至心玄道公式サイト

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月30日 (日)

GWの頃の白馬大雪渓について

Dsc_0620_002今日は、遭難防止の喚起です。
 
ゴールデンウィークの頃の白馬大雪渓は雪崩や落石の危険がありますので、踏み入れないほうが賢明です。私はこの時期には相当条件が良くない限りは入りません。そうすると、5月中旬以降になってしまいます。
 
この写真は4/28日に猿倉台地から双子尾根~杓子岳を撮ったのものですが、ジャンクションピーク直下に雪崩の跡があります。双子尾根に行くには、ここからルートを左寄りに変えます。知らずにまっすぐ進んでしまうと、雪崩危険地帯に入っていきます。同様に、白馬大雪渓もGWの時期は雪崩危険地帯となっています。
 
GWは毎年のように雪崩事故が起きています。ヤマレコでGWの頃の白馬大雪渓の入山記事を見かけますが、たまたま条件がよかった時と思われるのもあります。けして、それを信じて安易に入山しないようにしたほうが良いですね。
 
4/28日は先日の雪(里は雨)で積雪があり、大雪渓の葱平で表層雪崩がおこって、一名の方が埋まってしまい4/30現在行方不明の状況です。昨日も悪天候で、今日は4/28のほかにも複数の雪崩の跡が発生していて、今日も捜索を打ち切っています。救助隊員も入れないような時期ですから、知らぬが仏での入山はしないほうが賢明です。
 
さ、今年も御安全でありますよう、お祈り申しあげます。
 

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年4月29日 (土)

快晴の北アルプスで心開綬感大玄行

Dsc_0621_002
 
昨日(2017/4/28)は猿倉台地から小日向コルで関西からおこしになられた方と雪上大玄行でした。バックの山は山頂に天通剣が祀られている小蓮華山です。神通清浄祈を唱え、霊験新たに心身の鍛錬と共に、大いなる力となりますよう祈念しました。
 
Dsc_0622_002小日向コルへ登る斜面から、右に白馬岳、左に杓子岳です。 いいお天気に恵まれて、最高の大玄行ができました。
先日は雨で北アルプスの高いところは雪。新雪が積もった上に、昨日は気温が上がって雪崩の危険が大きい日で、白馬大雪渓の葱平付近で雪崩遭難事故がありました。それについては後日お話しいたします。
 
昨日のルートも、誤ると雪崩危険地帯へと誘い込まれてしまいます。猿倉台地からまっすぐに双子尾根と向かった先が雪崩危険地帯となりますので、ルートを熟知した経験者同伴が望ましいです。
 
尊無上亜甲中玄      玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

 
 

2017年4月15日 (土)

4月の雪の北アルプスの近況です。

Dsc_0611_002
 
昨日(4/14)の八方尾根上部から白馬三山です。 気温が上がってきました。こんなに雪がありますが、これからどんどんと雪解けが進みます。神通清浄祈の経文を唱えて祈念してきました。
 
Dsc_0610_002八方尾根の兎平まで下ってくると、木々の芽生えの音が聞こえてきます。鹿島槍ヶ岳方面です。



 
Dsc_0613_002八方尾根兎平から下るゴンドラから。白馬の里を見おろした写真です。里はすっかり雪融けとなりました。

このゴンドラは夏には八方尾根アルペンラインで、兎平からアルペンクワッドリフトとグラードクワッドリフトを乗り継いで八方池山荘まで上がることができます。昨日は強風のため、ゴンドラ兎平から上部のリフトが運休していました。春になると独特の強風が吹きますのでよく運休します。登るには「自分の足」です。
 
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年4月10日 (月)

広島の桜です。

Dsc_0607_002
 
広島の安芸区を見下ろす高台にある岩瀧神社の桜です。昨日深夜に帰ってきましたが、白馬の今朝の気温はマイナス2度。気温の差に体がびっくりしております。白馬では桜はまだまだつぼみも出ていませんが、世間ではお花見であるというのがよくわかりました(笑)。
 
広島に急用があり、先日の金曜日から出発して急きょ往復してきました。春というのに雪の写真ばかりでしたので、桜を載せておきます。ちなみに、白馬の桜はGWの前から咲き始めます。こちらが満開になる頃は九州方面拝顔巡業ですね。
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年4月 5日 (水)

昨日は清明。清浄明潔の陽光と風雲。

Dsc_0599_003a

春の陽光と風雲。雪玉を作って投げたら雲に届きそうな、天高き事一万尺。昨日は二十四節気の一つ「清明」。まさに、清浄明潔にふさわしい晴天となりました。

里は春がすみで、空もモヤっとしていましたが、アルプスの高いところは、まぶしい陽光と、澄み切った青空を白竜が雲の中に隠れ現れつつ何体も飛ぶの如きすがすがしい 風景であります。

「天高き事一万尺、空にそびえる天通剣」。清明の祈願です。

尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年4月 3日 (月)

蔵王山の樹氷原です。4月、氷からの目覚め。

Img_1298
 
蔵王山、地蔵山付近の樹氷原です。世間は桜でお花見というのに、いまだに雪の写真で申し訳ございません。山の上は、まだ冬の景色。いまだに白いモンスターが乱立する樹氷の森であります。でも、樹氷も解除を始めているようで、もう少し標高の低いところでは、次の写真のように、氷の間から木々の枝が顔を出しています。蔵王山の厳しい冬も終わり、春の声が聞こえ始めています。
 
 
Img_1326_2昨日(2017/4/1)は、蔵王山系にて大守護聖源流光の祈願をしてまいりました。1月や2月の厳冬期にはいつも吹雪に遭ってしまう蔵王様でありますが、昨日は視界が広がり、途中から熊野岳をバックに樹氷原を撮ることができました。このあたりの樹氷は解除を始めています。これから急速に、氷の中から木々が目覚めてきます。
 
山頂付近は日中でもマイナス5度ぐらいです。キーンと引き締まる東北の山々で神通清浄祈と浄縁祈を唱えて祈念してまいりました。明日は「清明(せいめい)」、明日からは北アルプスです。
 
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

 

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »