至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月24日 (木)

新しいホームページアドレスです

追記(2016/3/24):2016年4月より、むしろごやの行者の運命鑑定の新しいホームページアドレスは
http://genjoe.o.oo7.jp に変わります。

すでに、試験的に動いていますので、たびたび申し訳ございませんがブックマークやお気に入りの変更をお願いします。
http://genjoe ドット  おー ドット ダブルオーセブン ドット JP となります。

なお、http://homepage2.nifty.com/genjoe/ は2016年9月まで並行運用いたしますが、それを過ぎますと終了いたします。

2016年3月16日 (水)

辻説法|春眠暁を覚えず

 春の夜更かし寝不足は良くありません。雷鳥が冬の白から夏の茶色へと変化するように、私達の体も、知らぬうちに冬モードから夏モードへと変化していきますが、その時に意外や体力を使うものです。ですから、普段と同じようにしていると、体がだるい、めまいがする、しんどい・・そういう現象に見舞われてしまいます。

 

 春眠暁を覚えずという諺はだてにあるものではないと、私は思っています。単に、春は眠気に襲われるというのではなく、睡眠を体が欲しているのです。ですから、その自然のままに、眠い時は十分な睡眠をとるということが大切です。それなくしては「この頃、体調が変です。」と、いう事になってしまいます。

 夜更かしをする事の多い現代社会ですが、せっかく夜更かしして仕事をし
ても、その後、体調を崩して休まねばならないことになってしまえば、何のために夜更かししたのかわからなくなってしまうものです。さらに、精神的にも良くありません。その影響が顕著に出てくるのが五月になってからではなかろうかと思います。

 

 春に、冬の体から夏の体へと無理なく変化させるには、睡眠が大切です。それなくしては、不完全な変化になり、万病の元になってしまいます。春の眠い時は睡眠をとるように心がけてください。

尊無上亜甲中玄   玄上


毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2016年3月14日 (月)

辻説法|もうすぐ春のお彼岸。ふたたび雪化粧です。

Dsc_0107今朝の道場はマイナス2度。春のお彼岸ももうすぐですが、雪降りの朝です。5~10cmの積雪で、昨秋に落葉した楓がふたたび樹氷のような状態になりました。この冬は雪が少なくて、庭の除雪で盛り上げた雪も1mほどです。庭も雪が融けて地面が出てきました。

さて、春のお彼岸の入りまであと4日。今日のメルマガでもお話をしましたが、ブログにも載せておきます。
 

 「霊」という字を「徳」に変えてみましょう。そうすれば、ジメジメしたイメージの精神世界も明るくなります。それは、私の亡き師匠が申したことであります。「霊」というと、「たたり」だの、「地縛霊」、「幽霊」、「霊障」などなど、悪いことばかりですね。どうしても、古い昔から戒めや脅しの元に成り立っていた精神世界の構造でもあります。

 

 その「脅し」故に人の心はゆとりが生まれるどころか、逆に沈んでしまう。「霊」について述べる側にも問題がある。一般的にも霊感があるとか、霊能者であるとか申しますが、その多くは「あなたに~が憑いている」と人を脅かせたりもします。それによって人は恐怖におののき、当っていなくても、当っていると信じてしまう。

 

 大切なことは、聞く人にいかに「徳」を与えるかなのです。「霊障」にあらば、自分(霊能者)がその道のプロなんですから、あからさまにそれを指摘してしまって、聞く人を恐怖のがんじがらめにしてしまうことはないのです。人の心を恐れに導いてはならないと私は思います。

 

 積徳の念、それは霊というジメジメしたもので人を脅かすという時代から脱し、理力という心の力を与えるものであります。誰もが、恐れではなく、安堵の心でいたいものですね。心休まるお彼岸の日でありたいものです。ここに、不可思議なる理力と共にあり、皆様に徳力が宿りますようにと、いつも応援していますぞ。


尊無上亜甲中玄   玄上

 

 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。  

  雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2016年3月 7日 (月)

辻説法|霊が憑いている?

3月、今月は春のお彼岸がございます。そこで、霊についてお話を少し。

「霊とは何ぞよ?」と、問われてみれば、その答えに困ると思います。「亡くなった人の霊」などは答えになりませぬぞ。私たちは、日ごろ、わかっているようでわかっていない言葉を使っています。「あの人は霊感が強い」とか、さて、困ったものですな。

 

霊感の強い弱いをどうして判断できようか?それを判断するということは、その人以上に霊感というものを知っていなければならない。ただに、言葉の術に惑わされているだけのことも多いのではなかろうか? 私たちは知らずして、その「もっともらしい言葉」に興味を寄せてしまう。


「霊感の強い友達がいて、私の後ろに霊がついていると言われる。」とはよく聞くお話ですが、はたしてそんなに霊感が強いのだろうか?「霊がついている」と言う人は霊感が強いのか?そうではない。簡単にそういうことは言うのもではない。ただ単に軽いだけのご友人ですな。ことすれば、そのご友人は、お気の毒にも、とても因縁深い事をしているようにさえ思います。


「悪いことがおきるので、霊能者に見てもらったら、それは先祖が怒っているから、墓参りをしなさい」ということもよく聞くことです。しかし、悪いことが起こるのをご先祖様のせいにしてしまうのは、あまりよろしくはないのではなかろうか?。

ご先祖様はそんなに短気なのですかな?いや、おおらかだったかもしれないですぞ。まさに、「死人に口なし」で勝手に決めてもらっては、ご先祖様がお気の毒と思いますな。もし、あなたがご先祖様だったら、「私の子孫に、何てことを言うんだ!」と、その霊能者に怒りたくなると思います。

そんなにジメジメした霊ではなく、まさに、ご先祖様の徳をたたえようではありませんか。墓参りをしたら悪いことから逃れられるとか、お金が入るとか、仕事がうまくいくとか、そのような裏心ではなく。まさに、惑わない心、真摯な気持ちで、このお彼岸はお墓参りをしたいものです。

因縁浄化供養・尊世徳達法願受付中です。

尊無上亜甲中玄   玄上


毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2016年3月 3日 (木)

ホームページアドレス変更のお知らせ。

追記(2016/3/24):2016年4月より、むしろごやの行者の運命鑑定の新しいホームページアドレスはhttp://genjoe.o.oo7.jp に変わります。

なお、http://homepage2.nifty.com/genjoe/ は2016年9月に終了いたします。


合掌

 

 玄上です。2月15日をもって genjoe.com が終了いたしました。昨年5月にお知らせしていましたが、サーバーが不安定であるのとセキュリティが新しくなりましたので、それに伴い、現在、ニフティさんのサーバーをお借りしています。
こちら→ http://homepage2.nifty.com/genjoe/

 

 これも、9月までに新しいアドレスに変更する予定です。新しいアドレスができましたら改めてお知らせいたしますので、当面は、

http://homepage2.nifty.com/genjoe/ をご覧ください。

 

 現在 http://genjoe.com で始まるアドレスをブックマークあるいはお気に入りに登録されていてご覧になろうとしておられる方は、エラーが出てホームページを見ることができなくなっていますので、

http://homepage2.nifty.com/genjoe/ をご登録してください。

  

 なお、メールアドレスは従来通り genjoe@nifty.com です。

 

尊無上亜甲中玄     玄上

2016年3月 1日 (火)

2016年3月の始まりは大雪です。

爆弾低気圧が来ると毎度のことなので、「数年に一度の猛吹雪」という報道用語はちょっと大げさのような気もしますが、大げさに触れ込んで用心してもらわなければならないような吹雪になりました。

晩秋の雪の降り始めと、春になっての雪は、スリップ事故が日常茶飯事です。そのわけは簡単。日頃は雪の無い道になっているからです。案の定、今日の未明には、白馬から糸魚川に抜ける国道148号線の北小谷でH鋼材を積んだ大型トレーラーがひっくり返ってH鋼材が散乱し、数台が絡む事故になったそうな。

Dsc_0106早朝、日の出前、玄関の前には40~50cm積もっておりました。まず、玄関の前を雪はねで除雪した直後の写真です。いつも、まずは、玄関の前を掘り起こすところから庭の除雪作業が始まります。ところで、この時間は、まだ国道148号の糸魚川方面行きは事故のため通行止めだったようです。

今朝の気温はマイナス7度ぐらいで、写真ではお伝えできないのですが、ときおり視界が真っ白になるほど強い風で吹雪いていました。それにしても、低気圧の雪は湿りが強くてずっしりと重い。腕が筋肉痛になりそうです。

Dsc_01082時間ほどかけて人力で庭の除雪を終えたところ、降雪は小康状態になりましたが風が強く、気温もマイナス6度ぐらいで冷え込んでいます。さらに、こちらでは冷え込む予報が出ていて、ふたたび、マイナス10度以下になるそうです。

昨日は土も見え始めて、庭も地面が出ていたのですが、ふたたび雪に覆われました。3月になって、春の訪れと暦の上ではそうなのですが、まだまだ冬が続きますね。

雪国の皆様。もうしばらく頑張りましょう。それでも、春はもうすぐですぞ。

尊無上亜甲中玄     玄上


毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »