至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月31日 (日)

蔵王山は雲の中です

蔵王山は雲の中です
今日は白馬を離れて、冬の蔵王山です。熊野岳は雲の中で、10mほどしか視界がありません。気温はマイナス10度ぐらいでしょうか、意外と暖かいです。
写真は坊平から登り詰めたところの登山口。入り口の案内板が半分ぐらい出ているので、積雪は1m50㎝ぐらいです。
さ、1月も今日でおしまい。明日から2月ですが、あっという間に過ぎます。時の流れは、己の都合には合わせてはくれない。何事も覚悟が大切ですぞ。

キーンと引き締まった東北の冬山から応援しております。

尊無上亜甲中玄

2016年1月29日 (金)

亜甲中玄|古い御神符を御焼納の感謝週間のお知らせ。

合掌

玄上です。

 新年の寒行が修行し、いよいよ2016年の本番となりました。

 2月11日より17日まで、常日頃お守りいただいている理力に感謝 を込めての感謝週間です。今年は北海道に出向いていますので戻りまし た16~17日に平成27年以前の安泰祈願御神符や古い御神符の御焼 納を行います。

※古い御神符は【2月10日までに】到着しますようお願いします。

 昨年までの、耀隆徳源、常福円満、商売繁栄、金運開成、身体健全、 交通安全、厄除けなどの安泰祈願御神符を、平成28年の安泰祈願御神 符と入れ替えに、お送りくだされば、感謝週間期間中に御焼納します。

 また、運命転化、力量増強、気力充方、細胞転化、良縁結綬、などの 開運お札も、そろそろ新しいのをとご希望の方はお申込みください。特 に、因転妙玄法は定期的な入れ替えをおすすめします。古い開運お札を 御焼納し、新しい運命に向けた秘法九字を御入魂します。

 新年、平成28年の隆盛安泰祈願は2月3日の節分まで受け付けてい ます。
お申込は→ http://genjoe.o.oo7.jp/anxx.html

 また、新しい開運お札をご希望の方は http://genjoe.o.oo7.jp/v0501.html よりお申込みのときに、新しい運命と入れ替え希望の旨をコメント欄に ご記入ください。

 春の隆達祈願や三守護特別修法(健徳増強、災難除け、厄気退散) http://genjoe.o.oo7.jp/un68.html の入れ替えは、啓蟄(3/5)、清明(4/4)以降の到着となりますが、入れ替 えにお送りくだされば、来年の感謝週間まで御神前奥のお納め箱に入れ て念願しております。

 目先のことにとらわれない強い心の力。この冬の寒行から得た力は、 メルマガでの毎日の運勢や鑑定においても、厳しい言葉になっているよ うにも思えます。それでも、皆様のこれからの事を真に念じてのことで あります。今年は暖冬と思いきや最強の寒波の幕開けですが、色々な現 象に惑わされない強い心の力が宿りますように、いつも遠い空の下から 応援していますぞ。

春の隆達祈願・三守護特別修法の受付中です。

尊無上亜甲中玄     玄上


毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2016年1月26日 (火)

放射冷却の朝(-17℃)の白馬岳連山です。

Dsc_0097
今朝は快晴。白馬岳から唐松岳のアルプスの稜線も青空の元、まぶしいです。放射冷却が強くて最低気温はマイナス17度まで冷え込みました。この写真を撮った午前10時になっても冷え込んでいて、マイナス7度ぐらいです。

Dsc_0098白馬の国道148号線の松川橋の下の川面の流れも凍っています。菅平高原ではマイナス26度ぐらいまで冷え込んだそうで、全国3位の低温になりました。

あと一週間余りで立春ですが、こよみの春とは裏腹に寒さが厳しいこの頃です。キーンと引き締まるアルプスよりお祈りしております。

春の隆達祈願・三守護特別修法の受付中です。

尊無上亜甲中玄     玄上


毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2016年1月25日 (月)

辻説法|尊無上亜甲中玄とは何ぞよ?

 「尊無上亜甲中玄」とは何ぞよ?今まで、疑問に思われていた方もいることでしょう。一言に申そうとしても、これという表現も見当たらず。今までの言葉、ありきたりの表現ではあらわしようの無い神秘です。

何が御神体かと問われても、像の無い、いわゆる、無限の宇宙そのものが御神体と申しましょう。そのご神体、人によりては、大日如来様かもしれません。また、人によりては阿弥陀如来様かもしれません。しかし、厳密には、過去の例を持ってきても表現しようが無いのです。

言葉では表現できない。しかし、心でとらえることはできます。亡き師(1993没)曰く、「心はエネルギーを受ける場」とよく申しておりましたが、まさに、今まででもそうです。今日まで私の話を聞いてくださっている中に、なんとなくではありますが、亜甲中玄を心でとらえることができるようになってこられた方もいましょう。

言葉とはすぐに意思を伝えるには非常に便利なのですが、その奥に潜む意図を理解するには一言では済まないときもあります。「あうんの仲」と申しますが、「あ」と述べただけで「ん」まで理解できる仲のことを申します。どうして、「あうんの仲」になれるのか?そこには心があるからなのです。

さて、では、私が師匠から聞いた「亜甲中玄」の登場のお話をしましょう。私の師匠は、修行の中で「何かある」と感じられた中において、末法思想、終末の概念、それは、法の効力が無くなるあるいは、意味を持たなくなる時の事を言うそうです。

昔の比喩や例えにおける法や教えが今の現代の時代に通用しなくなるというときにおいて、人心がはなはだ乱れ、人は物よりも心の何かを求め始めるということを述べていました。

その求める矛先が、見えずさらに混乱する。末法や終末という言葉にいたずらにおびえたり、不安がったり、また、その心を利用して、人を脅したりと、本当に、混乱の時代となっています。

霊にとりつかれているとか、水子の祟りとか、純粋無垢の仏様に失礼な言葉まで登場するしまつ。悪くなれば霊や水子の仕業(しわざ)ととらえてしまうというのは、まさに心の貧困の時代の象徴でもありましょう。例えば、水子さんの問題であるとしたなれば、水子さんの祟りではなく、己の業(ごう)の仕業であろうとも思います。

この混乱の時には、末法で、いわゆる新しい時代へと変化していく時ですから、新しい時代の法の解き方というものもあろうと師匠は感じられたわけです。そこで、幾度も荒行を行う中で、生死の境に達する荒行で、「亜甲中玄」の四文字を会得されました。

 「この法は俺が顕現したから、今ここにあるので無く、人類の始まる前より、歴然としておわした神秘の法である。」と、師匠はよく述べられていたものです。そのときに、ニュートンがりんごが落ちるのを見て万有引力が始まったので無く、その前からリンゴは落ちていたという例え話もよくされていたものです。

そして今、混迷の人心を救う救應の力をここに込めて述べ記す法話でございます。さてさて、長くなりそうなので、この続きはまたいずれ。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2016年1月23日 (土)

亜甲中玄|平成28年の心、隆達祈願・三守護特別修法

合掌

 新年の御神符の受付の締切の節分まで、あと十日ほどとなりました。まだの方や、追加でお申し込みの方は http://genjoe.o.oo7.jp/anxx.html よりお申込ください。

  さて、お待たせしました。今年の心が、年明けからの寒行の中で完成しましたので、お知らせします。

.Ryutatu_2016_2成28年隆達醒心祈願
「醒心」

http://genjoe.o.oo7.jp/un68.html

「醒心」、ズバリ、目のさめるような光り輝く心の力です。「醒」は、暗闇の中に明るい星々の光が現るる様を表しています。目覚めるという言葉がございますが、もっと奥深い目醒めるという語源になります。まさに、未来に向けての「心の力の覚醒」。めざめよ心!

春の隆達祈願では同時に「三守護玄力の特別修法」を行っています。三守護には「厄気退散」「災難除け」「健徳増強」がございます。

 まず、「厄気退散」。これは、多くの人と接する仕事の最中や通勤や通学での厄気の影響を受けないようにする特別秘法九字の御神符です。良い話を聞くことのない職業の方はもちろん、今や、厄気はテレビや新聞やネットなど様々なところからも入り込み、この世情に蔓延してしまっているように思います。今年一年、この厄気から護られますようにと「厄気退散」の修法をおすすめします。

 そして、平成28年安泰祈願でもご案内しております「災難除け」、健康の力を増強し、健康を護られる「健徳増強」、以上の三体を三守護玄力として、「醒心」の隆達祈願と合わせて、第一次お申し込み分は春の訪れの啓蟄(3/5)の良き日の神事において祈願します。

隆達醒心祈願と三守護特別修法は
 http://genjoe.o.oo7.jp/un68.html
にてご案内申し上げています。新年の御神符同様に、早期お申し込みの方は啓蟄まで御芳名を御神前にてお祭りして、より一層の力となりますよう祈念いたしますので、どうぞ御参賀くださいませ。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2016年1月18日 (月)

大雪警報です。やっと雪国らしくなりました。

Dsc_0089_1_3
今朝の白馬は大雪警報が出ています。積雪は20~30cmぐらい、やっと雪国らしい景色になりました。写真は除雪車が通過する信濃森上駅付近の夜明け前の様子です。庭の雪かきもひと段落して撮影しました。

こちらJR大糸線は平常通り運行しているようですが、関東方面首都圏では雪の影響で交通機関に影響が出ていると聞いています。低気圧が通過後に冬型となれば冷え込んで雪道が凍ったりすると危険ですので、怪我の無いようにくれぐれもご注意ください。

尊無上亜甲中玄     玄上


毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。




2016年1月17日 (日)

JR信濃森上駅の除雪車(ENR-1000)です

Dsc_0086_003
JR東日本が大糸線に配備している新型除雪車(ENR-1000)です。今夜から大雪の予報が出ているので準備をしていたのでしょうか、信濃森上駅に停まっていました。信濃森上駅には、これの格納庫があり、雪の前の日からは一晩中ゴーッと音を立てています。

Dsc_0087この冬は、1月17日現在、ご覧のように、里にはほとんど雪がありません。いつもなら雪の下になっている田んぼの土も見えている状態です。除雪車の出動もこの冬初めてではないかと思います。

里に雪がないが、山に雪があります。雪不足とニュースでは言っているものの、白馬村内のスキー場は、ほとんど滑走できる状態になっていますので、ウィンタースポーツにおこしになられるといいでしょう。

今はこんなに雪がありませんが、今夜から大雪のようですので、明日の朝は超早起きですね。久しぶりの雪かきになりそうです。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2016年1月 9日 (土)

今日から成人の日の連休。

Dsc_0083北海道から戻ってきました。私にとって、これで、新しい年が始まります。写真は、1月5日の朝、行きのフェリーから撮影したオロフレ山~ホロホロ山~樽前山方面です。苫小牧港が近づくと雪を抱いた胆振の山々が見え、北海道の大地が近づいたことを知らせるランドマークですね。

さて、戻ってきましたら、里の雪は行く前より融けて無くなっていました。昨年は、庭に大雪が積もって車も入れずに、真夜中まで除雪しておりましたが、今年は、まるで4月ごろの道場の庭であります。毎年の大自然の大きな変化を感じます。

さ、今日から成人の日の連休ですが、2016年も始まりましたぞ。

平成28年の隆盛安泰祈願を受け付けています。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2016年1月 4日 (月)

雪不足|白馬の信濃森上付近です。

Dsc_00812016年1月4日現在の信濃森上付近ですが、今年の冬は雪がほとんどありません。スキー場も標高の高いところでないと十分な雪がない状況です。この冬は里に雪がないという事は、生活する分には除雪の労力も少なくて助かります。まだ、1回も屋根の雪下ろしをしていません。恒例の、ハッピーニューイヤー雪かきも、10cmほどの雪を、ちょっと横に追いやっただけです。

150101_103730この写真は、昨年2015年の元旦の同じ場所です。全然違いますね。
今年は、どうしたのでしょうか。地面が見えて草が顔を出しているような状況であります。雪があったらあったで大変ですが、今年の山の残雪も少なくなると思うと、少し寂しいですね。
さてと、ただいまから北海道へと出発します。

新年の隆盛安泰祈願を受け付けています。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2016年1月 1日 (金)

平成28年、元旦のお喜びを申し上げます。

合掌

 亜甲中玄の陽光、此々に輝きを増し、平成二十八年の早春の慶を拝し、新年を迎えしこと、謝恩の意に儀し奉る。

 諸難災厄除、生成発展叶、内より外に送る災いはなく、火難等の災いを除かしめ、隆盛祈願の念、本年一年、お守り給わらんことを。

尊無上亜甲中玄

            平成二十八年 元旦    玄上


Nenga2016

いつも寒そうな山や険しい山の写真を年賀状にしていましたが、ただでさえ、厳しいご時世ですので、そのような、厳しい風景ではなく、今年は心和んでいただこうと思い、高山植物でございます。

初夏のころに白馬尻付近に咲く「サンカヨウ」の花です。透き通るような真っ白な花は、山行の苦しさを忘れさせてくれるような輝きを放っています。行者のお気に入りの一つであります。

さて、新しい年が発展となりますよう、平成28年の隆盛安泰祈願を受け付けています。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »