やすいか。 | トップページ | 北海道拝顔巡業に出発しました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 七夕|2015年7月7日は何時ごろが見やすいか。 | トップページ | 北海道拝顔巡業に出発しました »