至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月31日 (月)

尊無上亜甲中玄|気すなわちエネルギー

7月6日に次元的ポテンシャルエネルギーのお話をしてずいぶん経ちますが、久しぶりに、その続きをお話しいたします。

-----

 「すなわち、真空より生まれたるもの陰陽合致し、創造の気となり、発展の気となり、変化の気となり、流転の気となる。大宇宙の法、統べからく陰陽合致し気となる。亜甲中玄は大真空力をもって大いなる宇宙を把握し、これらの気を興さしめ給もう。」

 

 何事も、陰である状態、陽である状態、これらが分離している状態は不安定なのです。現次元のエネルギーは、その不安定さにエネルギーが宿る、いわゆるポテンシャルエネルギーであります。高いところにあるものは落ちようとする、位置エネルギー、ポテンシャルエネルギーですね。

 

 さて、本日お話します「気」、すなわち、エネルギーですが、これらは、4つの基本的なエネルギーとなります。そのひとつが、創造です。創造は、何か材料を集めて作るということではなく、何もないところから生み出すということであります。創造は、私たちが普段目にする、創作ではありません。私たちができるほとんどは創作であり、創造するということは、まず不可能と申してもいいかもしれません。

 物質的に見れば、そうなるわけですが、実際には、ある瞬時に
おいて、私たちは創造のエネルギーによっても動かされています。これが、精神的エネルギーにおける部分であり、創作におけるインスピレーションと深く関わっているのです。

 

 発展、変化、流転、それぞれの気もしかり。私たちは、精神的エネルギーにおいて知らない間に、それらに培われているのです。これらの気は、常に、宇宙統べからくを結び付け、いたるところに存在します。私の周りにも、あなたの周りにも、そして、遠い空を隔てて、私とあなたとの間にも、もっと遠くの星との間にも、近い、遠いは関係ございません。

 

 だからこそ、御神符をお持ちになられている皆様には、不可思議なる神力と申しますように、それらの気をして、いつもご加護があるようにと、お祈りしているわけです。古くなりましたら入れ替えてくださいな。

 

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。 

 

2015年8月25日 (火)

「むしろごやの行者の運命鑑定」のサイト開設15年です

合掌

 今日8月25日で「むしろごやの行者の運命鑑定」のサイトが始めて15年になります。早いものですね。PCもウィンドウズ98、XPとつないでまいりましたが、先日からついにXPがダウン気味。そこで、新しいのを買ってまいりました。もうすぐ道場にもWi-fiが入り、ホームページもPCとスマホ対応にリニューアルを考えています。

 
 この15年の節目に、サイト全体のリニューアル、時間をかけて移行していくつもりです。脳みそも山足と同様に老化する暇はありませんな(笑)。これからもパワフルな行者の力を発信いたしますので、今後とも宜しくお願いします。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2015年8月22日 (土)

あすは「処暑」。アルプスでは秋の風が始まっています

明日は、二十四節気のひとつ「処暑」です。暑さも和らぎひと段落する頃であります。アルプスの山では秋の風が吹き始めました。

先日、心開綬感大玄行で白馬大雪渓へと出向いてまいりましたが、とても冷たい風が吹き降ろしていました。キーンと引き締まる冷気の中、山行です。幻想的でしたね。

150819_131336


尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2015年8月19日 (水)

特別力量増強祈願。力量増強スペシャル2015

Img_0410
北アルプス白馬連山からは黒部の谷越しに立山や剣岳が大きい。写真は白馬岳山頂(2932m)から望む剣岳(2999m)です。

人が寄り付けない険しい霊峰剣岳。その昔は、登れない山。弘法大師様が千足のわらじをついやしても登ることができなかったといわれるほどであります。立山があの世の極楽としたら、剣岳はあの世のあの世と言われるほどで、険しい岩と雪の斜面が人を拒んできました。

近年、鎖や岩に打ち付けられたボルトを足場に登ることができますが、それでもなお険しい剣岳です。それだけの霊峰であるからこそ、その頂に立つと、あふれんばかりの力を感ずることができます。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2015年8月 7日 (金)

如来神との語らい

昨日8月6日は私にとりまして特別な日であります。いつもこの時期になりますと、こうして生かされている徳の事を思うわけです。大切な思いの8時15分はもちろん、私の大師匠の命日でもあります。天高きこと一万尺にて特達法願の祈りを捧げ、今、日々を送ることのできる我々が存在していることに感謝の念を胸に抱く。

150803_093949
さて、昨日で夏の山行週間が修行いたしました。期間中、八ヶ岳の峰の松目に出向いてきました。写真は八ヶ岳夏沢の渓流です。標高が約2200mのところにあります。沢の流れ、その奥には陽に照らされた精気が光る。

150803_102626標高2400m付近。峰の松目の稜線へと続く踏み跡。林床に苔が生え、うっそうとした樹林には生命のエネルギーを感ずる。

150803_103048樹間から峰の松目が見える。高山にありながらうっそうとした原生林の頂。しかし、頭上はスコーンと天に抜けている。如来さまがおわすと言われているこの山は、登山者で人気の八ヶ岳にありながら、訪れる人も少なく、静寂に満ちている。

150803_104240峰の松目の直下の樹間からは、阿弥陀岳や赤岳の八ヶ岳核心部を望むことができる。ここを過ぎると、ルートはにわかに険しくなり、急な崖状のルートをひと登りして、峰の松目の頂となる。

何か不思議な感じのするこの山域。如来神との語らい。私が大切にしているところのひとつです。 

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2015年8月 2日 (日)

天高きこと一万尺です。

天高きこと一万尺です。
夏の山行週間、今日の天高きこと一万尺から北アルプス杓子岳をバックに残雪の写真をお送りします。
皆様のところは猛暑で大変と思いますが、気持ちだけでも涼しい気分になってくださいな。


尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »