至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 辻説法|体が資本 | トップページ | 岩岳の山頂から北アルプスの山々です。 »

2017年3月20日 (月)

今日は春分の日。北アルプスは快晴。八方尾根です。

Dsc_0582_002
 
今日は春分の日。北アルプスは快晴に恵まれました。春とはいえ、気温は氷点下。雪は凍って硬い状態です。とても締まっていて、アイゼンが必要です。滑落すると止まりません(汗)。写真は八方尾根の標高2000mの稜線から、天狗の頭~白馬三山~小蓮華山です。
 
天高き事一万尺にて、神通清浄祈と尊世徳達法願の肝要文を唱え、祈念してまいりました。
 
今日は春分の日の3連休の最終日。アルペンラインのゴンドラで登ると、ゴンドラステーションがスキーヤーで混雑しているので、まだスキーヤーの来ないうちにひっそりと咲花からリフトを5本乗り継いで、こんな感じで山行のスタート地点の八方池山荘まで登りました。主に、八方尾根スキー場の宣伝(笑)を兼ねまして、写真を載せておきます。
 
Dsc_0574_002午前7時30分。八方尾根スキー場の咲花(さっか)ゲレンデから、北尾根リフトで北尾根に登ります。咲花は緩斜面のゲレンデで、急斜面ばかりで上級者志向の八方尾根スキー場にあって、唯一の初心者やファミリー向けです。
 
 
Dsc_0575_002北尾根から林道を少し滑り降りて、スカイラインペアリフトに乗り継いで黒菱に登ります。一気に標高を稼げるところですね。ここから上は強風の時はリフトが止まります。
 
 
Dsc_0576_002
黒菱クワッドリフトに乗り継いで、黒菱第3リフトの乗り場へとこの写真の右の斜面を滑って下ります。 この時期の朝一番の雪面は凍っていて滑るのも軽快です。
 
 
 
Dsc_0577_002黒菱第3リフトに乗り継いでグラードクワッドへと向かいます。
 
夏山や秋山は黒菱第3リフトの乗り場まで林道をつかって自動車で登れますが、冬はこのようになっています。
 
左の斜面は日本のスキー場で5本の指に入る難コースの黒菱のコブ斜面です。八方尾根スキー場は全体的に難易度が高いので有名らしいです。
 
 
Dsc_0578_002鎌池平原からグラードクワッドに乗り継いで八方池山荘に登ります。左に五竜岳が写っていますが、このあたりから風景が高山の様相となってきます。
 
 
 
Dsc_0581_002積雪期の八方池山荘です。右の建物はグラードクワッドの降り場です。ここが八方尾根スキー場の最高地点です。山荘前にスキーの板を置いて、いざ、八方尾根の稜線へ登っていきます。
 
 
 
Dsc_0579_002_3
さて、ここからが、いよいよ山行。唐松岳へと続く八方尾根上部の稜線から南を見れば、尾根の急斜面越しに鹿島槍ヶ岳の北面です。雪面は凍って締まっているので緊張するところです。
 
 
 
 
Img_1274
帰りは八方池山荘で再びスキーを履いて里に下ります。八方尾根スキー場名物の兎平の急斜面を滑ってみました。八方池山荘から里までの標高差1000mあまりを一気に滑り下るとやっぱりハードですね。朝は締まっていた斜面もゆるんでボコボコになってきています。やっぱり春です。下にゴンドラステーションが見えますが、混んでいますね。
 
眼下の白馬の里はご覧のように春霞です。今日の里は花粉が多かったみたいで、花粉症の人は大変ですね。でも、アルプスの高いところは花粉がありません。
 
春分の日は春のお彼岸の中日です。お聖徳様に特達法願の念を込めてお祈り申し上げます。
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 辻説法|体が資本 | トップページ | 岩岳の山頂から北アルプスの山々です。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 辻説法|体が資本 | トップページ | 岩岳の山頂から北アルプスの山々です。 »