至心玄道公式サイト

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月28日 (火)

春の陽光、快晴の北アルプスです。

Dsc_0567_002a
 
春の陽光、快晴の北アルプスです。今日は2月最後の日。ご覧のように、雲一つない晴天に恵まれました。まさに「晴心」の状態でございます。
 
天狗原から白馬乗鞍温泉スキー場への尾根から南を見れば、唐松岳(右)が意外と大きく見えます。唐松岳から左下へと派生する八方尾根。八方尾根越しに、五竜岳(中央)。五竜岳から左下へと派生する遠見尾根。遠見尾根越しに、鹿島槍ヶ岳(左)。 昼過ぎなので逆光で、まるで春霞のようにかすんで見えます。
 
もうすぐ啓蟄。春の良き日の到来に感謝の念をして、お祈りしております。
 
 
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年2月26日 (日)

辻説法|一月行く、二月逃げる、三月去る。

合掌
 
久しぶりの辻説法です。
 
「一月行く、二月逃げる、三月去る。」、まさに、今の時期です。毎年の事ですが、1~3月というのはあっという間に過ぎ去ってしまいます。
 
まず、1月。年末年始があり、リズムに乗りにくく、上旬は機能しないことが多いものです。
 
2月は言わずと知れた、28日しかありません。いつもの月なら26日ですと、あと4~5日はあるのですが、今月はもうすぐ終わります。
 
そして3月。これは、2月の〆から数えると、3月の〆まで、いつもの月よりも2~3日は少ないわけで、2月の影響を受けているのが意外と盲点になります。
 
実は、この時期があっという間に去ってしまうのは、そういう理屈だけではなく、根本的に春の訪れという変化の時期にあたるのです。年度替わりであるのはもちろんなのですが、大自然の営みにおいても、変化の時なのです。
 
いわゆる1~3月というのは、本格的な一年の本編に向けての昨年からの変動の時期なのです。大切な時期ですね。ですから、隆達祈願や三守護特別修法で新しい年の本編に向けて力をつけようというものなのです。
 
一年の四分の一がすぎて、さあ、本番が始まりますぞ。しっかりと、心して邁進できますようお祈り申し上げます。
 
 
 
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年2月22日 (水)

北アルプスのレンズ雲です。

Dsc_0563_002a
 
昨日までの悪天候から一転、今日(2017/2/22)はいいお天気に恵まれましたが、今朝は放射冷却でマイナス14度まで気温が下がりました。写真は正午過ぎに発生したレンズ雲です。山岳スキーをする人には有名な天狗原から山の神経由ルートの終着点の白馬乗鞍温泉スキー場から撮りました。 稗田山の南を通ってスキー場に出ると安全地帯。ホッとするところですね。
 
左の顕著なレンズ雲は、上空の強風が白馬岳連山で干渉でできたものです。右端のは、劔・立山連峰に干渉してできたもので、実際の山の距離とはかなり離れたところにできます。 写真に写っている右下の山は、右から五龍岳と鹿島槍ヶ岳です。
 
知識の狭い人々の間ではニュースになったり、「地震が起こる」とか「何かの前兆か」などと、変な話題(笑)になったりもしますが、ごく普通の気象現象です。とはいえ、幻想的ですね。天気が下り坂の時によく見かけます。いつも、このように、白馬岳連山と劔・立山連峰のとがセットで現れます。私はこれを見るのは今年になって4度目で、時として彩雲状になる時もあります。
 
大自然が作り出す造形は、力強くもあったり、優しくもあったり、時として、幻想的でもあります。大いなる不可思議なる理力の一端を感ずるところです。
 
 
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年2月21日 (火)

大雪警報の朝です。

Dsc_0560_002
 
今朝(2017/2/21)の信濃森上駅付近です。昨夜から長野県北部や中部の広範囲に大雪警報が出ていて、朝から吹雪になっています。気温はマイナス5度ですが、厳しい季節風で体感気温はかなり低くなっています。吹雪の風は、この写真の後ろから前へと道路を駆け抜けていきます。 気温と吹雪は写真でお伝えできないのが残念ですね。
 
そのような中でも、除雪作業はぐしょぐしょに汗をかきます。里だからそのような無理がききますが、山でしたら低体温症になって遭難してしまいますね(笑)。警報は11時半に解除になりましたが、庭にできた除雪の山は、ますます高さと体積を増し、次に降ったら、どう積み上げようか・・困りますね。
 
昨日は昨日で、朝から除雪作業。そして、午後からは雨に変わり、積もった雪に水がしみて重たいのなんの・・筋トレでした。今はこのような状況ですが、この大雪も、これから春に向かってだんだん終息していくことでしょう。 キーンと引き締まる吹雪の中から、お祈り申し上げます。
 
 
春のお彼岸の因縁浄化供養・尊世特達法願の受付中です。どうぞ御参賀くださいませ。
 
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年2月19日 (日)

今日は雨水(うすい)。風雲舞う厳冬期の北アルプスです。

Dsc_0553_002
 
風雲舞う北アルプス白馬連峰です。今日(2/19)は強風のため、八方スキー場の黒菱に登るアルペンクワッドリフトは運休になっていました。八方尾根の稜線は日中でもマイナス10度前後、強風で雪が巻き上がって地吹雪で、体感気温はさらに低い状態です。
 
写真は八方尾根の黒菱から見る烏帽子沢を正面に天狗の頭方面です。左側に不帰のキレットがあるのですが、風雲の中にうっすらと見ることができます。
 
Dsc_0550_002八方尾根の稜線から小蓮華岳方面です。ときおり、白馬岳も顔を出してくれました。 今日(2/19)は二十四節気の一つ「雨水(うすい)」、暦の上では雪が雨に変わる春の始まりですが、稜線はまだまだ厳冬期であります。
 
 
Dsc_0552_002_2黒菱平から北尾根方面に下る途中から写した八方山です。地吹雪で舞い上がる雪と、風雲がまるで白龍神様の如き姿です。 心が引き締まりますね。
(写真をクリックすると大きくなります。)
 
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

 

2017年2月17日 (金)

亜甲中玄|春のお彼岸の受付が始まりました。

Dsc_0548_002お世話になった古い御神符の御焼納供養が完了し、 本日、感謝週間を無事に終えました。 感謝週間が終わりますと、春の到来ももうすぐです。
 
明後日(2/19)は二十四節気の一つ、「雨水(うすい)」。雪が雨に変わり、積もった雪が融け始める頃です。その暦の通り、今日の白馬は雨。御焼納の炎は雨にも負けず、お世話になりました御神符は天高く上がっていきました。
 
「雨水」の次は3月5日の「啓蟄(けいちつ)」です。虫が地面の中で春を感じて動き始めるときです。その次は、いよいよ「春分」、春のお彼岸ですね。あと一か月たらずで彼岸の入りを迎えます。 そこで、春のお彼岸の因縁浄化供養・尊世特達法願の受付を開始いたしました。どうぞ御参賀くださいませ。
 
冒頭の写真は、昨日の感謝週間の山行の帰りに撮った「青空と頚城山塊」です。いつもアルプスの写真ばかりですので、昨日は姫川を挟んで東の方を撮ってみました。
 
 
 
 
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年2月11日 (土)

亜甲中玄|感謝週間が始まりました。

Dsc_0541_002
感謝週間が始まりました。期間中はお世話になった古い御神符に感謝の念を込めて御焼納いたします。また、24年前に亡くした大師匠に感謝の心を込めて、師匠が亜甲中玄を顕現する以前から荒行をした行場を訪れてきました。
 
写真は、今から50年近く前に大師匠が荒行をした滝です。私も22年ぶりに訪れました。普段はあまり雪が降らないところなのですが、寒波の影響で、雪景色になりました。先週の蔵王といい、いつも雪にまみれてしまって厳しいです。なかなか楽をさせてもらえませんね。
 
今では、この渓谷も観光化されて、とても修行できる状態ではありません。 観光化されているとはいえ、以前の行場ですので、渓谷や滝の名前は秘密です。でも、森の中をかき分けて入っていくと、古いお堂が残されていて、まだ以前の面影を思い知ることができます。
 
今でも、この地の神様が道場に来てくれることがありますので、それについても感謝の念を込めて神通清浄祈と浄縁祈を唱えて祈念してきました。
 
 
 
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

 

2017年2月 5日 (日)

立春の蔵王は吹雪です。

Dsc_0538_002
 
昨日(2017/2/4)は立春。春の始まりでありましたが、蔵王山頂は吹雪きで視界が20~30mほど、一面が真っ白でした。写真は蔵王の山頂付近の樹氷です。
 
唱える尊題や神通清浄祈が吹雪の風と共に真っ白な世界に吸い込まれていく幻想的な山頂。まつげが凍るし、じっとしていると私自身まで樹氷になってしまいそうな厳しい環境です。
 
Dsc_0537_002_3 山頂より標高の低いところは、まだ樹氷に成長していない木々が雪を蓄えてこのように乱立しています。 まさに、キーンと引き締まる厳冬期の山中から、隆達晴心祈願の念をしてお祈り申し上げます。
 
 
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年2月 3日 (金)

今日は節分|鬼たいじに出発するキジ?

Kiji170203今日は節分です。蔵王に出発の準備をしていると、めずらしく庭にキジがやってきました。今から鬼たいじに行くそうです・・と、いうことではないかもしれませんが、 見送りに来てくれました・・というわけでもありませんね(笑)。
何はともあれ、縁起のよろしいことですな。
 
 
 
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年2月 2日 (木)

もうすぐ立春。陽光の縁起良き日和です。

Dsc_0531_002明日は節分。寿司を食べて豆をまく日でございます。そして、翌日は二十四節気の一つ「立春」です。暦の上では春の始まり、ですが、今日は寒波の到来で雪が降っています。よく冷えていて、最高気温が-5度より上がりそうにありません。 写真は除雪作業が終わった信濃森上付近の様子です。道路は圧雪です。
 
1月の寒気と比べれば、なんとなくではありますが春が近づいている気配を肌で感じますね。少し日も長くなり、厳冬期ではありますが、なにやら陽光の良い縁起を感じるこの頃です。
 
 
Dsc_0532_002_2 信濃森上駅構内です。ホームの乗降口の部分は熱線が入っていますので雪が融けています。線路はご覧の通り雪まみれですが、正常運転しております。
 
昨日は、東京から対面鑑定に来られましたが、午前中は良いお天気で良かったですね。夕方から降り始めた雪で、今朝は除雪作業の始まりでした。とても、いいお天気まわりにおこしになられたと思います。
 
私は、明日から蔵王山系に出向いてきます。北アルプスと比べると穏やかな山系ですが、緯度がこちらより高いので、厳冬期は厳しい寒さですね。キーンと引き締まる山中から、春の訪れの縁起にかけて祈念申し上げます。
 
 
 
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »