至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 辻説法|霊が憑いている? | トップページ | 辻説法|春眠暁を覚えず »

2016年3月14日 (月)

辻説法|もうすぐ春のお彼岸。ふたたび雪化粧です。

Dsc_0107今朝の道場はマイナス2度。春のお彼岸ももうすぐですが、雪降りの朝です。5~10cmの積雪で、昨秋に落葉した楓がふたたび樹氷のような状態になりました。この冬は雪が少なくて、庭の除雪で盛り上げた雪も1mほどです。庭も雪が融けて地面が出てきました。

さて、春のお彼岸の入りまであと4日。今日のメルマガでもお話をしましたが、ブログにも載せておきます。
 

 「霊」という字を「徳」に変えてみましょう。そうすれば、ジメジメしたイメージの精神世界も明るくなります。それは、私の亡き師匠が申したことであります。「霊」というと、「たたり」だの、「地縛霊」、「幽霊」、「霊障」などなど、悪いことばかりですね。どうしても、古い昔から戒めや脅しの元に成り立っていた精神世界の構造でもあります。

 

 その「脅し」故に人の心はゆとりが生まれるどころか、逆に沈んでしまう。「霊」について述べる側にも問題がある。一般的にも霊感があるとか、霊能者であるとか申しますが、その多くは「あなたに~が憑いている」と人を脅かせたりもします。それによって人は恐怖におののき、当っていなくても、当っていると信じてしまう。

 

 大切なことは、聞く人にいかに「徳」を与えるかなのです。「霊障」にあらば、自分(霊能者)がその道のプロなんですから、あからさまにそれを指摘してしまって、聞く人を恐怖のがんじがらめにしてしまうことはないのです。人の心を恐れに導いてはならないと私は思います。

 

 積徳の念、それは霊というジメジメしたもので人を脅かすという時代から脱し、理力という心の力を与えるものであります。誰もが、恐れではなく、安堵の心でいたいものですね。心休まるお彼岸の日でありたいものです。ここに、不可思議なる理力と共にあり、皆様に徳力が宿りますようにと、いつも応援していますぞ。


尊無上亜甲中玄   玄上

 

 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。  

  雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 辻説法|霊が憑いている? | トップページ | 辻説法|春眠暁を覚えず »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 辻説法|霊が憑いている? | トップページ | 辻説法|春眠暁を覚えず »