至心玄道公式サイト

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月25日 (土)

岩岳の山頂から北アルプスの山々です。

Img_1281
 
白馬では里でもまだ雪の降る日が続いています。この頃は毎朝、車の屋根に雪が積もっていましたが、春分の日以来の快晴の北アルプスです。岩岳の山頂から、右に不帰の劔、唐松岳。八方尾根越しに五竜岳の展望です。
 
春分の日が過ぎれば、「清明(せいめい)」がすぐそこです。清浄明潔の節目。草木の芽が出てにぎわい始める頃ですね。山々は、まだ雪に閉ざされていますが、里は雪解けとともに地面から芽生えの声が聞こえてまいります。
 
さ、活発に頑張るのですぞ。
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年3月20日 (月)

今日は春分の日。北アルプスは快晴。八方尾根です。

Dsc_0582_002
 
今日は春分の日。北アルプスは快晴に恵まれました。春とはいえ、気温は氷点下。雪は凍って硬い状態です。とても締まっていて、アイゼンが必要です。滑落すると止まりません(汗)。写真は八方尾根の標高2000mの稜線から、天狗の頭~白馬三山~小蓮華山です。
 
天高き事一万尺にて、神通清浄祈と尊世徳達法願の肝要文を唱え、祈念してまいりました。
 
今日は春分の日の3連休の最終日。アルペンラインのゴンドラで登ると、ゴンドラステーションがスキーヤーで混雑しているので、まだスキーヤーの来ないうちにひっそりと咲花からリフトを5本乗り継いで、こんな感じで山行のスタート地点の八方池山荘まで登りました。主に、八方尾根スキー場の宣伝(笑)を兼ねまして、写真を載せておきます。
 
Dsc_0574_002午前7時30分。八方尾根スキー場の咲花(さっか)ゲレンデから、北尾根リフトで北尾根に登ります。咲花は緩斜面のゲレンデで、急斜面ばかりで上級者志向の八方尾根スキー場にあって、唯一の初心者やファミリー向けです。
 
 
Dsc_0575_002北尾根から林道を少し滑り降りて、スカイラインペアリフトに乗り継いで黒菱に登ります。一気に標高を稼げるところですね。ここから上は強風の時はリフトが止まります。
 
 
Dsc_0576_002
黒菱クワッドリフトに乗り継いで、黒菱第3リフトの乗り場へとこの写真の右の斜面を滑って下ります。 この時期の朝一番の雪面は凍っていて滑るのも軽快です。
 
 
 
Dsc_0577_002黒菱第3リフトに乗り継いでグラードクワッドへと向かいます。
 
夏山や秋山は黒菱第3リフトの乗り場まで林道をつかって自動車で登れますが、冬はこのようになっています。
 
左の斜面は日本のスキー場で5本の指に入る難コースの黒菱のコブ斜面です。八方尾根スキー場は全体的に難易度が高いので有名らしいです。
 
 
Dsc_0578_002鎌池平原からグラードクワッドに乗り継いで八方池山荘に登ります。左に五竜岳が写っていますが、このあたりから風景が高山の様相となってきます。
 
 
 
Dsc_0581_002積雪期の八方池山荘です。右の建物はグラードクワッドの降り場です。ここが八方尾根スキー場の最高地点です。山荘前にスキーの板を置いて、いざ、八方尾根の稜線へ登っていきます。
 
 
 
Dsc_0579_002_3
さて、ここからが、いよいよ山行。唐松岳へと続く八方尾根上部の稜線から南を見れば、尾根の急斜面越しに鹿島槍ヶ岳の北面です。雪面は凍って締まっているので緊張するところです。
 
 
 
 
Img_1274
帰りは八方池山荘で再びスキーを履いて里に下ります。八方尾根スキー場名物の兎平の急斜面を滑ってみました。八方池山荘から里までの標高差1000mあまりを一気に滑り下るとやっぱりハードですね。朝は締まっていた斜面もゆるんでボコボコになってきています。やっぱり春です。下にゴンドラステーションが見えますが、混んでいますね。
 
眼下の白馬の里はご覧のように春霞です。今日の里は花粉が多かったみたいで、花粉症の人は大変ですね。でも、アルプスの高いところは花粉がありません。
 
春分の日は春のお彼岸の中日です。お聖徳様に特達法願の念を込めてお祈り申し上げます。
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年3月16日 (木)

辻説法|体が資本

 野球やサッカー、大相撲が始まりましたが、「体が資本」という言葉がございますように、それらをしている人達は直接的に体が資本であるというのがわかりますね。でも、体が資本と言われるのは、そういう人達だけではありません。このブログをご覧の皆様、この世の皆様すべてがそうなのです。

 

 あるスポーツをしている高齢者の方は「歳だからできない。」のではなく、「歳だからする。」というし、別の方は「明日で寿命が終わるという前の日までトレーニングをするよ。」という。私も、それをすすめています。できることから体を動かす事を始めましょう。「時間がない。」と申される方もいますが、それはないのは時間ではなく、「覚悟がない。」のです。

 

 例えば、スクワットするには、ものの5分もかからない。重いバーベルを持たずとも、カラ荷でやればいい。運動不足の人だったら、それで良し。椅子から立って、椅子の横に出て、両手をバーベルを担いでいる格好で上に上げて、おへそを天に向けるようなイメージで背筋を伸ばす。ゆっくりと「1・2・3・4」と足を曲げながら沈み込んで、「5・6・7・8」と足を延ばしていく。

 

1回8秒。10回で80秒。こんな時間ぐらいありますね。これを1日のうちに3~5回。お仕事のちょっと気分転換にいかがですかな。腹筋も自然と使いますので、出ているおなかもへこみますぞ()。他にも、プチ運動を考えてやってみてくださいな。

 

 歳をとるから体が動かなくなるのではなく、体を動かさないから歳をとるのです。いつまでも体は資本ですぞ。

尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

 

2017年3月13日 (月)

天高き事一万尺、空にそびえる天通剣

Img_1223
 
唐松岳です。右半分が不帰の劔。アルプスの春はまだ雪に覆われています。まさに「天高き事一万尺、空にそびえる天通剣」。今年は、これを道場におこしになられたり巡業でお会いになる皆様にお渡しする記念タオルに書いています。
 
南アルプス甲斐駒ケ岳摩利支天や北アルプス小蓮華山の山頂には鉄剣が祀られていますが、まさに、この山々自体が天通剣であります。
 
さて、一昨日は特別な日。もう6年ですね。特達法願の深いお祈りと共に、山行では日々「大守護聖源流光」の祈念をしています。
 
Img_1246昨日は、天狗原から通じる尾根から、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳です。「日本海の見える鹿島」、ここから見る鹿島槍ヶ岳は北面になり、日本海を見ているわけです。春まだ深い雪の上で神通清浄祈を唱え降りてまいりました。
 
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

 

2017年3月 9日 (木)

雪の花が咲く、信濃森上駅前の老桜です。

Dsc_0570_002
 
今朝のJR大糸線、信濃森上駅前の老桜です。枝に雪が積もって、まるで桜の八分咲きのようになりました。
 
Dsc_0571_002今朝の信濃森上駅付近の様子です。 3月になって真冬のような大雪はなくなりましたが、白馬では3日間雪の日が続いています。里道場の前の道は凍結しています。
 
 
Dsc_0569_002庭に積み上げた除雪の雪の山は、ほとんどそのまま残っていて、昨日と今日の朝も除雪作業で積み上げました。春が近づくと、積もる量も少なくて除雪も真冬のような時間はかかりません。
 
昨日は一日中氷点下でしたが、そういう日もなくなってきますね。さ、雪解けと共に2017年の陽光が降りそそぎます。
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年3月 7日 (火)

啓蟄が過ぎると冬が戻ってきました。

Dsc_0568_002啓蟄が過ぎると冬が戻ってきて、山から戻る途中、吹雪に見舞われました。 山の上は視界がなく、北風の当たる左の頬が凍傷になりそうな冷たさの今日の北アルプスです。
 
写真は、白馬乗鞍温泉スキー場の上の尾根から、眼下に広がる栂池高原スキー場の鐘の鳴丘(カネナル)と親の原ゲレンデです。手前のカラマツの半分下はまだ雪に埋もれていて、積雪の深さをお分かりいただけるかと思います。
 
よく見ると不思議な写真ですね。左上から斜め右に向かって何かが写っていますが、その方向が白馬、里道場です。
 
今日で啓蟄の祈願が修行いたしました。
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年3月 6日 (月)

啓蟄の日の天高き事一万尺の北アルプス。

170305_132621_a002
 
昨日は二十四節気の一つ「啓蟄」。里は春めいてまいりましたが、アルプスは氷点下の日々であります。
 
写真は啓蟄の日の天高き事一万尺の北アルプス。八方尾根上部から南を見ると、遠見尾根の向こうに双耳峰の鹿島槍ヶ岳、そして五竜岳がダイナミックです。
 
170305_132113_002八方池山荘前から見る白馬三山です。啓蟄、冬ごもりしていた虫が土の中で動き始める時期ということで、下界は春の訪れですが、アルプスはご覧の通り深い雪に覆われています。
 
それでも、 日の長さ、雪質、霞、いろいろなところに春を感じることができます。標高2000mとなると、雪質も真冬と同じですが、里に下るにつれて残雪に水が浮いてきます。
 
170305_112806_002
山行の帰りは、八方池山荘前でスキーを履いて八方尾根スキー場を一気に滑り降ります。 写真は黒菱から見る白馬三山です。かかっているリフトは夏山のときに黒菱ラインで使う黒菱第三リフトです。夏や秋の大玄行で私と一緒に登られた方もいますね。今年も心身の鍛錬と力を付けに登りましょう。
 
大いなるアルプスから応援しておりますぞ。
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »