至心玄道公式サイト

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月31日 (月)

北アルプスの初冠雪2016が遅れています。

Dsc_0415_002
昨日10月30日、雲海に浮かぶ後立山連峰、標高2700mを越える、蓮華岳、針の木岳、鳴沢岳の稜線です。まさに「雲の上の人」になってきましたが、先日の雨も雲の下は雨でも天空は降水量が乏しく積雪になっていません。

※追記 2016/11/2:やっと初冠雪しました。写真を掲載しています。



Dsc_0423_002劔岳を中心に、3000mの立山連峰です。まだ積雪がありません。11月が来るというのにどうしたのでしょう。白馬岳にも積雪がありません。

例年ですと、10月の終りには完全に厳しい雪山になっている北アルプスなのですが、こういう事態は初めてですね。気候がおかしくなってきているのではないかと思われる現象です。


Dsc_0428_003それでも、稜線は真冬と変わらず、氷の世界です。降雪量が少ないだけです。木々には霧氷がついています。里から見上げれば雪がないからといって、秋山装備や都会の低山ハイクの冬装備で登ると危険です。

山小屋もすべて冬季閉鎖していますので、北アルプス登山はオフにしましょう。稜線は一日を通して氷点下。北西の風が吹けば、体感気温はマイナス20度を下回り、低体温症の危険が伴います。また、いつ冠雪してもおかしくない状態です。

このような状態のこの頃の天高き一万尺です。


平成29年隆盛安泰祈願の早期お申し込み受付中です。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2016年10月30日 (日)

北アルプス爺が岳~鹿島槍ヶ岳、氷の世界です。

Dsc_0426_002昨日の里は冷え込んでしぐれましたので、今日(2016/10/30)は初冠雪になっているのではないかと、鹿島槍ヶ岳方面を往復してきました。

しかし、アルプスの稜線は塩をまいた程度にしか雪はなく、ほとんど降雪がなかったようです。

今年の初冠雪はどうしたのでしょう?例年ですと今頃は雪山になっているのですが、ご覧の通りです。写真は冷池乗越から鹿島槍ヶ岳ですが、雪が来るのが20日近く遅いです。


Dsc_0422_002爺が岳中央峰をバックに、氷の造形です。

ハイマツなどの低木に氷がついていました。みごとなエビのシッポとなっています。雪は来ていませんが、気温は氷点下。今日は強い西風もあって、とても寒い天高き事一万尺でございました。




Dsc_0424_003鹿島槍ヶ岳への稜線には、トナカイのツノのような氷がびっしりとありました。

一面が氷の世界になっています。キーンと引き締まった天高き事一万尺の稜線にて神通清浄祈を唱えてきました。

平成29年隆盛安泰祈願の早期お申し込み受付中です。


尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2016年10月24日 (月)

東北方面拝顔巡業2016。修行いたしました。

東北方面拝顔巡業2016が修行いたしました。昨夜深夜に戻ってきました。御参賀いただきました皆様、ありがとうございます。雑談の中にも不可思議なる力を込めております。御拝顔いたしました皆様におかれましては、これからの山修行の時に思い浮かべてより一層に力がこもりますように祈念できます。

Dsc_0404

盛岡駅西口のマリオス20階展望室から、盛岡の街と岩手山です。私にとって盛岡は独特の雰囲気があり、とても落ち着いて素敵な街です。2010年の法話巡業から6年ぶりに訪れましたが、少しプチ観光をしました。


Dsc_0409仙台では伊達政宗公にもお会いしてきました。仙台城址(青葉城)にある伊達政宗公の騎乗像です。とても男前で優しいお顔です。人の上に立つふところの深いイメージです。

仙台では昨年にお会いしました方、道場におこしになられたことのある方もいて、和気あいあいのうちにあっという間に時間が過ぎてしまいました。

さて、東北方面拝顔巡業で、春に九州から始まりました今年2016年の拝顔巡業も完了しました。昨年、一昨年と、毎年のようにお会いしている方も多く、一年、そしてまた一年と、お会いするたびに力が増していて、身からにじみ出るオーラが強くなっているように感じます。毎年お会いできるという事は、まるで木の年輪のごとく、幹たる力となって良いですね。

今年お会いしました皆様におかれましては、また来年もお会いできますようスケジュールを組みたいと思いますのでよろしくお願いします。

夏から秋は、やはり山修行に集中いたしたいと思いますので、来年は4月後半から7月下旬にかけて濃縮して行う予定です。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2016年10月23日 (日)

今日は仙台拝顔巡業です

今日は仙台拝顔巡業です
今日は仙台拝顔巡業。宮城、福島からお越しの皆様よろしくお願いします。
会場は個別にメールでお知らせしていますが、一階にサンクスのあるビルです。

2016年10月22日 (土)

今日は盛岡拝顔巡業です。

今日は盛岡拝顔巡業です。
盛岡駅西口、バスターミナルから岩手山方面です。紅葉が里に降りてきています。
さて、今日は盛岡拝顔巡業、ご参賀の皆様よろしくお願いします。

2016年10月20日 (木)

亜甲中玄|八ヶ岳連峰、核心部特別大玄行です。

Dsc_0388

八ヶ岳連峰、阿弥陀岳(2805m)~赤岳(2899m)。平成28年10月18~20日の3日間、高度感満点の岩登りの特別大玄行に御参賀くださいました御入行者様お疲れ様でした。無事に成し遂げられました喜びはこの上なき力となる事でしょう。


Dsc_0384
天を突くような阿弥陀岳への岩峰の登りです。眼下は谷底。気を抜けない登りと下りに緊張感が抜けません。

阿弥陀岳山頂にて神通清浄祈と浄縁祈を唱え、さらに、八ヶ岳主峰の赤岳の鎖場も頑張っていただきました。


Dsc_0395赤岳からの下り、龍神様に似た雲が稜線を越えていく様子です。バックは横岳の日の岳です。

赤岳の山頂には赤嶽神社が祀られており神通清浄祈を唱えてまいりました。

稜線上の赤岳展望荘も写っています。2日目の宿泊地です。下りは本日、これまた足元の悪い急こう配の岩峰の地蔵尾根ルート。滑落に細心の注意を払いながら下りました。

全行程が一歩間違えれば滑落の背中合わせの岩峰で緊張の連続の山行でお疲れになったことと思います。この経験は何物にも代えがたい力となり、恐れや怒りをコントロールできる強き宝物となる事でしょう。不可思議なる神力のご加護と共にありますように。


尊無上亜甲中玄      玄上
 
毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2016年10月17日 (月)

小蓮華山から白馬三山、2016の雪の訪れです。

Img_1129

小蓮華山(2763m)から白馬三山です。白馬岳の長野県側は断崖で雪付きが悪く、まだご覧の通りです。今年の白馬岳は白馬大雪渓が荒れていて通行不可能なので、白馬大池から小蓮華山を乗り越すか、白馬鑓から縦走するしかありません。最速のルートが閉ざされてしまっているので、一苦労です。

Img_1092蓮華温泉から登る途中。朝日を浴びて光る初冠雪の小蓮華山です。小蓮華山は長野県と新潟県の県境に位置し、新潟県で一番高い山です。

蓮華温泉への林道も10月20日で冬季通行止めとなりますので、それ以降に白馬岳へは、栂池経由となります。それ以外は鑓温泉から白馬鑓経由で縦走しなければならず、鑓温泉小屋も天狗山荘も冬季閉鎖していますので、登山のシーズンを終えます。いよいよ日帰りピストンが難しくなる時期です。

Img_1124一昨日はいいお天気でイワヒバリが姿を現しました。ライチョウも見かけましたが、写真に撮ることができませんでした。
大自然に息づく動植物たちも、これから厳しい冬に突入ですね。

今年は、残雪が少なかったので早くから秋の高山植物が咲いてみたり、雪の訪れが遅くて季節が10日ほど遅れているような気がしたり、本格的な冠雪になるのは、まだ先のようです。


尊無上亜甲中玄      玄上
 
毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。


2016年10月15日 (土)

北アルプス白馬岳連山、初冠雪2016

Dsc_0370
10月12日に雲の間から北アルプス白馬岳連山の初冠雪が確認できました。今日、秋晴れに恵まれましたので写真を撮ってきました。写真は雷鳥坂から小蓮華山です。標高2500m以上に積雪があるものの、まだまだ薄いですね。本格的な積雪になるのは昨年より遅いかもしれません。
※追記 2016/10/31:氷点下が続いていますがまったく積雪はありません。初冠雪は出直しですね。いつもの年より2週間~1か月遅れています。今年はどうしたのでしょう。異常です。

※追記 2016/11/2:やっと初冠雪しました。写真を掲載しています。
 
Dsc_0375今年初めての真っ白な雪です。小蓮華山直下にて、朝日に輝いております。
Dsc_0380
小蓮華山の山頂から、白馬鑓、鹿島槍、槍ケ岳、「やりがたけ」の集合写真です。
 
初冠雪が来るといよいよ新しい年に向けての祈願が始まりますぞ。ますます気合がこもるこの頃です。
尊無上亜甲中玄      玄上
 
毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2016年10月 1日 (土)

紅葉が駆け下ってきました。

Dsc_0356
紅葉がアルプスの山を駆け下ってきました。写真は、八方アルペンライン、グラードクワッドリフトの乗り場付近の鎌池湿原です。紅葉は里へと下ってきています。八方アルペンラインで労せず登れますので、白馬に来られたら八方アルペンラインで登ってくださいな。
 
Dsc_0352八方アルペンラインのゴンドラリフトです。ぐんぐん標高を上げて、眼下に白馬の街を見おろすことができます。
兎平でアルペンクワッドリフトに乗り換えれば、鎌池湿原です。
さらに、グラードクワッドリフトで登ると八方池山荘に到着し、そこから約1時間足で登れば八方池です。
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 
毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

無料ブログはココログ